便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


4月3日(金曜) 夜

 新型コロナウイルスの接触可能性を少しでも減らすため、気をつけられることは意識しています。

 たとえばスーパーでの買い物では、手袋を着用したまま買い物をして、野菜や果物はできるだけパック化されている商品を買うようにしています。

 手袋をしているのは、共用の買い物かごやカートなどに直接手で触れなくて済むようにです。パック化されている商品を買うのは、不特定多数の客が直接手で触れることがないからです。たとえば上の写真のキュウリであれば、ばら売りの左側から選ぶのではなく、右側のビニールで包まれたほうを買います。

 どれだけ効果があるのかは全く分かりません(笑)。それより外食を控えなさいと言われそうですが。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、赤キャベツの酢漬け、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、たたきキュウリの塩昆布ごま油和え、小松菜とお揚げのお汁、キムチ冷奴、鶏肝煮、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、納豆の巣ごもり。デザートにアロエヨーグルト。

 

4月2日(木曜) 夜

 本日の坪庭。

 朽ちて折れた何かの配管のようですが、実に良い感じにコケが生えていて、配管の侘びさび加減もグッときます。

 この配管の先がどこにつながってるのかは若干気になりますが……。上水道?? 

 そういえば地下の水道管の内壁を見たら、水道をそのまま飲む気が失せると言われますね。

−−−

 夕食。

  鮭の西京焼き、鶏肉のトマト煮込み、鶏肝煮、野菜サラダ、ポテトサラダ、サバの魚卵煮、ひじき煮、ほうれん草とお揚げの玉子汁、粕汁、菜の花と小松菜のオキアミ和え、アボカドのレモン胡椒醤油マヨ海苔。デザートにアロエヨーグルト。

 

4月1日(水曜) 夜

 このご時勢……という若干の罪悪感もありながら、かに道楽にて以前から決まっていた少人数の会食。

 ソーシャル・ディスタンスということで、一応たがい違いに座るという微妙さ加減でしたが、かに道楽もガランゴロンで、静かに美味しくカニをいただけました。

 かに道楽は瓶ビールにオリジナルプリントをしてるんですね。

 酔いすぎに注意して、瓶ビール(中瓶)2本で終了。

 

3月31日(火曜) 夜

 洗濯したマスクがベランダに干されている光景を見かけるようになってきました。

 薬局にもマスクはほとんど売られていないので、そうなると洗って再利用するしかないんですが……。

 ちなみに知り合いの一人は、洗濯ネットに入れて洗えば洗濯機でも大丈夫だったということです。ただ、「3回ほど洗濯機で洗うと、とても呼吸がしやすくなって快適!」とのことで、それだけ効果も低減しているように思うんですが、まァ付けないよりはずっといいと思います。

−−−

 夕食。

 ほうれん草の塩麹和え、鶏肉のトマト煮込み、粕汁、インゲンマメのごま和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、サバ魚卵煮、ひじき煮、小松菜とお揚げのお汁、ニラとキムチの冷奴、鶏肝煮、ホタルイカと菜の花のからし酢味噌。デザートに十勝ヨーグルト。

 

3月30日(月曜) 夜

 週末のようすです。

夕食、ロカヴォにてハンバーグ&牡蠣フライのプレートで赤ワイン1本。こうやって普通に外食できる日々がどうか続きますよう……。
 
翌日、桜が満開になっている近所をブラブラ散策しました。
    
あたりに誰一人いない近所の桜の下で、持ってきた6Pチーズとスクリューキャップのワインでぽつねんと桜を観賞。来年は皆がにぎやかにお花見できることを祈るばかりです。
     
翌日は自宅で買ってきた寿司&惣菜、即席みそ汁、バナナ。
    
明治天皇陵の大階段を20往復。スポーツジムに行かずとも運動できる幸せを改めて感じますわ。   

−−−

 夕食。

  ブリの煮付け、インゲンマメのごま和え、キムチとニラの冷奴、野菜サラダ、サバの魚卵煮、ポテトサラダ、粕汁、ブロッコリーと枝豆のピクルス、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、ほうれん草とオキアミのポン酢和え、ホタルイカ&菜の花の酢味噌。デザートに十勝ヨーグルト。

 

3月27日(金曜) 夜

 京都でも桜が咲きはじめました。

 しかしながら、このご時勢。例年のようなお花見はできるはずもなく、花見客がいない近所の桜の周りを缶ビール片手にブラブラするくらいが関の山かなあと思います。

−−−

 夕食。

 ホタルイカのからし酢味噌、サバの魚卵煮、赤キャベツの酢漬け、野菜サラダ&ポテトサラダ、たたきキュウリのごま油塩昆布和え、中華風卵とじ、鶏手羽元のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、大根皮のポン酢漬け。デザートに十勝ヨーグルト。

 

3月26日(木曜) 夜

 長年使い続けている腕時計の金属バンドが切れたので、ヨドバシカメラで修理してもらいました。550円なり。

 かれこれ10年以上は使っていて、金属バンドが切れるのも4〜5回目なのですが、バンド同士をつないでいる針金(だいたいコレが劣化して切れるのです)さえ交換してもらえば、再び全く問題なく使えるようになります。

 セイコーのどうということのないソーラー充電の電波時計ながら(お値段は5万円少々)、10年以上まったく壊れるそぶりがないのがスゴイなあと思います。普段から荒っぽい使いかたをしていますし、酔っぱらって壁にぶつけたことも 結構ありますし、本体ごと超音波洗浄機にかけてしまったことも幾度となくあるんですが、それでも全くビクともしないのはさすがです。

 おまけにガラスはサファイアなので傷ひとつ付きませんし、ソーラー電池なので使っている限り電池切れになりませんし、電波時計なので1秒たりとも狂いませんし。

 新しい腕時計がほしいなーと思うこともたまにあるんですが、この調子だと一生買い替える必要がないかもしれない気がします。

−−−

 夕食。

  イワシの一夜干し、粕汁、赤キャベツの酢漬け、サバの魚卵煮、野菜サラダ、ポテトサラダ、納豆とカイワレの巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、切り干し大根のカレー風味、アボカドのレモン胡椒マヨ海苔。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月25日(水曜) 夜

 本日のお地蔵さんです。

 

 以前に載せたことがある気もしますが、手前にどんぐりがお供えされていました。よく見ると(写真では白く飛んで分かりにくいですが)小石までお供えされています。

 どんぐりや石を食べるのが好きなお地蔵さんのようです。…というワケではもちろんなくて、近所の子どもが供えたんだとは思いますが。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、粕汁、野菜サラダ、鶏肝煮、サバ魚卵煮、チーズちくわ&赤キャベツの酢漬け、ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、切り干し大根のカレー風味、ロマネスコのピクルス、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月24日(火曜) 夜

 新型コロナウイルスの報道を連日見ているうちに、なんとなく洗脳されてきたのか、保存食をチマチマと買いだめしております。

 カップ麺の類を買うことはこれまでほぼ無かったんですが、いちばん手軽で安心感があるといえばあるので。あとは缶詰やゼリー、レンジご飯、冷食などなど、一週間くらいは外出せずに食いつなげるくらいを目安に買ってます。

 ちなみにカップ麺って意外と賞味期限が短くて、当たりが悪いと買って3ヶ月後くらいだったりするので、期限が近づいたら食べるよう気をつけないといけません。たまに食べると妙に旨くて、どんどん食べたくなるのが困りものですが。

−−−

 夕食。

 ホッケ塩焼き、スナップエンドウの塩麹レモン胡椒和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、鶏手羽元のトマトスープ、ほうれん草とオキアミのポン酢和え、小松菜とお揚げのお汁、ロマネスコのピクルス、鶏肝煮、切り干し大根のカレー風味、サバ魚卵煮、ホタルイカと菜の花の酢味噌。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月23日(月曜) 夜

 週末のようすです。

伏見・大手筋の「まる福」にて、桜ぶりの刺身、天ぷらその他で瓶ビールと焼酎、日本酒。
 
翌日は大学時代の友人、S女史とT女史とで昼呑み同窓会。一軒目は蒼空の酒蔵バー、二軒目は鳥せい本店。とても楽しかったんですが、痛飲しすぎて歩けないくらい酔っ払ってしまい、すっかり迷惑をかけてしまい大反省です……。
   
翌日は菜の花が満開の河川敷をジョギング10km。
    
ビブラム・ファイブフィンガーズも好調です。砂利道を走ると足の裏がちょっと痛いですが、足ツボの刺激になって心地いい気もします。   

−−−

 夕食。

 サンマの生姜煮、ホタルイカ&菜の花の酢味噌、野菜サラダ、鶏肝煮、ポテトサラダ、サバの魚卵煮、中華風炒め、小松菜とお揚げのお汁、切り干し大根のカレー風味、ロマネスコのピクルス、ほうれん草とオキアミのポン酢和え、スナップエンドウのレモン胡椒和え。デザートにパイナップル。

 

