便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


5月27日(金曜) 夜

 通勤途中、2〜3ミリ程の小さな蛾みたいな虫がシャツにとまったので手で払いのけたところ、そのまま虫がグチャッと潰れて、シャツに黒々としたシミが残ってしまいました。

 こちらとしては、虫様には穏やかにお引き取りいただきたかっただけなのですが、判断を誤ってしまいました。

 虫様のほうも、ただ気が向いてとまっただけなのに、いきなり押しつぶされては不運としか言いようがありません。

 「ウィン・ウィン」の反対で、どちらも損をする「ルーズ・ルーズ」でしょうか。まァ、人生こういうことはよくある気もします。

 ひとまず今後は、虫が服にとまったときは、手で払わずに吹き飛ばすようにします。

−−−

 夕食。

 牛しゃぶ・かいわれポン酢、ポテトサラダ&野菜&チーチク、たたきキュウリの塩昆布ごま油和え、鶏肉の照り煮、小松菜とお揚げの味噌汁、黒ごま豆腐、鰆の魚卵煮、モヤシのカレー胡麻和え。デザートにチーズケーキ。

 

5月26日(木曜) 夜

 本日のトイレです。

 ジェンダー問題がいろいろ気を遣うことになっている昨今ですが、こういった表記も自粛されるようになってくるんでしょうかねえ。

 性別は表記せず、「作業員が清掃してます」とだけ掲示される。

 だったら旧来の通り「清掃中です」とだけ書けばいい話ではありますが。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、ポテトサラダ&野菜、鰆の魚卵煮、冷奴、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、、鶏の旨煮&付け合わせのニラ、モロキュウ。

 

5月25日(水曜) 夜

 職場の同僚の皆さんから、「究極の日本酒グラス」なるものをいただきました。

 担当していたささやかな役職を今春から同僚にバトンタッチしたので、それに伴っての「今までお疲れさま」的な品とのことで。お気遣いありがとうございます。

 で、さっそく開封させていただいたところ、薄い張りのグラスが2つ入っていて、それぞれ形が微妙に異なっています。

 なんだろうと思って説明書を見てみると、

 上部が閉じている形の「蕾」は香りや味を包み込むタイプで純米酒などに適している一方、上部が開いている形の「花」は香りや味が広がるタイプで大吟醸などに適しているようです。

 馬鹿舌の自分にどれだけ違いが分かるかは不明ですが、ひとまずちょっといい日本酒をそれぞれのグラスに注いで、香りや風味の違いを感じられるかどうか試してみたいと思います。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、ごま豆腐、小松菜とお揚げのお汁、鶏の旨煮&ニラの付け合わせ、鰆の魚卵煮、水菜のカレー胡麻和え、チンゲン菜の辛し和え。デザートにミックスベリーヨーグルト。

 

5月24日(火曜) 夜

 iPhoneのカメラ機能にも慣れてきて、片手だけでそれなりにサっと撮れるようになってきました。

 右手に持っている場合ですが、

 …という流れです(計約2秒)。

 これでもコンデジの起動0.5秒→即シャッター! に比べるとしんきくさいのですが、おかげでつい何でもパシャパシャ撮ってしまう癖が復活してしまいまして。

 本日は夕陽がキレイでしたので、こんな具合です。

松本酒造&まことに雲らしい雲。
 
三栖閘門。
 
アカツメクサと猫じゃらし的な草。
 
澱川橋梁&近鉄電車。この橋にはやっぱり鈍行の古びた車両が似合う気がします。
 
忘れ物? の帽子。

−−−

 夕食。


 ブリの煮付け、ホタルイカと水菜の辛子酢味噌、ポテトサラダ&野菜、春キャベツの胡麻和え、小松菜とお揚げの味噌汁、チンゲン菜とニラの辛し和え、鰆の魚卵煮、厚揚げのおかかポン酢。デザートにカステラケーキ。

 

5月23日(月曜) 夜

 週末のようすです。

職場に弁当を持参して昼食。下に白ご飯が敷いてあり、おかずの汁気が微妙に染みこんでいるのが旨いです(笑)。
 
夕食はイタリア食堂「Necco」にて、鯛とトマトのカルパッチョその他で白ワイン1本。
 
とても立派なホタルイカと野菜、柑橘、からすみのサラダ!
 
スーパーの割子うどんにサラダ、握り寿司。
 
いつもの宇治川ジョギング10km。
 
アカツメクサに、猫じゃらし的な草の数々。
 
ボランティアの皆さんが拾って下さった河川敷のゴミの数々。タイヤとか便座とかまで捨てるか!? 
 
