便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


5月21日(月曜) 夜

 週末のようすです。

東山にある豊国廟(豊臣秀吉の墓)まで、自宅から歩いて行ってきました。
    
イタリアン「イル・パッパラルド」にて腹ごしらえ。イカ墨リゾットのランチコース(3,100円)+グラスワイン(900円)×2杯。
 
京都女子大の近くにある新日吉神宮。「しん・ひよしじんぐう」ではなく「いま・ひえじんぐう」と読むんですねえ。京都に住んでるけど知らなかった。
     
約480段ある豊国廟の大階段。階段は昇ると上がるので好きです。
 
喫茶「東山パイン」にてビールを飲みました。
 
ほろ酔いになると撮ってしまうFUZEI写真。
 
夕食はSABAR京都烏丸店にて。サバ専門店だけあって、とろさば、よっぱらいサバ(酒粕をエサに養殖)等、どれも美味しい!!

−−−

 夕食。

 小松菜とお揚げのお汁、春菊のおかかポン酢和え、生野菜サラダ、鶏肝煮、明太子、かつお生節と高野豆腐の煮付け、大根菜のごま和え、キムチ冷奴、ひじき煮、太切り干し大根煮、ねっちょり新じゃが、豚の角煮。

 

5月18日(金曜) 夜

 現在の積ん読。こうして見てみると、なんだかよく似たジャンルの本ばかり。

 電車で通勤していた頃は、車中で読む時間が往復で毎日30分くらいあったので、それなりにコンスタントに読んでいたんですが、自転車で通勤するようになって、ただでさえ少ない読書量がさらに減ってしまいました。

 家で本を読む、という習慣を何年かぶりに復活させていこう。

−−−

 夕食。

 太切り干し大根煮、 ブロッコリーとトマトとクルミのサラダ、かぶらキムチ、豚スペアリブの赤ワイン煮、鶏肝煮、ねっちょり新じゃが、ほうれん草とお揚げの玉子とじ、ぶりの子の煮付け、いわしの一夜干し。

 

5月17日(木曜) 夜

 いつも使っている帽子をかぶって出勤したところ、先輩から言われたのでした。

 「名倉くん、その帽子におうてるね」

 わっ! 汗をかいたまま何ヶ月もかぶっているから、汗の臭いが漂っているのか!? 

 あわてて帽子を脱いで「くさくてスミマセン!!」と謝りつつ、さりげなく帽子を嗅ごうと再び顔に近づけようとしたところ先輩、

 「違うちがう! その帽子よく似合ってるねって言ったんだよ」

 自分のオッサン臭に自意識が高まるお年頃です。

−−−

 夕食。

 赤魚の西京焼き、太切り干し大根煮、青梗菜のごま和え、キムチ冷奴、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、ぶりの子の煮付け、生野菜サラダ、ねっちょり新じゃが、ほうれん草と塩昆布の巣ごもり、豚スペアリブの赤ワイン煮。

 

5月16日(水曜) 夜

 職場の健康診断でした。

 いまだに血を見るのが苦手で、採血されるときは目を背けずにはいられない体たらくですが。

 40歳を超えてからは毎年、メタボ診断で腹囲を測定されます。腹囲の測定がはじまった40歳のときは今より太っていたこともあって、測定時に「お腹の力を抜いてくださいね〜」と言われて力を抜くフリをしつつも、腹囲をすこしでも小さくしようとして、お腹まわりの力を50%くらいは残して測定にのぞむという、よくある見栄を張ってしまいまして。

 で、こういう数値は前年度と比べることに意味があると思うので、同じ状態での腹囲を比較するため、以降は毎年「お腹まわりの力を50%くらいは残して測定にのぞむ」ことになっています。

 測定する人もおそらく、すべてお見通しだと思いますが、なにもおっしゃいません(笑)。

−−−

 夕食。

  いわしの一夜干し、ねっちょり新じゃが、小松菜とお揚げのお汁、豚スペアリブの赤ワイン煮、太切り干し大根煮、レタスとブロッコリーとピーマンと青梗菜とトマトと温泉卵のサラダ、ぶりの子の煮付け。