3月20日(金曜) 夜

 本日は休みだったので、明治天皇陵を散歩してきました。

まずは腹ごしらえに、「マグロガレージ」にてマグロ丼(1600円)。昼間からマグロの贅沢、旨いです。
 
明治天皇陵に続く散策道。好きスポットのひとつです。
  
いつもの大階段にて。今日は散歩なので1回しか昇らないストイックな俺でした。   

−−−

 夕食。

 鶏トマトグラタン、鯛の煮付け、野菜サラダ、ポテトサラダ&酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、サバの魚卵煮、ロマネスコのピクルス。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月19日(木曜) 夜

 明日お休みなので、夕食にワイン好きなだけ飲んでます。

 今夜のメインは冷凍しておいたカキフライ。その他で、白ワイン1本飲んだので、本日はこの辺にて。

 あとはどうでもいいテレビとかアマゾンプラムのビデオとか見るのみです。

 

3月18日(水曜) 夜

 本日の、ガンダムかと思ったら下水道でした。

 そういう狙いなのは分かりますが、両者の間のギャップが強烈すぎてしばらく唖然としました(笑)。

−−−

 夕食。

 サバとサバ魚卵の煮物、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、肉じゃが、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、ニラと納豆の巣ごもり、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月17日(火曜) 夜

 膝の故障がまだ完治していないにもかかわらず、またもや運動靴を買ってしまいました。

 ビブラム・ファイブフィンガーズのVトレイン、2割引きにて1万三千円くらい。

 5本指の超薄底シューズで、ほとんどクッションが無く、裸足に近い感覚で走ることになります。

 近年のブームはスピードが出る超厚底シューズで、その代表であるヴェイパーフライと比べると違いが一目瞭然です。

 ただ、超厚底シューズばかり履いていると、無茶な走り方でもそれなりに高速で走り続けることができてしまう結果、膝の深部などに衝撃が蓄積して故障につながってしまうことがあるわけです。スポーツ鍼灸の先生によると、まずは薄底5本指シューズで正しいランニングフォームと筋肉とを身につけることが必要とのことでこの度、時代に逆行して超薄底シューズを購入したという次第でして。

 さっそく履いて10kmほど走ってみました。今年は菜の花が咲くのがとても早い。

 クッションがほとんど無いため、着地の衝撃を足全体で吸収するような走り方に自然となります。あと、路上の微妙な小石や凹凸、芝の感覚などもつぶさに感じられて、走っているときの情報量が多くて楽しいです。 その分、スピードはあまり飛ばせませんが、ゆっくりジョギングするには最高のシューズですねえ。

 当面はこれで走ることにしたいと思います。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、冷奴、野菜サラダ、ポテトサラダ、サバの魚卵煮、小松菜とお揚げのお汁、鶏手羽元のトマト煮込み、豚キムチ、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにブドウゼリー。

 

3月16日(月曜) 夜

 週末のようすです。

「花吹雪」にて、前菜盛り合わせ、お造り盛り合わせその他で、白ワイン1本&蒼空1合。いつも変わらぬ美味しいさで大満足です。
  
翌日は買い物のため、歩いて高島屋京都店に。新型コロナのため、休日にもかかわらず店内は本当にガランゴロンです。これだと安心して買い物できますが、こんな調子が続いたら収支は相当シビアでしょうねえ…
   
昼食はマルイの8階、「炭櫓」にて、近江牛鍋と鰻寿司のランチセット(2600円)で、日本酒1合と白ワイン・ハーフボトル。
    
帰宅してから、頂き物のカヌレでウイスキー入りホットコーヒーと赤ワイン。

−−−

 夕食。

 ブリあら煮、肉じゃが、肉野菜炒め卵とじ、野菜サラダ、ポテトサラダ、粕汁、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、小松菜のごま和え、大根皮のポン酢漬け、ほうれん草のおきあみポン酢。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

3月13日(金曜) 夜

 今年もらった年賀状に当選が1枚あったので、さっそく郵便局で交換してもらいました。20枚程度しかないのに当選があってラッキー。

 ただ正直なところ、当たったのは嬉しいんですが、こういう切手って使う機会がほぼ無いんですよねえ。手紙を出す機会そのものが激減しているうえ、何年か使わずに寝かしていると、郵便料金やら消費税やらが値上げされてそのままでは使えなくなって、ますます使わなくなるという。

 ま、こういう切手はもともと、あまり使う目的ではないのかもしれませんが。なんとなく自分の墓場まで持っていきそうな気がしてなりません。

−−−

 夕食。

 牛肉と玉ねぎとピーマンの炒めもの、野菜サラダ&ポテトサラダ、ブリあら煮、ほうれん草とお揚げの卵とじ、トコロテン黒蜜、粕汁、酢キャベツのタバスコ和え、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。

 

3月12日(木曜) 夜

 本日の、なんでですの!?

 これだけ広い歩道があるのなら、歩道のはしっこを歩く必要なんて無いし、ましてや車道のはしっこを歩く必要など皆無でしょう(むしろ危ないし!)。

 それとも、一休さんのトンチみたいな話ですかいな!?

 …と、一瞬混乱したんですが、考えてみたらこれ、おそらく小学校かPTAあたりが量産している標語で、本来は歩道のない狭い車道などに置くべきモノなんでしょうね。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、粕汁、野菜サラダ&ポテトサラダ、酢キャベツのタバスコ和え、肉じゃが、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草とオキアミのポン酢がけ、玉子豆腐、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

3月11日(水曜) 夜

 本日の昆布。近所の昆布屋さんで買ったモノです。

 「カキ付」と書いてあるので、おおっ! 付いた牡蠣の風味がほんのりするんだろうか!? …と思ってご主人に訊ねてみたところ、

 「あー、これね。カキの種が付くと見た目がアレだから商品価値が下がるんだよ。ん、牡蠣の味? しないしない、変わらないよ」

 とのことでした。ご主人は良い意味で言ってくださったのだろうけど、ちょっと残念(笑)。

 でも、味にほとんど影響のないカキ付き昆布が割安で買えたのでよしとします(毎週、週明けに1週間分の昆布かつお出汁を取るのが週課です)。

−−−

 夕食。

 サンマのトマトソース煮込み(既製品)、鶏肉のトマト煮込み、スナップエンドウの塩麹昆布和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、サバの魚卵煮、小松菜とお揚げのお汁、納豆とニラとクリームチーズと刻み海苔の和え物、春菊のオキアミポン酢、ホタルイカと菜の花の酢味噌。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

3月10日(火曜) 夜

 ほぼ毎朝、焼きいもを食べています。

 サツマイモというのは、品種によって風味や糖度が全然違うので、残念なやつに当たると朝からションボリした気分になってしまうんですねえ。

 かといって、見ただけで味が分かるような目利きは全く持ち合わせていないので、一年を通して比較的安定して手に入り、なおかつ糖度が高くておいしい「甘太くん」という銘柄を購入することが多いんですが。

 先日買った「甘太くん」のうち1本が痛んでいて、知らずに食べてオエッとなって、「いい値段する銘柄イモを買っているのに!!」と朝から一人でひとしきり怒ってました。で、しばらく立腹していたんですが、ふと「イモに怒っている自分」の間抜けさというか、器の小ささに気づいて、ちょっと恥ずかしくなった一件です。

 今後も、イモに対して本気で腹を立てるのはやめようと思いました(笑)。

−−−

 夕食。

 刺身盛り合わせ、サバの魚卵煮、スナップエンドウの塩麹こんぶ和え、野菜サラダ、白菜の昆布漬け、ポテトサラダ、ホタルイカと菜の花の酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、ほうれん草のオキアミのポン酢和え、キムチとニラとごま油の冷奴。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

3月9日(月曜) 夜

 週末のようすです。

夕食はチョッカーナにて、アクアパッツァその他で、白ワイン1本&グラスワイン1杯。
 
翌日の昼食、トレヴァッリにて前菜盛り合わせその他で、グラスワイン4杯。
  
夕食はスーパーで買った牡蠣めしで日本酒3合。その後、アマゾンプライムでゆるい番組を見ながら赤ワイン1本。
   
いつもの明治天皇陵。階段20往復。
 
帰りに久しぶりの大中ラーメン。いつも、「新味・肩肉・ネギ多め・温泉卵・キムチ」の取り合わせです。

−−−

 夕食。

 イワシのレモン煮(既製品)、冷奴、野菜サラダ、ポテトサラダ、春菊のオキアミのポン酢和え、サバ魚卵煮、玉子豆腐、肉じゃが、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、ホタルイカと菜の花の酢味噌、スナップエンドウの塩麹こんぶ和え。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

3月6日(金曜) 夜

 久しぶりのお地蔵さんです。

 どうしてこういう図柄と色使いになるのか未だによく分かりませんが、もし自分が描いたら、ベージュとかグレーとかモスグリーンとかの思いっきり地味ィなお地蔵さんになりそうなので、美意識はそれぞれということなのでしょう。

 手前のお花の美しさが際立ちます。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、冷奴(賞味期限切れ)、野菜サラダ&ポテトサラダ、牡蠣のオイル漬け、酢キャベツ、もずく酢、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、白菜の昆布漬け、ピーマンのオキアミ焼きポン酢がけ。デザートにトコロテンとみかん。