バーミヤンで夕食。冷やし中華、トマトサラダ、北京ダックその他で紹興酒1本。
 
スーパーのぶっかけうどんにカツ丼、バナナ。  

−−−

 夕食。

 イワシの山椒煮、ポテトサラダ&野菜、春キャベツのハニーマスタード、小松菜とお揚げのお汁、ごま豆腐、チンゲン菜とニラの辛し和え、ホタルイカと水菜の辛子酢味噌。デザートにチーズモンブラン。

 

5月20日(金曜) 夜

 職場の健康診断がありました。

 「三密防止と時間効率化の観点から、検尿は事前に自身で採取のうえ受付に提出してください」とアナウンスされていたので、ぼくもそれに従って受付を済ませたわけですが、自分のひとつ後ろに並んでいた人はそのアナウンスを知らなかったようで、「えっ、検尿の提出って何ですか??」と受付に尋ねておられまして。

 すると受付スタッフさん、受け取ったばかりでちょうど手にしていたぼくの検尿を掲げながら、「これです、これ!!」と説明されまして(笑)。

 自分のおしっこがみんなの注目を浴びる日が来るとは思っていませんでした。妙に濃かったりしたら余計に恥ずかしいところ、そうでなかったのはヨカッタ(そういう問題ではないですが)。

−−−

本日の三食。

朝食は毎朝同じような感じなので、使いまわしの写真です。
 焼きいも、ゆで卵、6Pチーズ、バナナ。
 
昼食は社員食堂にて定食。
 白ご飯、春雨サラダ、バナナ、コンソメスープ、アジフライ&付け合わせ、紅ショウガ。
 
夕食はいつもの自宅メシ。
 鰆の煮付け、ポテトサラダ&野菜、 鶏肉と白菜とキノコの煮もの、焼きシイタケのおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、、もやしのカレー和え、モロキュウ。デザートにピーチヨーグルト。

 

5月19日(木曜) 夜

 近所の河川敷に散らばっているゴミを、日々拾ってくださっている人がいらっしゃいまして。

 いつもジョギングしている身としては、行政も清掃してくれないゴミをこうやって美化していただいてありがたい限りです。

 拾ったゴミは袋に入れてまとめ、その日に持ち帰れるだけ持ち帰ってらっしゃる模様です。1回で持ちきれない分は一旦置いて、後日また持ち帰っておられる様子で。

 すると、一旦置かれたそのゴミ袋を、別人が善意で持ち帰るという「ゴミつながり」が出てきているようです。↓

  捨てる神あれば拾う神あり、という表現は意味が全然違いますが、世のなか捨てたものじゃないなと思った一件です。

−−− 

本日の三食。

朝食は毎朝同じような感じなので、使いまわしの写真です。
 焼きいも、ゆで卵、6Pチーズ、バナナ。
 
昼食は社員食堂にて定食。
 白ご飯、ゼリー、高菜と筍のラーメン、菜っ葉の中華和え、揚げ餃子、ふりかけ。
 
夕食はいつもの自宅メシ。
 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、モロキュウ、なめことお揚げの赤だし、白菜の昆布漬け、、玉子豆腐、鶏肉とニラの炊き合わせ。 

 

5月18日(水曜) 夜

 住宅街の真ん中に突然、洗濯機が鎮座していてちょっと驚きました。

 なかなかにシュールな光景です。

 なにかと思ってしばらく見ていたところ、家電店の店員さんがやってきて新品と交換して行かれました。なるほど、そういうことでしたか。

−−−

 本日の三食。

朝食は毎朝同じような感じなので、使いまわしの写真です。
 焼きいも、ゆで卵、6Pチーズ、バナナ。
 
昼食は社員食堂にて定食。
 かつ丼、フルーツヨーグルト、味噌汁、ほうれん草としめじのお浸し、桜大根漬け。
 
いつもの自宅夕食。。
 鮭とキノコのホイル焼き、ポテトサラダ&野菜、水菜の胡麻和え、小松菜とお揚げのお汁、もずく酢、ニラと納豆の巣ごもり。 

 

5月17日(火曜) 夜

 栄養学には多少興味があって、自分なりにバランスを考えて食事しているつもりなのですが。

 いかんせんシロウトの独学であるだけに、実際のところどうなんかなーという疑問も持っていました。

 そんな折、「尿検査によって日常の栄養バランスを判定する」という会社があると知って、ちょうど今キャンペーンで定価九千円ほどの値段が七千円程度で受けられるというので、興味半分でサービスを利用してみることにしました。

 申し込むと、こんなパッケージが郵送されれてきます。↓

 で、採尿した容器を送付するとともに、直近数日間の食事内容をメールフォームから送信することによって、尿検査による栄養バランスのプロフィールと、食事内容による栄養士からのアドバイスが届けられるという仕組みです。

 そんなわけで、自分のための備忘録でスミマセンが、今日から数日間、1日3食すべての記録をこちらの日記にアップすることにします。

 本日。

朝食は毎日コレです。毎朝同じような写真を撮るのも面倒なので、同一画像を使いまわすことにいたします。
 焼きいも、ゆで卵、6Pチーズ、バナナ。
 
昼食は社員食堂にて定食。
 白ご飯、なめこの赤だし、ブロッコリーとニンジンのお浸し、大学いも、鰆の西京焼きと茄子、スナップエンドウ、出汁巻き。
 
いつもの自宅メシです。
 金目鯛の開き、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とニラの炊き合わせ、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、冷奴、ほうれん草の胡麻和え、ホタルイカと水菜のからし酢味噌。デザートにりんご。 

 

5月16日(月曜) 夜

 週末のようすです。

「花吹雪」にて前菜盛り合わせその他で白ワイン1本。ハッピー豆という枝豆、風味が濃厚で旨かったです。
 
美しく旨いお刺身で白ワインが進みます。
 
翌日はMOVIX京都にて、『シン・ウルトラマン』観てきました。ストーリーの後半はエヴァンゲリオンのようでしたが面白かった!
 