 

5月15日(火曜) 夜

 ここしばらく、ジョギング&ランニングに凝っておりますが。

 いままで凝った事柄を思い返すと、いくつかあります。中学生の頃は将棋部でしたし、高校生の頃はワンダーフォーゲル部で登山&スキー、大学生の頃は美術部で油絵や写真撮影、大学院生の頃は文章を書くのが楽しくて熱心にホームページ更新(笑)、社会人になってからは調理&庖丁、そしてサイクリングにランニングという感じです。

 こうして並べてみると節操なく、どれも中途半端だなあと思うばかりですが、何事もやりはじめの時期は上達が感じられて嬉しいというのがあります。

 でも、ある程度の練習期間を経て一定レベルのパフォーマンスに達すると、たとえそれが客観的には低いレベルであっても、同じ努力を積んでも次第に上達しにくくなってきます。そこで別のアクティビティに目移りすると、そちらのほうが再び上達を感じられるので楽しくなり、今まで続けていたことへの自分内ブームが終了してしまう。

 こんな奴は何をやっても大成しないと思いますが、趣味なども「焼けぼっくいに火」的なところがあって、いったんブームが過ぎても何かのきっかけで再び盛り上がることがよくあるので、どれも中途半端ながらボチボチ続けるくらいのほうがいいような気もします。

 それに、あまりにもひとつのことを極めようとして、燃え尽きてしまった人たちの姿を何人も見ているので……。ロードバイクのヒルクライム大会での優勝を狙って猛練習を積んだものの10位代の成績に終わって全くやる気を失ってしまった人、フルマラソンで2時間30分台を狙って毎日走り込んでいたものの無理しすぎて足が故障して走れなくなってしまった人、などなど。

 中途半端には中途半端の良さがある、というのが最近よく思うところです。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草のごま和え、太切り干し大根煮、鶏肝煮、ねっちょり新じゃが、ぶりの子の煮付け、小松菜とお揚げのお汁、生野菜と温泉卵のサラダ、豚スペアリブの赤ワイン煮&青梗菜。

 

5月14日(月曜) 夜

 週末は、チョッカーナにて夕食。

 まぐろの冷製燻製&ジャンボ絹さや、旨いです。あと鮎のコンフィその他で、白ワイン1本。

 翌日は雨天だったこともあり、レンタルしてきたガンダムシード劇場版3部作と、ターンAガンダム劇場版2部作のDVD観賞でガンダム漬け(笑)。運動不足解消のため、DVD観ながら3時間、自転車ローラー台を漕ぎました。

 本日は晴れていたので近所ジョギング10km。ここのところ10km走は慣れ過ぎてとくに達成感はありませんが、このくらいの距離を週3〜4回ゆっくりペースで走るのが、心身の調子がもっとも良い気がします。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草のごま和え、生野菜サラダ、ねっちょり新じゃが、鶏手羽元の秋田煮+青梗菜、太切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、ぶりの子の煮付け、鶏肝煮。

 

5月11日(金曜) 夜

 本日の肉。

 「京都肉」なんて聞いたことがありませんが、当方の寡聞なんでしょうか…。

 ま、5年10年であっても伝統と言ってしまえば、言ったもん勝ちなのかもしれません。

−−−

 伝統の夕食。

 ぶりの照り焼き、生野菜サラダ、ポテトサラダ、キムチ冷奴、もずく酢、鶏手羽元の赤ワイン煮、魚卵こんにゃくの辛子酢味噌、、小松菜とお揚げのお汁。

 

5月10日(木曜) 夜

 当方、菜食主義でもなければ、過剰な動物愛護主義でもないんですが。

 たとえば人類の科学力が発展して、遠い宇宙を探索できるようになって、地球外生命体が存在する新たな惑星を発見したとして。

 その惑星に住む生命体が、仮に弱肉強食の世界を繰り広げているとしても、それほど驚かないと思います。生命という現象自体が、そもそも利己性を本質としているので、そりゃそうだろうという話でありましょう。