 

3月5日(木曜) 夜

 世の中のニュースは、新型コロナウイルスの話題一色という感がありますが。

 これだけヤイヤイ言われると、否が応でもなんとなく気をつけなきゃという気持ちになってくるのも事実です。

 今のところ自分なりに心がけてことを列挙してみます(どれも当たり前すぎて何の参考にもならないと思いますが)。

<ウイルスを取り込む可能性を低くするために>
・食事の前は必ず手洗いをする。
・自分の手が現在、キレイな状態(手洗いして何も触っていない状態)か、そうでない状態かを常に意識する。
・手がキレイでない状態のときは、顔を触らない&手でものを食べない。
・帰宅したらすぐ風呂に入って着替える。
・満員電車は避ける。

<免疫力を下げないために>
・毎晩7時間の睡眠を確保する(眠れなくても寝床で目をつぶって過ごす)
・多品目の食事をとる(野菜・果物でビタミン&繊維、牡蠣などで亜鉛を十分に摂取。総カロリー中、炭水化物50%、脂肪30%、タンパク質20%程度を維持)
・適度の有酸素運動を行う(1日あたり計1時間程度のウォーキングもしくはサイクリング)
・体脂肪率を下げすぎない(10%〜15%程度よりも下げない)
・過度の運動をしない(20km以上のランニング、3時間以上のサイクリングなど)
・ストレスをためない(イヤなことがあっても、まァ死ぬわけじゃないからどうでもいいや〜とか、1年後には忘れてるわ! 等と割り切る)
・体をなるべく冷やさない
・泥酔しない(←これは週末は守れてません。笑)

 ま、どれだけ気をつけていても100%防ぐことは無理ですし、罹るときは罹ると思いますが、感染をどれだけ後に引き延ばせるかのサバイバルゲームの様相ですね。

−−−

 夕食。

 ハマチの刺身、赤こんにゃく煮、野菜サラダ、冷奴、ポテトサラダ、酢キャベツ、大根皮のポン酢漬け、豚キムチ、もずく酢(賞味期限切れ)、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月4日(水曜) 夜

 本日の梱包。

 それなりに高級車のようで、ボロ布団をいくつも重ねて丁寧に包まれてますが、雨とか降ったらずっと湿気って、かえって悪いんじゃないでしょうかねえ。

 専用のカバーがあるでしょうにと思ってしまいます。

 ちなみに隣の荷物も梱包されていますが、さしずめ梱包芸術家のクリストさんが歳取ってズボラになってきたような風情もあります。

−−−

 夕食。

 赤めばるの煮付け、スナップエンドウのごまマヨ和え、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、赤こんにゃく煮、ほうれん草とオキアミのポン酢和え、チーズちくわ、白菜の昆布漬け。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月3日(火曜) 夜

 本日のシート。

 いわゆる靴の中敷きです。足+シートで「アシート」なのはよく分かりますが、あまりにもそのまますぎて、ちょっとクスッときてしまいました。

 ドラッグストアでマスクは品切れですが、アシートはたくさんありますよ!

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、酢キャベツ、牡蠣のオイル漬け、鶏肉のトマト煮込み、野菜サラダ、ポテトサラダ、赤こんにゃく煮、スナップエンドウのごまマヨ和え、小松菜とお揚げのお汁、冷奴、白菜の昆布漬け、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月2日(月曜) 夜

 週末のようすです。

週末は知り合いの大学の先生から宴会のお誘いを受けていたんですが、会合・会食への参加を自粛するよう職場から指示されてしまったため、残念ながら宴会はキャンセル。
 近所のハンバーグ店「ロカヴォ」にて、ハンバーグと牡蠣フライのプレートで赤ワイン1本。
   
翌日、京都タワーサンドに行ってみたら、休日とは思えないガランゴロン加減だったので、ここで昼を食べることにしました。普段は混みまくっていて、食事しようという気に全然ならないので。
  
蕎麦屋の「草庵」にて、おろしそば&おつまみセットで、八海山1合。可もなく不可もなく。
 
夜は伏見のピザ店「ドン・チッチョ」にて、カルボナーラピザその他で白ワイン1本。
 
膝の痛みが軽くなってきたので、久しぶりに明治天皇陵の大階段を昇降してみました。あまり無理せず20往復。

−−−

 夕食。

 カツオのたたき、ほうれん草のおかか醤油、牡蠣のオイル漬け、野菜サラダ、ポテトサラダ、酢キャベツ、小松菜とお揚げの玉子汁、赤こんにゃく煮、スナップエンドウのごまマヨ和え、粕汁、白菜の昆布漬け。デザートにみかん。

 

2月28日(金曜) 夜

 ひざの故障は少しずつ快方に向かっているんですが、まだ痛みがあって走れない日々です。

 それがどうしたという話ですが、走る楽しみがない昨今、新たな楽しみとして白羽の矢を立てているのが「歯磨きテイスティング」です。

 いろんな歯磨き粉やジェルコートを買い込んで、その日の気分でいろんな風味や効能の違いをENJOYしております(笑)。

 ちなみに翌日の口内の調子が最も良いのは、まず普通の歯磨き粉で磨いて口をゆすいだ後に、ジェルコートでもう一度磨いて、今度は口をゆすがず、徹底的にペッペして終わり! です。こうすると翌朝、本当になんの口臭もなくて歯もツルッツルで、気分よく起きることができる気がします。

−−−

 夕食。

 メバルの塩焼き、牡蠣のオイル漬け、鶏肝煮、野菜サラダ&冷しゃぶ、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、しらす&大根おろし、小松菜とお揚げのお浸し、チーカマ&ピクルス、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、こんにゃくの土佐煮。今夜は白ワインを飲みました。

 

2月27日(木曜) 夜

 本日の「令和っぽい」。

 よーく見ると令和ではありません。令和で登録しようとしたらダメだったんでしょうか。

 しかし、この教育機関。ネットで検索しても何ひとつあがってこず、ログインしないと閲覧できない中国語サイトがわずかにヒットするだけなので、留学生系のややこしい学校なのかもしれません。

−−−

 夕食。

 穴子の煮付け卵とじ、鶏肝煮、鶏肉のトマト煮込み、野菜サラダ&冷しゃぶ、牡蠣のオイル漬け、ポテトサラダ、ひじき煮、小松菜とお揚げのお汁、野沢菜漬け&大根皮のポン酢漬け、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、こんにゃくの土佐煮。デザートにキウイヨーグルトと抹茶フィナンシェ(頂き物)。

 

2月26日(水曜) 夜

 近所の建築現場のガス管付近に、生卵が置かれているなーと思っていたんですが。

 今日通りすがったら、お皿や缶コーヒーまで置かれていて、なんだかお供え物みたいな様相を呈してきました。

 日本は多神教なので、ガス管の神様もいらっしゃるのかもしれません。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、こんにゃくの土佐煮、鶏肝煮、野菜サラダ&冷しゃぶ、牡蠣のオイル漬け、ポテトサラダ、鶏肉のトマト煮込み、ひじき煮、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け&野沢菜漬け、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、ほうれん草のおかか醤油、高野豆腐とエノキダケの煮物。デザートにキウイヨーグルト。

 

2月25日(火曜) 夜

 近所のスーパーで牡蠣が安かったので、まとめ買いして、オイル漬けを作りました。

 冬のとても好きな常備惣菜のひとつです。自分の作り方を書いてみますので、よければお試しください。

1パック99円(4〜5粒入り)を8パック購入してきました。多いと思われるかもしれませんが、このくらいが妥当です。
  
牡蠣をザルにあけ、塩(大さじ1くらい)と片栗粉(大さじ3くらい)を振りかけて、やさしく揉み洗いします。汚れが片栗粉に移ったら、流水でしっかり洗い流します。 メンドウなら洗わずそのままでもOKです。
  
鍋にオイルを入れて(我が家では米油です)、ニンニク数片とタカノツメ1本(種を抜いておく)をじっくり炒めます。いい香りがしてきたら、水気を切った牡蠣を投入して、日本酒 1/2カップ、みりん大さじ1、しょう油大さじ1を加えて煮詰めていきます。
 
火力にもよりますが、15分ほど煮詰めるとこんな感じになってきます。味見してみて、水気が飛んで風味が濃厚になってきたら、火を止めて粗熱を取ります。
 
空き瓶(心配なら焼酎等のアルコールで消毒しておくと安心です)に、煮詰めた牡蠣と煮汁を入れて、上からさらにオイルを足せば完成! です。すぐ食べられますが、1〜2日置いたほうが旨いです。自分の経験では、冷蔵庫で10日くらいは日持ちします。

 個人的には、この牡蠣オイル漬けを「白ワイン強盗」と呼んでます(笑)。

 牡蠣に豊富に含まれる亜鉛は免疫力の向上にも寄与するとされているので、新型コロナウイルス対策のひとつに良いのではないでしょうか。

−−−

 夕食。

 かつおのたたき&大根おろし、野沢菜漬け、ひじき煮、野菜サラダ&冷しゃぶ、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、牡蠣のオイル漬け、小松菜とお揚げのお汁、こんにゃくの土佐煮、鶏肝煮、鶏肉のトマト煮込み、ほうれん草のおかか醤油。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

2月24日(月曜) 夜

 週末のようすです。

京都の名店「木乃婦」にて会食しました。コース料理はどれも最高で、白ワイン1本と日本酒(雪の茅舎)2合。
 
木乃婦の料理長・高橋拓児さんとツーショット!! 憧れの料理人にお会いできた僥倖に大興奮です。
 
翌日、近所の酒蔵開きを楽しみにしていたのですが、新型コロナウイルスの流行のため中止になってしまいました。
 
そのまま中書島の「吉招庵」に行って、天ざるで生酒&樽酒1合ずつ。
 
その後、黄桜カッパカントリーで日本酒の試飲販売が行われていたので、冷やかしがてら1杯。
 
いつもの泉大橋サイクリング。穏やかな晴天で気分よく。

−−−

 夕食。

 漬けハマチ丼、粕汁、赤キャベツの酢漬け、野菜サラダ、ポテトサラダ、牡蠣のオイル漬け、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、ひじき煮、野沢菜漬け、高野豆腐とエノキダケの煮物、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにケーキ。

 

2月20日(金曜) 夜

 ようやく冬らしい寒さになってきたと思ったら、あっという間に暖かくなってきました。

 そういえば高校生の頃。世間はバブルで、スキー場のゲレンデも花盛りだった高校生のときの話です。

 運動音痴でもイケそうだと早合点して、ワンゲル部に入ったのが運の尽きでした。その活動は予想以上に厳しく、冬場は「山スキー」の合宿に連れていかれました。スキー板を履いてテントや食糧を担ぎ、道なき雪山を登頂するのです。

 ゲレンデの経験もほとんど無いのに、大自然の雪山を登ったり滑ったり……行程のほとんどを無残な雪だるま状態で過ごしたものです。

 夜は雪中に設営したテントで過ごすのですが、食糧を腐らないようにと近くの雪の中に埋めておいたらドカ雪が降って埋もれて、すべて紛失したことが一度ありました。

 雪山の夜空のもと、腹ペコなのに飲めるのはお湯だけという、バブルっぽさ皆無のひもじい夕食をほろ苦く想い出します。

−−−

 夕食。


 

 サバの煮付け、赤キャベツの酢漬け、野菜サラダ&ポテトサラダ、ほうれん草と桜えびのポン酢和え、高野豆腐とエノキダケの煮物、刺身こんにゃく、牡蠣のオイル漬け、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、紅茶豚、クリームチーズ&黒豆煮。デザートに、イチゴヨーグルトとうなぎパイ(頂き物)。

 

2月20日(木曜) 夜

 警備員姿のまま、仕事から帰宅していると思しき人を時折見かけます。

 座席に座ってスマホをいじっておられたりすると、なんとなく違和感を抱いてしまうのですが、業務中でないならどう過ごそうと個人の自由です。

 ただ、警備員姿のままだと、なにかトラブルが起きたときなどに、周りからガードマンとしての役割を期待されたりしないんだろうかと、他人事ながらちょっと心配になってしまうのですがどうなんでしょう。もし自分だったら、少々メンドウでも、私服に着替えてから帰宅するなぁと。

 ちなみに写真の人は、よくみると腕章がマジックテープの着脱式になっていて、腕章は外しておられました。なるほど。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、春キャベツのハニーマスタード、野菜サラダ&ポテトサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、紅茶豚、白菜の昆布漬け、牡蠣のオイル漬け、鶏肉のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、ほうれん草と桜えびのポン酢和え。デザートに、カスピ海ヨーグルト。

 

2月19日(水曜) 夜

 先月ランニングしすぎて傷めた膝の治療のため、鍼灸に通っています。

足に何本かの鍼(ハリ)を刺されつつ、赤外線?を照らされます。
 
関係のない手などにも鍼(ハリ)を打たれ、これは全身の血流を調整しているそうです。鍼(ハリ)を打たれてもほとんど痛くないのですが、捻挫している付近に打たれるとズキッ! と痛むポイントが数か所ありました。

  ランニングを控えて3週間となり、ようやく実感として痛みが軽くなってきましたが、痛みがなくなるまでは自重します。

−−−

 夕食。

 鰆の西京焼き、クリームチーズ&黒豆煮、野菜サラダ、ポテトサラダ、菜の花のからし酢味噌、春キャベツのごま和え、粕汁、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、白菜の昆布漬け、牡蠣のオイル漬け、ほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートにチョコブラウニー&ノンカフェインコーヒー。

 

2月18日(火曜) 夜

 テレビでNHKニュースをつけながら他のことをしていたら突然、妙に力強いイントネーションで「ゴキ…ブリに!」という言葉が聞こえてきまして。

 なにかと思って画面を見たら、こういうことでした。

 GDP、5期ぶりに下落。

 なるほどーと思うばかりですが、おそらくアナウンサーもそのまま読むとゴキブリに聞こえてしまうと意識するあまり、「ゴキ…ブリに」とタメを作って余計に力強くなってしまったんでしょうね。

−−−

 夕食。

 ホッケの干物焼き、牡蠣のオイル漬け、ほうれん草とオキアミのポン酢和え、野菜サラダ&ポテトサラダ、高野豆腐とエノキダケの煮物、ひじき煮、菜の花のからし酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、餃子(既製品)、白菜の昆布漬け、春キャベツのごま和え。

 

2月17日(月曜) 夜

 週末のようすです。

知人Iさんのつてで、鳥羽の「小浜かき」を産地から直送していただきました。自宅にて焼き牡蠣パーティー。
 
バチグンに新鮮なので、臭みがまったくありません。ちょっとレモンをかけるのが好みです。セル牡蠣を18個食べて、白ワイン1本あっという間に空けました。
 
翌日は京都南座に歌舞伎を観にいきました。市川海老蔵の「勧進帳」特別講演。
 
海老蔵さんがめちゃくちゃ格好良かったです。
 
歌舞伎を観た後、祇園をぶらぶら。新型コロナウイルスの影響だと思いますが、こんなに空いている祇園の姿を見るのは10年ぶりくらいでしょうか。
 
祇園の喫茶店「ぎおん石・喫茶室」にて一服。
 
昼間からビール、グラス1杯。700円。
 
夕食は、小浜かきを今度はカキフライにて。白ワイン1本、またもや瞬く間に明けました。
 
木津川サイクリング。あまりにも風が強く、大げさではなく吹き飛ばされて転倒しそうな身の危険を感じたので、泉大橋の3kmくらい手前で引き返しました。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、白菜の昆布漬け、高野豆腐とエノキダケの煮付け、野菜サラダ、ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、菜の花のからし酢味噌、シュウマイ(既製品)、春キャベツのハニーマスタード、ちぢみほうれん草とオキアミのポン酢和え。デザートに、イチゴヨーグルトとみかん。

 

2月14日(金曜) 夜

 本日の、フランシス・ベーコンの絵みたいで怖いです!!

 6人だか6頭だかの断末魔が聞こえてきそうです。ギャボー!!

 それにしても、何の跡なんでしょうねえ。超芸術トマソンでいうところの原爆タイプだとは思うんですが、見れば見るほど怖いなあ。

 今度機会があれば、夜にライトで照らして見てみようと思います(笑)。

 −−−

 夕食。

 

 イワシの梅煮、高野豆腐とエノキダケの煮物、野菜サラダ&ポテトサラダ、牡蠣のオイル漬け、赤キャベツの酢漬け、大根菜のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、白菜の昆布漬け、ブロッコリーと桜えびのポン酢かけ。食後にミックスナッツ。

 

2月13日(木曜) 夜

 日本は平和だなーと思う中古車店です。京都・六地蔵にて。

 道路沿いにズラッとそのまま並べられています。外国だったらこれ、翌日には跡形もなく消えてるんじゃないでしょうか…。

 そうでなくても、イタズラで硬貨で傷つけられたりするんじゃないかと心配になりますが、自分が思っているよりも世の中は性善説なのかもしれません。いいことです。

−−−

 夕食。

にしんの煮付け、大根菜のごま和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、カリフラワーのピクルス、ほうれん草とオキアミのえごま油和え、鶏肉のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、菜の花のからし酢味噌、白菜の昆布漬け。デザートにみかんとブルーベリーヨーグルト。

 

2月12日(水曜) 夜

 小学生のときに家庭科で習ったことで、いちばん役立っているのは「ボタン付け」です。

 とくにジャケットやコートのボタンは、裏打ちがされていなかったり、場合によってはボタンと布地のあいだに根巻きされていなかったりで、しばらく使っているうちにボタンが取れそうになってくることが多くて。こうなると、着ていてもボタンが取れないかどうかばかり気になって、心ここにあらず状態になってしまうのです(笑)。

 まァ自分が神経質すぎるのかもしれませんが、そんなわけで本日も、10年以上使っているピーコートの前ボタンを補強しておりました。

パッと見るかぎりでは大丈夫に見えますが、実はボタンが相当グラグラと頼りなくなってきています。
 
あまり着なくなった他のシャツの替えボタンを取って、裏地側の「力ボタン」に使用。こうすると裏地側にかかる力が面で支えられるので強度がグンとあがります。
 
ボタンと布地を合計で8往復くらい縫ったうえで、ぐるぐる巻きにこれでもかと根巻きしました。猛烈に安心だぜ!!