 ただ、その惑星の食物連鎖の頂点に立つ生命体Aが、家畜化して大量に飼育している生命体bやcをむさぼり食べて丸々と肥え太っているとしたら、さすがに少々グロテスクな惑星だと感じるのではないでしょうか。

 そのとき私たちが宇宙船に武器を持っていたら、犠牲になっている生命体bやcを救出・保護するべく、生命体Aに攻撃を行うかもしれません。

 人類がエイリアンに襲われる系のよくあるSF映画は、言ってみればこういうことなのだなぁと。

−−−

 夕食。

 いわしの一夜干し、生野菜サラダ、鶏手羽元の赤ワイン煮込み、ポテトサラダ&酢キャベツ、赤こんにゃく煮、ぶりの子の煮付け、小松菜のおかかポン酢和え、魚卵こんにゃくの梅酢味噌、青梗菜の水キムチ、ピーマンとお揚げの玉子汁、漬けマグロと納豆の刻み海苔。

 

5月9日(水曜) 夜

 淀競馬場の付近で見かけた不法投棄。

こんなデカい重機が、公道に堂々と不法投棄(行政による「すみやかに撤去せよ」的な貼り紙がありました)。
     
それでもラピュタのように草が生えます。こんな重機も数万年も経てば跡形もなく土に返っていくんでしょうか。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、酢キャベツ&ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、冷奴、鶏手羽元の赤ワイン煮、生野菜サラダ、 赤こんにゃく煮、青梗菜の水キムチ、昆布と筍のきんぴら、 ブリの子の煮付け、しいたけのバターソテー。

 

5月8日(火曜) 夜

 淀競馬場の付近で見かけた工場萌え。

となりに豆腐工場があるので、これもその一部かと思っていたんですが、全然違いました。調べてみたら、感染性医療廃棄物などを処理する工場だそうで。
     
どうりで物々しい雰囲気なんですな。たしかに豆腐を作るのに、こんな工場は必要なさそうです。
 
工場の向かいには市の排水機施設。コンクリで四方を固められた建造物の殺伐さ。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、三つ葉と豆腐のお汁、ほうれん草のごま和え、ぶりの子の煮付け、豆苗と鶏のトマトソース玉子とじ、小松菜の桜えびポン酢、生野菜サラダ、昆布と筍のきんぴら、赤こんにゃく煮、ポテトサラダ、鶏手羽元の赤ワイン煮。

 

5月7日(月曜) 夜

 連休後半、週末のようすです。

大学時代の友人Tさん宅にて、Sさん、Tさんと当方の3人で年に一度の定例会。当方、ワイン3本と日本酒1本、ビール3本を持参して、結果的にすべて空になりました。
    
帰る頃には途中参加の数名も加わって、にぎやかな解散に。左からTさんのご主人、Tさん、Sさん、当方、画家のWさん。
 
翌日は桂川を散歩がてら、京都は淀の競馬場まで足を運んできました。
    
淀の「大扇食堂」にて昼食。この前菜盛り合わせに、たっぷりのパンとパスタ、山盛りのデザートが付いて1600円という破格。赤ワインのグラス1杯と、白ワインのカラフェ1本。
 
淀競馬場に到着! 競馬のことはちっとも分かりませんが、大きな施設というだけでワクワクします。
 
競走馬はすごい筋肉とスピードでカッコイイです。あとジョッキーの皆さんの小さいこと! 身長152cmで48kgとか、そんな方々ばかり。

−−−

 夕食。

 

 サバの西京焼き、酢キャベツ、肉じゃが、生野菜サラダ、ほうれん草のごま和え、赤こんにゃく煮、三つ葉と豆腐のお汁、小松菜の桜えびポン酢、昆布と筍のきんぴら、鶏肉トマト煮、スペアリブの赤ワイン煮。