 ランニングができないので、こういった地味な家事をちまちまとしております。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、粕汁、野菜サラダ&ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、スナップエンドウのごまマヨ和え、ほうれん草と桜えびのポン酢和え、小松菜とお揚げのお汁、カリフラワーのピクルス、白菜の昆布漬け。デザートにキウイフルーツ。

 

2月11日(火曜) 夜

 週末のようすです。

デパ地下の惣菜(半額)と、アマノフーズのフリーズドライみそ汁で白ワイン、自宅呑み。
 
翌日は、職場で当方が主宰している料理サークルの調理実習。京都料理学校さんにて。
 
今回のテーマは「牛肉のさまざまな部位をうまく使って料理しましょう!」。
 今回のトリビア:
◆ローストビーフは80℃前後の温度で1時間ほど火を入れるので中まで火が通るが、たたきは中まで火を入れない。
◆肉に塩を振って時間をおくとドリップが出るのでNG。
◆モモ肉は外側(外モモ)は硬いが噛むと美味しく、内側(内モモ)は柔らかい。
◆熟成肉は空気中に置くことでアミノ酸を増やすものなので、真空パックで保存性を高めると熟成肉にはならない。
◆手作りドレッシングの基本は「油3に酢1」。あとは塩コショウや好みの風味を入れれば完成。
◆サワークリームはヨーグルトで代用可。
 
調理の後は試食タイム。昼間からワインぐいぐい行きます。
 
ビーフストロガノフ&バターライス、ローストビーフ&サラダ、ホルモンとニラのスープ。どれも旨い!!
    
特大ブロック肉入りビーフシチュー。赤ワインにピッタリ!
 
翌日、泉大橋サイクリング。
 
近所の「生粉打蕎麦 玄太」にて、手作りかまぼこ、スペアリブと大根の煮物その他で、日本酒「雪の茅舎」。もう最高ですわ。
 
手打ちそば。かつお節も目の前で引いてくださいます。
 
またもや泉大橋サイクリング。自宅から65kmくらいなので丁度いいんですな。いつもの撮影場所に先客がいたので、反対側に立って自撮りしました。
 
先客。

−−−

 本日の夕食。

 イワシの梅煮、間引き大根のごま和え、野菜サラダ、スナップエンドウの塩昆布マヨ和え、菜の花のからし酢味噌、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、ほうれん草とオキアミのえごま油和え、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。デザートにフルーツとみかん。

 

2月7日(金曜) 夜

 本日の買い物。

 近所のパシオスという安い洋服店でセールになっていた、3M社のシンサレート(Thinsulate)を使ったニット帽です。定価980円が税込み500円なり。

 シンサレートといえば、自分の記憶では20〜30年昔はそこそこハイテクな防寒素材で、ノースフェイスのゴアテックス製高機能ジャケットの中綿にも使われていたりしました。厳冬期登山での内部結露を防ぐ目的で吸湿タイプのシンサレートが使われていたため、街中で着ていて汗をかくとジャケットが急にずっしり重くなって大儀だったのを思い出します。

 それが近年、飛ぶ鳥を落とす勢いで大衆化してきて、シンサレートと言えば今や、すっかり安物の手袋や帽子というイメージになっている気がします。

 でも自分にとって3Mシンサレートは、いまだに「ちょっとハイテク素材」のままなので、こうして安く買えるとなんだか嬉しくなってしまいますねえ。

 「昔はけっこう高かったんだよ」 

 こうやってどんどんオッサンになっていくんだなァと、我がことながら思います。

 ま、いいや。500円でとても暖かいし。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草とオキアミのえごま油和え、野菜サラダ、ポテトサラダ&赤キャベツの酢漬け、こんにゃくの土佐煮、牡蠣のオイル漬け、もずく酢、小松菜とお揚げのお汁、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、カリフラワーのピクルス、菜の花のからし酢味噌。デザートにみかん。

 

2月6日(木曜) 夜

 職場のプレゼンで、ホワイトボードに手書きで字を書くことがいまだにあります。

 簡単な漢字が出てこないことがいよいよ増えてきて、情けないやら恥ずかしいやらです。

 そういえば以前、「威厳」と板書しようとしたら「威」の字をド忘れてしてしまい、仕方なく

 「い厳」

 と書いたことがあったのを思い出しました。

 あれは我ながらい厳が無かった……と、自分でオチをつけて力なく笑うしかありませんでしたねえ。

−−−

 夕食。

 ぶりの照り焼き、厚揚げ焼きのおかか醤油、野菜サラダ、ポテトサラダ、鶏肉のトマト煮込み、牡蠣のオイル漬け、こんにゃくの土佐煮、ほうれん草とオキアミのえごま油和え、小松菜とお揚げのお汁、白菜とネギと豚肉の煮物、カリフラワーのピクルス、菜の花のからし酢味噌。デザートにみかん。

 

2月5日(水曜) 夜

 1年くらい前から、平日はお酒を飲まないようにしているので、週5日の休肝日を基本的には守っています。

 それまで晩酌に飲んでいたワインやチューハイをやめると口さみしいので、代わりに炭酸水を飲んでいました。シュワシュワしたものを飲むと、チューハイやビールを飲んだのと近い満足感が得られるので、これはいい! と気に入っていたのです。

 しかし先日、右足の故障をみてもらった鍼灸院の先生から、「怪我が治るまで炭酸飲料は控えるように。炭酸飲料は靭帯を伸ばす作用があるから治りが遅くなる」と言われて、一ヶ月ほど炭酸飲料断ちするハメになってしまいまし て。

 これが意外とつらくて(笑)。晩酌代わりに何か(水以外のものを)飲むのが習慣化している身としては、じゃあ何を飲めばいいというのか!? と。

 コーヒーやお茶も好きなんですが、カフェインが入ってると夜寝にくくなるので、思案の末、ノンカフェインの「十六茶」を飲んでおります。まさか晩酌の代わりに十六茶を飲む日が来るとは……。

 夜にちびちび飲む十六茶は、風味があまりにも地味すぎて、人生の晩秋を感じさせられます。

 それでも、舌の上で転がしながらよーく味わうとほのかに麦の苦味と香りがあって、ちょっとビールっぽいかも! こりゃあノンアルコールビールから炭酸を抜いて水で薄めたみたいだぜ!! ……などと考え始めると余計にビールが飲みたくなるので、やっぱりただの十六茶だと思 い直して飲んでおります。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、鶏肉のトマト煮込み、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、牡蠣のオイル漬け、カリフラワーのピクルス、ほうれん草とオキアミのえごま油和え、小松菜とお揚げのお汁、こんにゃくの土佐煮、納豆の巣ごもり、菜の花のからし酢味噌。デザートにキウイフルーツとみかん。

 

2月4日(火曜) 夜

 本日の大根。

 わざとですか!? …と言いたくなるくらいギョッとさせられます。左端のは足だけでなく腕まであるし、真ん中のはどう見てもチ○コですし、右端のだけが普通すぎて逆に可笑しいです。

−−−

 夕食。

 大根おろし&釜揚げしらす、鯖寿司、野菜サラダ、ポテトサラダ、春菊のおきあみポン酢、ほうれん草のごま和え、白菜とネギと豚肉の煮物、小松菜とお揚げのお汁、厚揚げ焼き、こんにゃくの土佐煮、牡蠣のオイル漬け、カリフラワーのピクルス。デザートにみかんと、イチゴヨーグルト。

 

2月3日(月曜) 夜

 週末のようすです。

右足の痛みが続くので、スポーツ障害の鍼灸院で診てもらったところ、「過度の反復性衝撃による軽度半月板損傷(&水がたまっている)+膝関節捻挫」とのことで、全治早くて1ヶ月(その間はジョギングも禁止)と言われてしまいました。
 この一ヶ月で260km走ってしまったのが完全にオーバートレーニングだったようです…。
 当然ながら、翌日のフルマラソン大会(木津川マラソン)はDNS(棄権)することに。残念!!
 