 

5月4日(金曜) 夜

 昨日は職場の仲間と、大津京〜如意ヶ岳〜大文字山にかけてトレランしてきました。計15km。

大津京駅からルートにも載っていない道を分け入って走っていきます。
    
大文字山の火床から京都市内を背後に。左から当方、F氏、O氏、I氏。

−−−

 夕食。

 かつおのたたき、キムチ冷奴、鶏肝煮、酢キャベツ、切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、肉じゃが、豚スペアリブの赤ワイン煮込み、鶏肉のトマト煮&ブロッコリー。白ワイン。

 

5月2日(水曜) 夜

 石川県は加賀温泉、2日目のようすです。

宿の朝食バイキング。鯖が旨いです。
   
土産店にて。「ぴーかん、なう」かと思ったら、「ぴーかん・なっつ」でした。
 
北陸の大雪の爪痕。服部神社にて。
   
いくつかの家族がみんな、横しまストライプ。刑務所っぽくてちょっと可笑しいです。
 
中谷宇吉郎「雪の科学館」。楽しかった!
 
スナック&喫茶「亀甲」。
 
ここにも巨大な観音像……。案の定、かつて新興宗教がらみで建立されたものの倒産し、廃墟状態となっているようです。
 
加賀温泉駅前の回転寿司「太平」にて。日本酒・立山その他。  

−−−

 夕食。

  肉じゃが、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、アボカドのわさびマヨネーズ、ほうれん草のごま和え、切り干し大根煮、鶏肉のトマト煮、玉子豆腐、生野菜サラダ、オクラの巣ごもり、鶏肝煮、わかさぎの南蛮漬け。

 

5月1日(火曜) 夜

 連休前半、石川県は加賀温泉に旅行してきました。初日のようすです。

京都駅からサンダーバードにて金沢に向かいます。朝から白ワイン&チーズで飲み鉄! 最高です。
 ちなみに白ワインは、軽量化のためデリカメゾンのペットボトルを持参していますが、中身は千円前後のもう少し美味しい白ワインに詰め替えてます(笑)。
  
白ワインほぼ1本空けて、いい感じで金沢駅を下車。そのまま駅前の回転寿司「大倉」に入りました。
 
魚の旨さは出色です。とくに生イワシがとろけそうな柔らかさで、くさみも全くなくてとろけそうな味わいでした。冷酒の「加賀鳶」と「酔鯨純米酒」を1合ずつ。
  
金沢城の立派な石垣。
 
金沢21世紀美術館「スイミング・プール」。
 
同美術館「タレルの部屋」。
 
天井が四角に開いていて、太陽や天候によっては雨が入ってきます。
 
柳宗理記念デザイン研究所。非常に使いやすいインテリアグッズの数々が展示されています。
  
宿は「山代温泉・吉田屋山王閣」にて。夕食はブリしゃぶコース、可もなく不可もなく。
 

−−−

 夕食。

 ぶりの西京焼き、冷奴(金沢土産の「いしる」(いかの魚醤)がけ)、切り干し大根煮、酢キャベツ、ほうれん草のごま和え、生野菜サラダ、豆苗とお揚げのあんかけ汁、オクラと納豆の巣ごもり、豚スペアリブの赤ワイン煮、肉じゃが、鶏肝煮。

 

4月27日(金曜) 夜

 炭酸水に紅茶のティーバッグを入れて一日置くと、炭酸紅茶が出来ると聞いたので。

 やってみたら、見事にスパークリングティーが出来上がりました。

 見た目はビールのようですが、風味とフレイバーは紅茶&炭酸。これはこれでイケます。

 ウォッカとか入れると、またいい感じのカクテルになりそうです。

−−−

 夕食。

 鱈と新玉ねぎとエノキダケのホイル焼き、ポテトサラダ&酢キャベツ、キムチ冷奴、水菜の玉子とじ、チンゲン菜の水キムチ、鶏手羽元の秋田煮、たけのこの土佐煮、いちご、鶏肝煮、ピーマンとシラスのごまポン酢和え、ほたるいか&魚卵こんにゃく&ワカメの辛子酢味噌。

 

4月26日(木曜) 夜

 TOKIOの「山口メンバー」が書類送検された件、高校生たちの間では「メンバーってなに!?(笑)」的な騒ぎになっているらしいですね。

 「稲垣メンバー」の道交法違反&公務執行妨害のときは、自分も含めて多くの人がやはり「メンバーってなに!?」と困惑した記憶がありますが、その後、「草薙メンバー」のわいせつ物陳列罪で「メンバー」という表現にも知らず知らずのうちに慣れていて、今回の「山口メンバー」騒動については、「あ、メンバーね。うん、うん」と素直に聞いていました。

 「メンバーを知らない子どもたち」が山口メンバーに困惑する。……このような繰り返しが、今後も10年に1度くらい起こるのかなと思うと、ちょっと楽しいです。

−−−

 夕食。

 

 イワシの一夜干し、ほうれん草とシラスのポン酢和え、冷奴、鶏肝煮、ポテトサラダ&酢キャベツ、切り干し大根煮、いちご、水菜とお揚げのお汁、鶏手羽元の秋田煮、ピーマンのごま和え、たけのこの土佐煮、ほたるいか&魚卵こんにゃく&ワカメの辛子酢味噌。

 

4月25日(水曜) 夜

 本日の、雨の後。

 水を通さない自転車カバーと大きい荷台との悪しきコラボ(笑)。こういうのを子どもが触って転倒したら…などと、つい考えてしまいますが。

 自然界には「水を通さない素材」なんてほとんど無いことを改めて感じさせられます。

 ちなみに、天井にカヌーを載せているクルマを時々みかけますが、これ、カヌーの底面を上向きにして載せないと雨天時にタイヘンなことになってしまうらしいですね。カヌーの底面を下にしてクルマの天井に積んだまま雨が降り続けたら、カヌーが巨大なバケツと化して何百キログラムもの重さになって……。

−−−

 夕食。

 サーモンと新玉ねぎのホイル焼き、生野菜サラダ、たけのこの土佐煮、小松菜のごま和え、納豆とオクラの巣ごもり、水菜とお揚げのお汁、鶏手羽元の秋田煮、切り干し大根煮、ポテトサラダ&酢キャベツ、鶏肝煮。

 

4月23日(月曜) 夜

 週末のようすです。

近所の「マグロガレージ」で、特選マグロ丼大盛り(1500円)。仕入れが本当に良くて、スーパーで売ってる柵のマグロなんかとは比べものにならない旨さです。
 
翌日、「チョッカーナ」にて筍と野菜の白ワイン煮。筍は京都府の向日市物集女町産です(当方の実家付近)。
 
鯛のアクアパッツァ。鯛は小骨が鋭くて、もし飲み込んだら大変なので、美味しいだけでなく適度な緊張感があって、これはこれでいいものです。
 
    
皮膚科医院に行って、2年ぶりに魚の目を切り取ってもらいました。彫刻刀みたいなので一瞬にして切り取られて、歩行時の痛みが無くなるので、神業のようなありがたさです。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、たけのこの土佐煮、水菜のゆかりお浸し、生野菜サラダ、鶏肝煮、鶏肉の海老スープカレー、ほうれん草のごま和え、切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&酢キャベツ、はものおとし。

 

4月20日(金曜) 夜

 また運動靴を買ってしまいました。

 アシックスの トレイルランニングシューズ、GEL-FujiRadoの28cm(12,960円)。

 トレランシューズは少し前にノースフェイスのをネットで買ったんですが、ややキツくて長距離を走ると足指が若干痛くなるので、試し履きしたときバッチリの感覚だったアシックスのを買い足しました。