マラソン大会への不出場が決まって、ちょっと意気消沈。夕食もスーパーの半額寿司と惣菜で日本酒。
 
でもマラソン大会には自転車で行ってきました。走りませんが、記念品をもらえるからです(笑)。未練がましく記念撮影してもらいましたが、ひとりだけロードバイクの格好で浮きまくってます。
 
今年の記念品はサコッシュとアルミシートでした。もらえるものは何でももらいます。
 
近所の蕎麦屋「生粉打蕎麦 玄太」に初めて入りました。マラソンを走らないので、おろし蕎麦と鯖寿司その他で、昼間っから日本酒2合と蕎麦焼酎の蕎麦湯割り1杯。
 ここの鯖寿司は絶品だし、蕎麦も旨いし、日本酒「雪の茅舎」も最高だし、また来よう。
   
その後、アリスセイラーさんのカフェ「やんちゃなアマリリス」にお邪魔して、ウイスキーや赤ワイン5〜6杯飲んで、酔っ払って終了。
 
翌日は久しぶりに泉大橋サイクリング。鍼灸師の先生から、膝の故障が治るまでにやっていい運動は「サイクリングか、30分以内のウォーキング」と言われたので、サイクリングを再開してみました。

−−−

 夕食。

 イワシの塩焼き、こてっちゃんと玉ねぎの炒め、野菜サラダ、牡蠣のオイル漬け、大根おろし&釜揚げしらす、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のごま和え、ニシンの山椒漬け&大根皮のポン酢漬け、春菊のオキアミポン酢。デザートに、とらやのもなか(頂き物。旨い!)、East 42st NEW YORKのチョコブラウニー(頂き物。超濃厚でメチャ旨!)。

 

1月31日(金曜) 夜

 リュックを肩からずり下げた状態で背負う人が増えている気がするのは思い過ごしでしょうか。

 たとえば、こういう感じの人です。↓

右側だけをずり下げるスタイル。

 もっとアグレッシブに攻める人もいます。↓

ここまでずり下げますか!?

 その人の勝手なのは分かってるんですが、なんだか気になってしまいます。

 ちなみに、登山をしている人はだいたいキッチリ身体に密着させて背負いますね。ルーズさ皆無で格好悪い! という声もありそうですが、身体とリュックを密着させて高い位置で背負うことで安定するうえ体感重量も軽くなり、身体への負担が実際に小さくなるからです。

 ぼくも登山をしていたので、リュックは街中でもキッチリ密着させたスタイルで、ウエストベルトもギュッ! と締めてます(笑)。ロックバンドのギタリストで言うと、ストラップがめちゃくちゃ短いスタイルと言いましょうか。

−−−

 夕食。

 鮭の煮付け、赤キャベツの酢漬け、野菜サラダ&ポテトサラダ、白菜とネギと豚肉の煮物、小松菜とお揚げの玉子汁、しいたけのバター焼き、茄子の漬物、切り干し大根のカレー和え、焼きピーマンのおかかポン酢、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。デザートにイチゴヨーグルトとみかん。

 

1月30日(木曜) 夜

 左右が独立しているタイプのワイヤレスイヤホン、便利そうなのでちょっと欲しいなと思うことがあります。

 ただ人に聞くと、「夜道で落としてしまい、いくら探しても見つからなかった」とか、「雑踏の中で落としたら、後方の人たちに踏まれて潰れた」とかいうことが結構あるようです。

 こういったアクシデントを防ぐためには、まず左右のイヤホンをヒモなどでつなぐことが大切でしょう。こうすれば、左右どちらかのイヤホンが落下しても、耳に残ったもうひとつがつなぎとめてくれる可能性が高いでしょう。

 しかし場合によっては、左右とも落ちてしまうこともあり得ます。そこで最善策としては、ヒモなどで左右のイヤホンをつないだうえで、さらにそれをスマホやサイフ、カバンなどに結んでおけば最強です。こうすることによって、便利なワイヤレスイヤホンを安心して堪能できるようになるのです。

 それも、必要なのは数十センチのヒモとセロテープのみ。こういうのをライフハックと言うんでしょうか。

 …という風なことを本日ふと考えたのは、「固定電話の子機が部屋のどこにあるかよく分からなくなるので、ヒモで親機に結わえている」という人の話を二十年くらい前に聞いたからだと思います。

−−−

 夕食。

 水カレイの煮付け、ニシンの山椒漬け&大根皮のポン酢漬け、野菜サラダ&ポテトサラダ、白菜とネギと豚肉の煮物、赤キャベツの酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、鶏肉のトマト煮込み、なすの漬物、切り干し大根のカレー和え、菊菜のおきあみポン酢和え。デザートにイチゴヨーグルトとみかん。 

 

1月29日(水曜) 夜

 昨日、高校生の頃の話を書いたついでに。

  高校生のとき友人に誘われて、映画『ゴースト〜ニューヨークの幻』を観に行きました。まさか男三人でこんな映画を観ることになるとはねぇ…という感じで、「こんなクサい映画、どうせツマラナイだろうけどネ」と、精いっぱい斜に構えながら上映に臨んだ のでした。

 が、そこは高校生。 いざ観始めたら、あっけなくノックダウンされてしまいました。ああ、なんて可哀想なんや…、なんてピュアーなんや…。アカン、 涙が止まらへんっ!

  そして映画が終わる頃には、両目ともすっかり涙でむくんでいたのでした。ああ、こんな顔だけは友達に見られたくない! 

  咄嗟に見栄を張っている自分がいました。 「ふわー。退屈すぎて、あくびが止まらんかった!」

  見れば同行の友達二人も、真っ赤に眼を腫らしながら、 「ああ、オレも爆睡してもうた」 「オ、オレもよう寝たわ…」

  実は泣いていたことをお互い告白するには、それから三年の年月を要しました。

−−−

 夕食。

 粕汁、小松菜とお揚げのお汁、野菜サラダ、菊菜のおきあみポン酢和え、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、トコロテン、切り干し大根のカレー和え、白菜の昆布漬け、納豆の巣ごもり、ブリの照り焼き。デザートにみかん。

 

1月28日(火曜) 夜

 暖冬のためゲレンデに雪がちっとも積もらず困窮しているスキー場がたくさんあるとの報道。

 1月中旬〜2月中旬といえば積雪のピークシーズンで、思い返せば自分が学生だった頃はどのゲレンデも一面の銀世界でした。それがここ10年ほどは慢性的な雪不足のようで、とくに今シーズンの暖冬っぷりはすごいみたいですねえ。

 スキーで記憶に残っているのは高校二年生の冬、野沢温泉まで野宿旅行に出かけたときのことです。当時、友達数人で「今のうちに無茶をしておくべきだ」という話になったのでした。

 …が、実際にスキー場まで行ってみたら猛吹雪。おまけに夜は気温氷点下。いくら寝袋持参とはいえこのままでは身の危険があるということで、近くにあったゴミ収集用のプレハブ小屋に忍び込んで一夜を過ごしたわけですが。

 翌日ゲレンデに出向き、スキー客でごった返すゴンドラ乗り場に並んだとき、異変に気づきました。自分たちの周囲にだけモーゼの海のように一定の空間ができていたのです。

 原因は身体の隅々にまで染みついた生ゴミの臭いでした。周りからの怪訝な視線を集め、ゲレンデの主人公になった最初で最後の日として今も思い出に残っています。

−−−

 夕食。

 イワシの煮付け、ニシンの山椒漬け&大根皮のポン酢漬け、三度豆のごま和え、野菜サラダ&ポテトサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、粕汁、菊菜のごまポン酢オキアミ和え。デザートにみかん。

 

1月27日(月曜) 夜

  週末のようすです。

京都市長選の期日前投票を済ませてきました。
 
夕食は目当ての店が満席だったので、近くの通りすがりのイタリアンバル「タノッカ50」にて、カルパッチョ、いかすみパスタその他で白ワイン1本。
 
翌日は歩いて京都駅まで。途中、東九条の中華「老上海」にて小籠包、ワンタンメンその他で、ビールと紹興酒。ここの小籠包は相当旨いです!!
 
イオンモール京都で時間をつぶすため、「トニー・ローマ」にてチョコブラウニーでウイスキーと赤ワイン。
 
Tジョイにて目当ての映画『リチャード・ジュエル』観てきました。イーストウッド監督にはいつも感服です…。お酒飲んでたせいで、途中1回トイレに行ってしまいましたが。
  
夕食は近所のスーパーの半額寿司&刺身その他で、白ワイン1本。

 右足太もも裏の腱の痛みをおして10km(4分2分/km)ランニングしたところ、やっぱり痛みが悪化。あと1週間では何ともかんとも…。

−−−

 夕食。

 イワシの煮付け、三度豆のごま和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、黒豆納豆の巣ごもり、ちくわ、赤キャベツの酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、ニシンの山椒漬け&大根皮のポン酢漬け、エビシュウマイ、菊菜のごまポン酢オキアミ和え。デザートにチョコプリン。

 

1月24日(金曜) 夜

 ランニングで傷めた右太もも裏の腱の痛みが続いているので、この一週間は全く走っていません。

 一週間走らないというのが、こんなに勇気が要る行為になるとは、数年前までは思いもよりませんでした。

 9日後がマラソン大会本番なのに、それまでに治るんだろうか。今、マラソン大会への思いを訊かれら、「不安と憂うつしかありません」と迷わず答えます(笑)。

 …なんていう愚痴ばかりこぼすのもナンなので、別のことを書こう。

−−−

 数年前、お通夜に出たときのことです。

 自宅に戻って数珠を探したのですが見つからず、取り急ぎ近所の百円ショップで購入して参列したまではよかったのですが。

 お坊さんが読経する中、買ったばかりの数珠をポケットから出してお焼香しようとしたそのとき、あろうことか数珠の糸が切れてしまったのです。

 小さな玉(?)がポロンポローンと四散して、でもお通夜の場で拾い集めるわけにもいかず、厳かな雰囲気が凍てつくというか、おかしな空気になってしまいました。

 後方の席では、参列者の数名がうつむきがちに肩を震わせていました。アナタたち、泣くフリして笑いを押し殺してたでしょ!? …と今でも時折思い出します。

−−−

 夕食。

  赤魚の西京焼き&鮭ハラスの塩焼き、ピーマンのオキアミポン酢和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、しいたけのバター焼き、小松菜とお揚げのお汁、かずのこ、刺身こんにゃく、白菜の昆布漬け、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。デザートにイチゴヨーグルトとみかん。