 ランニングに凝りだして以来、ちょくちょくシューズを買っていて、普段履きも含めると9足に達してしまいちょっと罪悪感。

 でも庖丁なんかと同じで、どれも使い心地(履き心地)が異なるので、その日の気分で選ぶのが日々のちょっとした楽しみとなっています。

−−−

 夕食。

  鶏手羽元の旨煮、キムチ冷奴、鶏肝煮、こんにゃく土佐煮、生野菜とワカメのサラダ、豆苗のカレースープ、ポテトサラダ&酢キャベツ、〆鯖(既製品)、魚卵こんにゃく(既製品)。

 

4月19日(木曜) 夜

 近所の安い洋服屋で、ブリーフを3枚買いました。

 グンゼのYGといえば小学生の頃から愛用していた銘柄ですが、安いわりに高品質で着心地もいいので、ここ数年再びグンゼを愛用しています。

 ちなみに本日は、定価800円の商品が通常値引きで500円のところに、加えての特別セールでさらに40%OFFで、1枚あたり300円で購入。安く買えるとそれだけで嬉しさがこみあげてきます。

 それがどうしたという話ですが、ブリーフを安く買うのは間違いなく、自分にとって生きる喜びのひとつとなっています。

−−−

 夕食。

 ハマチの刺身、こんにゃく土佐煮、鶏手羽元の旨煮、トマト海老カレースープ、魚卵こんにゃくの辛子酢味噌(既製品)、ひじきと大豆の煮物、鶏肝煮、小松菜のポン酢おかか和え、ポテトサラダ&酢キャベツ、水菜とお揚げの玉子とじ、生野菜サラダ。

 

4月18日(水曜) 夜

 先日、黄桜酒造の伏水蔵を見学した際に購入したビール。

 エジプト文明の時代に存在したという伝説の古代種小麦、「ピラミダーレ小麦」を現代によみがえらせて使用したというビールで、普通においしかったです。甘味も苦味も香りも強くて、しっかりとした風味がさすがエジプト時代(?)

 …という非常に間抜けな感想しか書けずスミマセン。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、ピーマンのおかかポン酢和え、小松菜のごまポン酢和え、酢キャベツ&ポテトサラダ、生野菜と海老のサラダ、昨日の頂き物ピザ、ひじきと大豆の煮物、水菜とお揚げのお汁、海老カレースープ、こんにゃく土佐煮、鶏肝煮。

 

4月17日(火曜) 夜

 本日の富士山。

 どういう心境から、これを描こうと思われたのかが気になります。

−−−

 夕食。(夕方にいただきものの大きなピザを半枚食べたので、いつもより少なめにしました)

 生野菜と海老のサラダ、水菜のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、ピーマンのおかかポン酢和え、こんにゃく土佐煮、ひじきと大豆の煮物、ポテトサラダ&酢キャベツ、油鰈とネギとしめじのホイル焼き。

 

4月16日(月曜) 夜

 週末のようすです。

京都は伏見にある、黄桜酒造の伏水蔵に散歩がてら行ってきました。入場無料。
    
工場萌え感がいい感じです。
   
玄米の状態(100%)から、大吟醸だと右側の35%まで精米するそうです。 削った米粉をどうするのかが気になって仕方ありません。せんべい屋とかに降ろしてるのかなと思うんですが。
    
楽しみの試飲コーナー。 有料ですが、大吟醸の「黄桜S大吟醸」と「チェリービール」を飲みました。大吟醸は伏見の酒にしては辛口でスッキリしながらも芳醇な風味がしっかりしていて旨いです。チェリービールはさくらんぼの酸味が効きまくりで素晴らしい喉越し!!
 
  
アメリカ向けの日本酒「BUSHIDO」(笑)。
    
  
600mlで3万円もする高級日本酒も売られていました。木箱入り。どんな人が飲むんでしょう……。
  
  
帰路、ほろ酔いで川べりをほっつき歩きながら、つい撮ってしまうFUZEI写真。

−−−

 夕食。

 サーモンと白ねぎとしめじのホイル焼き、生野菜サラダ、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&酢キャベツ&エビ、水菜のごま和え、ところ天、鶏手羽元の旨煮、こんにゃく土佐煮、ひじき煮、マッシュルームと鶏肉の海老スープ。

 

4月13日(金曜) 夜

 餃子の王将の某店には、こんな張り紙もありました。

 タバコもケータイも、ひとつひとつルールにしないと深刻な問題になっているようで、いろいろと苦労がしのばれます。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、鶏肉と豆苗のトマトスープ、たたきごぼう、冷奴、ポテトサラダ、こんにゃく土佐煮、もずく酢、鶏肝煮、棒棒鶏&サラダ水菜、紅茶豚&キャベツ。

 

4月12日(木曜) 夜

 餃子の王将にて。

 スタイリッシュに「ちょっと飲む」お酒の銘柄が「豪快」(笑)。

 世の中、いろいろあります。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、鶏肉のトマトスープ、キムチ冷奴、ポテトサラダ&サラダ水菜、鶏肝煮、ひじき煮、たたきごぼう、こんにゃく土佐煮、小松菜の桜えび和え、紅茶豚&キャベツ。

 

4月11日(水曜) 夜

 近所にて桜が散って1週間以上経ちますが、今頃になって咲いているのが1本だけあります。

 同じソメイヨシノなのに、どうしてこうなるのかよく分かりませんが、なんとなくシンパシーを感じるのも事実です(笑)。

 小学校の頃、帽子のツバを山折りにするのがクラスで流行したことがあって、真似して同じようにしてみた頃には流行が終わっていて、「それってもうダサい」ってことになって大層ションボリしたのを思い出しました。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、たたきごぼう、ブロッコリーのからし和え、ポテトサラダ、ほうれん草のごま和え、鶏肝煮、小松菜とお揚げの玉子汁、たたきキュウリの塩昆布和え、紅茶豚&キャベツのハニーマスタード、こんにゃく土佐煮、しいたけのバターソテー。

 

4月10日(火曜) 夜

 いつもジョギングしている近所の河川敷には、ヤドリギに寄生され放題の樹木があって、見るたびに可哀想な気持ちになります。

毬状の濃い緑色部分はすべてヤドリギです。
    
ヤドリギは常緑樹なので、禍々しい緑の葉を年がら年じゅう茂らせている一方(写真右上)、宿主の地葉は春先になってようやくヒヨヒヨと生えてきた状態です(写真下側)。
  
ヤドリギは水分や養分は宿主から失敬しつつも、光合成は自分で行っているので、完全な寄生ではなく「半寄生」らしいですが。そして、鳥などの生態系を支える肯定的側面もあるらしいですが。
 それでもイヤな感じを拭えないのは、どこかに同族嫌悪があるような気もします(笑)。   

−−−

 夕食。

 もろきゅう、ひじきの煮物、鶏肝煮、ブロッコリーのからし和え、こんにゃく土佐煮、ほうれん草とお揚げのお汁、酢キャベツ、ポテトサラダ&サラダ水菜、小松菜のごま和え、サバの西京焼き、たたきごぼう、鶏手羽元の旨煮。

 

4月9日(月曜) 夜

 週末のようすです。

「チョッカーナ」にて牛肉のローストその他で、赤ワイン1本。
   
翌日、20kmジョギングしたので、夕食は炭水化物たっぷりお好み焼き。近所の「どんぐり」にて。たまにこういうジャンクな品を食べるとめちゃくちゃ美味しいです。
  
近所の河川敷に菜の花が咲いてきました。いつものジョギングコースです。
   
へたくそなFUZEI写真(笑)。
 

 
ジョギング中、酒蔵の前で自撮り。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、ひじき煮、ほうれん草のごま和え、キムチ冷奴、酢キャベツ&サラダ水菜&ポテトサラダ、鶏手羽元の旨煮、こんにゃくの土佐煮、小松菜とお揚げのお汁、ほたるいか&ブロッコリーからし和え、鶏肝煮。デザートにわらびもち。

 