 

1月23日(木曜) 夜

 冷蔵庫の中に何年目か分からないナンプラーが鎮座し続けてます。

 そういえば十年以上前の話ですが、タイ旅行に出かけたとき、上司や同僚へのお土産として、小物入れとナンプラーを購入して帰国したことがあります。

 そして空港で手荷物を回収し、税関まで歩いていたところ…我が手荷物から魚の腐ったような異臭が漂ってくるではありませんか。慌ててカバンを確認してみたら、ナンプラーの瓶が割れて、小物入れにしっかりと染み込んでいて。

 かといって代わりになるような土産も買っていないので、結局、ナンプラーが染み込んで魚の腐ったような異臭を放つ小物入れを上司たちに進呈するハメになったのでした。

 「独特のにおいがするね」と言いつつも、作り笑顔で受け取ってくれた上司や同僚に感謝です。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、ピーマンのオキアミぽん酢和え、鶏肉のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、こんにゃくの土佐煮、かずのこ。デザートに、イチゴヨーグルトとみかん。

 

1月22日(水曜) 夜

 本日、JRの駅でICOCAの料金をチャージしたら、キャッシュレス決済のポイント還元が付与されてました。

 で、これをポイントチャージする手続きを行うと、ポイントが支払いに使えるようになります。

 近所のスーパーでは5%が還元されるので、総額2256円と結構大きな金額になっていて嬉しいですねえ。レジで財布から小銭を出さなくていいのも便利なので、とりあえず6月までは積極的にICOCAを使っていこうと思います。

 ただ、こうやっていちいち駅でチャージしないといけないのが面倒です。おまけに上限2万円までしかチャージできないですから。

−−−

 夕食。

 舌カレイのムニエル、こんにゃくの土佐煮、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、白菜の昆布漬け、イチゴヨーグルト、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草とオキアミの和え物、かずのこ。デザートにみかん。

 

1月21日(火曜) 夜

 新年なので、自宅の浄水器のフィルターを買い替えて交換。

 1〜2年くらい使っていると、少しずつ水のにおいが気になってくるので、最近は毎年買い替えるようにしてます。

 前のワンルームアパートに住んでいたときは浄水器を使っていなくて、メンドウだけれどウーロン茶を沸かしたのを冷蔵庫に入れて飲んでました。ただ、たまに作り忘れると水道水そのまま飲むことになって、そのカルキ臭と雑味にちょっとテンションが下がっていたのを思い出します。

 なので、浄水器がある日々に生活の向上を地味に感じているんですが、毎回ミネラルウォーターを買っている人を見ると、あー華やかな生活……と思ってしまいます(笑)。

−−−

 夕食。

  鰆の煮付け、粕汁、野菜サラダ、ポテトサラダ、かずのこ、こんにゃくの土佐煮、小松菜とお揚げのお汁、スナップエンドウのごまマヨ和え、ほうれん草のオキアミ和え、菜の花のからし酢味噌。デザートにブルーベリーヨーグルト。 

 

1月20日(月曜) 夜

 週末のようすです。

近所のフレンチ「アンペイジ」にて、コース料理をいただきました。これはコンソメ・クルヴェット、見た目は地味ですが、エビの超濃厚エキスのスープで、びっくりするくらい旨かったです。
   
甘鯛の一品。ウロコはパリッパリ、身はフワッフワ。白ワインが進む進む!!
 
けっきょく、白ワイン1本、赤ワイン1本を空けて、最後のほうは若干正体不明に(笑)。
 
翌日は、くら寿司にて1皿100円のにぎりその他で、日本酒と白ワイン。

 右足太もも裏の腱の痛みをおして20km(4分15分/km)ランニングしたところ、案の定痛みが悪化。あと2週間で治るかどうか…。

−−−

 夕食。

 赤めばるの煮付け、粕汁、野菜サラダ、ほうれん草のオキアミ和え、ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、スナップエンドウのごまマヨ和え、こんにゃくの土佐煮、菜の花のからし酢味噌。デザートにブルーベリーヨーグルトと、頂き物のきしめんパイ。

 

1月17日(金曜) 夜

 46歳の誕生日でした。

 我ながら、この歳になってもほとんど成長していないなーと思うばかりです。若い頃は、「40代後半の自分」はもっとオトナになっているだろうという漠然とした予想を持っていたのですが、いざなってみるとまだまだ学生の延長のような感覚で、この調子だと50代になってもこの調子なのかなぁと半ばあきらめの気持ちになってきますねえ(笑)。

 それでも強いて言えば、20代30代の頃に比べると、同じモノを見ても感じかたが少しずつ変わってきている気もして(たとえば学生時代に観た映画を20年ぶりに観直したときとか)、歳を重ねている実感を少し持つことができたりしています。

 関係ないですが、中学に入学した頃、ずば抜けて背が高く身体も大きいA君(仮名)という同級生がいました。それで自然発生的に、「ジャイアン」的なニックネームが付いて、みんなが彼をそのように呼んでいたのですが。

 A君は中学入学と同時に成長がピタっと止まってしまったようで、みんなが成長期でグングン大きくなる中で、A君は相対的にグングン小さくなっていきました。でも、一度ついた「ジャイアン」的なニックネームはそのままなものだから、中学3年の頃には小さいのにジャイアンというおかしなことになっていて、でも誰もがそれを言い出せない重い空気が漂っていたのをふと思い出しました。

 そして、『宇宙からきたかんづめ』というSF童話の「かんづめにきいた話5 とんがりぼうしのたかいとう」を思い出します(主人公が金平糖を持って高い塔に登っていくと金平糖がどんどん大きくなっていって、でも実は金平糖のサイズは不変で自分のほうが小さくなっていることに気づいたというお話)。それがどうしたという話ですみません。

−−−

 夕食。

 〆鯖、鶏トマトのポテトグラタン、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、焼きピーマンのおかか醤油、小松菜とお揚げのお汁、きのこの和風マリネ、鶏肝煮、ニシンの山椒漬け&大根皮のポン酢漬け、赤キャベツの酢漬け、もやし&トマトのバースデー塩昆布和え。デザートに、いちごヨーグルト。

 

1月16日(木曜) 夜

 お正月をすぎてお買い得になっていたカズノコが、さらに半額くらいになっていたので、つい買ってしまいました。

 1パック298円! 年末のお値段と比べると、1/3〜1/4くらいではないでしょうか。

 こういうのって縁起物なので、お正月に食べるからいいのかもしれませんが、賞味期限も全く問題ない同じ商品でこれだけ値段が違うと、お正月が明けてから買うほうが合理的でいいような気がどうしてもしてしまいますねえ。カズノコ美味しいですし。

 薄い塩水でちょっと長めに塩抜きしたうえで(丸1日強)、昆布かつお出汁&みりん&薄口しょうゆに数日漬けて食べるのが一番好きです。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、もやしのごま和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、ほうれん草と納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、粕汁、きのこの和風マリネ、白菜の昆布漬け、鶏肝煮、アボカドのわさび醤油マヨ海苔。デザートに、イチゴヨーグルトと、頂き物のごまたまご。

 

1月15日(水曜) 夜

 またもや、ちょっとHENTAIっぽいウェアを買ってしまいました。

 ランニング用のハーフパンツ(タイツタイプ)ですが、もうピッチピチです。股間も若干、モッコリしてしまいます。

 でも、聞くところによると圧着機能によって足が疲れにくいそうで、凝り性の身としては、これは試してみなくては! と。

 さっそく履いてランニングしてみましたが、うーん、気のせいか疲れにくいような、そうでもないような……。

 正直なところ、こういうのって選手レベルの人にとっては本当に違うのかもしれませんが、ぼくのような市民ちょぼちょぼランナーにはほぼ無意味でしょう。でも、プラセボ効果は多少あるとも思うのと、あとモチベーションアップの一助にもなるかなーということで、無駄な買い物に対する罪悪感をいちいち合理化している昨今です。

−−−

 夕食。

 ほっけの開き、鶏肝煮、野菜サラダ&ポテトサラダ、白菜の昆布漬け、きのこの和風マリネ、粕汁、ほうれん草の出汁おかか和え、大根皮のポン酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、赤キャベツの酢漬け、かずのこ、菜の花のからし酢味噌。 デザートにみかん。

 

1月14日(火曜) 夜

 令和の10円玉硬貨をはじめて目にしました。

 なんとなく嬉しくて使わずに取り置いていますが、もう数年もすれば珍しくもなんともなくなるんでしょうねえ。分かってるんですが(笑)。

−−−

 夕食。

 ほっけの塩焼き、赤キャベツの酢漬け、野菜サラダ、白菜の昆布漬け、ポテトサラダ、かずのこ、ほうれん草と桜えびの和え物、粕汁、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、きのこの和風マリネ、菜の花のからし酢味噌。デザートにいちごヨーグルト。

 

1月13日(月曜) 夜

 週末のようすです。

イタリアン「チョッカーナ」にて、鴨のローストその他で白ワイン1本。鴨ローストには赤ワインのほうが合いそうですが、鯖のスモークも頼んだので白ワインにしました。
  
翌日は自宅から歩いて三条のMOVIXまで。途中、つい撮ってしまう三角形のビル。
 
周りがみな立ち退いて、文字通り傾きつつある家。
 
四条河原町の喫茶店といえば「インパルス」、ストロングコーヒー1杯と、ビール(小びん)1本。
 
MOVIXにて映画『パラサイト〜半地下の家族』。いやー、期待以上にオモシロかった!! ポン・ジュノ監督の映画は観るようにしています。
  
映画のドキドキ・ハラハラが冷めやらぬ中、有喜屋にて手打ち十割そば&天ぷらで、熱燗2合&そば焼酎1杯。旨い! もちろん飲み足らず、帰宅してからミックスナッツとチーズで赤ワイン1本。
  
翌日はランニング30km(4分30秒/km)。先週、太ももの裏の腱を痛めてしまい、走るかやめるか迷ったんですが、勇気を出して走ってみました。 なんとか走れたものの、腱の張りが悪化した感じもありで…吉と出るか凶と出るか。
 マラソン大会を控えているときに故障すると、休むのも不安だし(体力が落ちそうで)、走るのも不安だし(故障が悪化しそうで)、どうしようもなくなるというのは、マラソンあるあるのひとつだと思っているんですが、どうでしょうかねえ。

−−−

 夕食

 粕汁、ほうれん草の練りごま和え、野菜サラダ、ポテトサラダ、赤キャベツの酢漬け、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、きのこの和風マリネ、白菜の昆布漬け、菜の花のからし酢味噌、ニシンの山椒漬け。デザートにブルーベリー(冷凍)。

 

1月10日(金曜) 夜

 そういえば、お正月にTVで伊勢神宮が映っていて思い出したこと。

 小学校のときに行った伊勢・二見ヶ浦が、今までの人生で唯一の修学旅行です(中学以降は学校の方針とやらで修学旅行が一度もありませんでした…)。

 夫婦岩など小学生にとってはシブすぎてちっとも盛り上がらないアトラクションをいくつか巡り、宿で夕食をとって。

 その後、夜店で買い物したことが印象に残っています。

 やんちゃグループの男子たちはこぞって十手を買って、「御用だ、御用だ!」と時代劇ごっこに興じていました。おとなしめグループに属していた僕は彼らの輪には入れませんでしたが、隠れるようにして十手を購入し、帰宅してから一人で「御用だ、御用だ!」と盛り上がった侘しい思い出が鮮やかによみがえってきますねえ(笑)。

−−−

 夕食。


 

 魚介汁、鶏肝煮、野菜サラダ、白菜の昆布漬け、ポテトサラダ、鶏肉のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け、ひじき煮、赤キャベツの酢漬け。デザートにいちごヨーグルト。

 

1月9日(木曜) 夜

 そういえば、年末にスーパーで値引きセールされていたお飾り用の干柿ですが。

 お飾り用になると、やはり軽減税率の対象外なんですねえ。

 食用として売れば軽減税率なのに…と、ついつい考えてしまいます。「食用につき、決して飾らないでください!!」

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、鶏肉のトマト煮込み、野菜サラダ、冷奴、ポテトサラダ、ひじき煮、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、白菜の昆布漬け、赤キャベツの酢漬け。デザートにカスピ海ヨーグルト。

 

1月8日(水曜) 夜

 「これを飲んでいると、人としてちょっとダメになりそうな気がする」と思って、できるだけ遠ざけているストロング缶チューハイですが。

 医師など専門家からも同様の指摘が多くなされているようで、なかには「ストロング缶が国を滅ぼす」とまで言っている方もいるようです。

 個人的には、味があまり美味しくないというのもありますが、これを飲むとアッという間に酔っ払ってしまうので、かえって勿体ないというのが大きいですねえ。

 こちらとしては楽しく酔ってる時間をできるだけ長くしたいわけですが、ストロング缶は炭酸や酸味料で喉通りが妙によすぎてクイクイッと飲んでしまうものだから、アッという間に3〜4本空けてしまって、気がつけばすっかりフラフラになっているという。

 ワインのボトル1本をチビチビ飲むくらいが自分には合っている気がします。…といいつつ、飲み始めると2本目を空けてしまってフラフラになるのが常なんですが。

−−−

 夕食。

 海鮮とアボカドの温泉卵&海苔わさび醤油、鶏肝煮、野菜サラダ、鶏肉のトマト煮込み、酢キャベツ&ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、白菜の昆布漬け。デザートにいちごヨーグルト。

 

1月7日(火曜) 夜

 年末年始の休みが終わって、久しぶりの平常運転生活。

 休みが続くと、ジョギングにがんばったり、酒を飲みすぎたりで、疲れがたまっていく感覚があったのですが、やはり何事も平常運転がいいようです。

 トレーニングの効果はあまり自覚できない感じではあるんですが、いつも使っているGARMIN(速度やピッチ、ルートなどを表示・記録できるGPSウオッチ)に出てくるVO2MAX(最大酸素摂取量 )が高くなっていたので、それなりに効果はあるのかもしれません。

去年まで59だった数値が64になってました。

 ただ、ちょっとでもがんばりすぎると、途端に足のあちこちが痛くなってしまうのが困りものです。とにかく筋肉の貧弱さを痛感させられます。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、野菜サラダ、ポテトサラダ&酢キャベツ、ひじき煮、小松菜とお揚げのお汁、黒豆煮&クリームチーズ、鶏肉のトマト煮込み、温泉卵、鶏肝煮。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

1月6日(月曜) 夜

 年明けの週末のようすです。

お正月の料理は手抜きまっしぐら。実家でもらってきた棒鱈に、黒豆煮をクリームチーズにあわせて、鶏そぼろご飯で白ワイン(冷やし忘れていたのでオンザロックにて。笑)。
 
近所のイタリアン「トレヴァッリ」にて、牡蠣のフリット、季節野菜のピクルスその他で白ワイン1本。
 
近所でよく分からない自損事故が。もともと取れかけのバンパーをガムテープでつないで走行しているという浮世離れしたクルマだったようですが、歩道にぶつかってとうとう廃車になったみたいです。うーん、恐るべし……。
 
近所の「ロカヴォ」にて、ハンバーグ&エビフライのプレートと、この店の美味しいポタージュスープとで、赤ワイン1本。

 今年の年末年始は、来月のマラソン大会に向けて今までで一番よく走って、走っては酒飲んで……の一週間だった印象です。トレーニング量はネットや書籍で自分なりに調べて、「故障しない程度に追い込む」べく緩急をつけてメニューを組んでみました。年末年始の9日間で下記の通りです。

 今のところ効果は今ひとつ感じられませんが(笑)、自己満足もよしということにしたいと思います。

 運動するとアルコールの健康への悪影響が低減する一方、運動してアルコールを飲むと筋肉が付く効果も低減するというような話を聞いたこともあるんですが、まァそれはそれとして。どうりで、ちっとも筋肉が付かないわけだ。

 

1月3日(金曜) 夜

 あけましておめでとうございました。

 年始のようすです。

自分へのクリスマスプレゼントとしてあらかじめ購入していた新しいランニングシューズをおろしました。
 
元日は夕刻から実家に帰って、おせち料理その他で白ワインと日本酒。棒鱈もカズノコも食べるのって正月だけですねえ。
 
実家に一泊して、翌朝の雑煮。京都なので白みそベースです。
 
そのまま四条河原町に出て、初売りセールを巡ってきました。シップスと高島屋にて、カーディガン、シャツ、靴下、ランニング帽子をゲット。
 
バーゲン巡りで疲れたので、ひさご寿司にて〆鯖その他で日本酒。ちゃんとした寿司屋の〆鯖は本当に旨いです。
  
3日は近所の御香宮にて初詣。…といっても、長蛇の列にならぶ気にはならず、ただ通り抜けただけですが。
     
御香宮のたき火。近くにダウンジャケットを着てる人がいると、「火の粉が飛んで来たら穴開くで!!」と他人事ながら心中ハラハラしてしまいます。
  
昼食は中華料理「aa」にてレバニラ餃子定食。
   
夕食は超手抜きで、スーパーで買ったカンタンうどんなど。  

 …と、どうということなく過ごしております。本年度どうぞよろしくお願いいたします。


2019年1月〜2019年12月のプチ日記

Otearai Webの表紙へ