4月6日(金曜) 夜

 たまーに牛肉を買って料理すると、それだけで贅沢感と背徳感が味わえます。

 本日の夕食。

 鮭の西京焼き、切り干し大根煮、小松菜とお揚げの玉子汁、キムチ冷奴、豆苗と肉のトマトスープ、ひじきとレンコンの煮物、ほうれん草のごまポン酢和え、ポテトサラダ、牛肉とブロッコリーの中華風炒め。

 

4月5日(木曜) 夜

 最近、仕事から帰宅してから週に何度か、夕食前に5kmほどジョギングしています。

 いつも同じところ(近所の河川敷)を同じような無理のないペースで走っているだけですし、夜7時くらいになるとすっかり暗くなるので景色がキレイなわけでもありません。

 なので周りからは、「いったい何が楽しいわけ?」と言われることもあるんですが、走ると前に進みますでしょう? これが地味ながら楽しい。

 自転車もそれなりに楽しいですが、前に進むために自転車という若干大仰な道具が必要となります。しかし歩くとか走るとかは、なんの道具の助けを借りることもなく前に進む。こんな単純な自己効力感がそれなりに楽しく心地よいというのが、正直なところ結構あります。

 ちなみに階段を昇るのも割と楽しいです。なぜなら、昇ると場所が高くなっていくからです。

 「なぜ山に登るのか?」という問いに対する、ひとつの答えがこの辺りにあるように思うのですが、どないなもんでしょうか。

−−−

 夕食。

 赤魚の西京焼き、肉と豆苗のトマトスープ、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のごま和え、切り干し大根煮、もろきゅう、冷奴、ひじきとレンコンの煮物、ラディッシュ&ポテトサラダ、鶏手羽元の旨煮。

 

4月4日(水曜) 夜

 職場にて、「情報発信チーム」というのが立ち上げられたんですが。

 このチームの略称が「情発」で、名簿のかたわらに書き足されて、ちょっとおかしなことになっています。

 こんな感じで(仮名ですが)。

 山田太郎
 鈴木花子:情発
 斉藤和男:情発
 松本次郎
 早川幸子:情発

 なんだか動物園の繁殖チームのように思えてしまうのは当方だけでしょうか(笑)。

−−−

 夕食。

 ぶりの西京焼き、ほうれん草のごま和え、ひじきとレンコンの煮物、キムチ冷奴、ラディッシュ&ポテトサラダ、切り干し大根煮、酢キャベツ、菊菜のポン酢おかか和え、鶏手羽元の旨煮、肉と豆苗のトマトスープ、もろきゅう。

 

4月3日(火曜) 夜

 週末はロードバイクを買ったショップのライド企画で、日吉から高浜までサイクリングしてきました。

京都駅まで自転車で自走し、駅前でバラして輪行袋に収納します。電車に持ち込むには前輪・後輪ともに外してコンパクトにする必要があります。
  
普通列車にて山陰線、日吉駅まで。輪行袋はコンパクトなタイプでも結構な大きさなので、車両のこういう場所に置くしかありません。
 
日吉駅から高浜に向けて出発! 満開の桜のもと、みんなでトレインを組み、ローテーションしながらハイスピードで疾走していきます。
  
高浜に到着して、参加者で記念撮影。
 
愛車写真(笑)。しかし今回のライドは、プロショップの中級者以上という企画だけあって、付いていくだけでやっとでした。いやー、楽しかったけれど疲れた。 合計140km強。
 
翌日は「花吹雪」にて白ワイン1本&蒼空2合。
 

−−−

 夕食。

 鰆の西京焼き、肉とブロッコリーのトマトスープ、切り干し大根煮、もろきゅう、レンコンとひじきの煮物、小松菜とお揚げのお汁、鶏手羽元の旨煮、菊菜のおかかポン酢和え、ほうれん草のごま和え、ポテトサラダ&ラディッシュ。デザートにフルーツヨーグルト。


Counter

2017年4月〜2018年3月のプチ日記

Otearai Webの表紙へ