映画を観た後、川端四条の「キエフ」にてコース料理で、ウォッカ1杯と白ワイン。ピロシキ旨いです。
 
ロシア語とウクライナ語って、全然違うんですね。知らなかった。
 
ビーツを使った本格ボルシチ。ちなみに尾籠な話ですが、「ビーツテスト」という健康チェックほうがあるらしく。ビーツを食べてから、何日後に赤いウンチが出るかによって、排便サイクルの速度を見るそうです(翌日に出るのが最も健康的)。
 
成城石井の割引でかったサラダとタイカレー。
 
いつもの宇治川ジョギング12km。
 
短い近鉄特急。ちょっと滑稽ですが、乗客が少ないから仕方ないんでしょうね。
  
河川敷の雑草が「散髪」されました。花もすべて刈り取られたのはちょっと残念。

−−−

 夕食。

 メバルの煮付け、ポテトサラダ&野菜、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、鶏肉と白菜のスープ、ほうれん草の胡麻和え、ホタルイカと水菜の辛子酢味噌。デザートにイチゴ。

 

5月13日(金曜) 夜

 半年くらい前から、右肩だけが凝りやすいというか、PC作業などをすると凝ったようなダルい痛みを感じるようになりました。

 なんなのだろうと思いつつも、生活に影響するような強い痛みでもないし、ずっと痛いわけでもないので、とくに受診等するわけでもなく様子をみています。

 強いて原因を考えてみると、10年以上前に右の鎖骨を骨折した後遺症かな? というのがまず思い当たるのですが、しかし10年以上とくにこういった症状に悩まされることもなかったので、どうして今になって凝りのような痛みが急に出るようになったのか謎ではありました。

 そんな折、自分と同じように「少し前から、片方の肩にだけ凝ったような痛みが出るようになってきた」と言っている知人が周りに2名見つかり、皆の共通項としては「新型コロナワクチンを打ったほうの肩にだけ、同じような凝りと痛みが出ている」点がありまして。

 新型コロナワクチンって筋肉注射でしたし、(可能性は低いかもしれませんが)もしかするとワクチンによる遅延性の副反応なのだろうか……と思った次第です。

 たとえそうであっても、当方は反ワクチン派でもなんでもないので、そうかーくらいの感慨なのですが、実際のところどうなんでしょうかねえ。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜、ピーマンの胡麻和え、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げの味噌汁、レバニラの玉子とじ、わさび冷奴、焼きシイタケのおかかポン酢。

 

5月12日(木曜) 夜

 昨今の不安定な世界情勢を鑑みて、不要不急の買いだめを少々してしまいました。

 今回は自転車の部品「リムテープ」です。

 サイクリングをしない人には「なんじゃそりゃ?」かもしれませんが、これ、ロードバイクのチューブ&タイヤを交換するときには結構マストアイテムでして(当方も自分で自転車のメンテナンスをするまで、こんなシロモノの存在は全く知りませんでした)。

 リム(ホイール)にタイヤをはめたうえで、その間にチューブを入れ、タイヤをしっかりセットしてから空気を入れていくわけですが(クリンチャータイプの場合です)、リムの凹凸によってチューブがパンクする可能性があるので、あらかじめリムに「リムテープ」を巻いて表面を滑らかにしておくわけです。実際、リムテープが劣化していたせいで何度もパンクした経験があります。

 あとは念のため、ハンドルのグリップと、サドルの予備も買ってあります。趣味のサイクリングはめっきりしなくなりましたが、日々の通勤には自転車を結構使ってるもので。

 

 オンデマンド時代とは言われますが、日々使う物品については手元にストックがあると安心です。

−−−

 夕食。

 イサギの煮付け、ポテトサラダ&野菜、冷奴、小松菜とお揚げのお汁、大根菜の胡麻和え、ピーマンのおかかポン酢、鶏肉と白菜とキノコの煮もの。デザートにミックスベリーヨーグルト。

 

5月11日(水曜) 夜

 電車の座席で、これをされると今でもかなりムッとしてしまうやつです。

 分かりにくい図ですみません。

 まず、青文字の座席に当方が座っているとします。そこに、後から乗ってきた客が、当方の前の座席を勝手に倒して、自身の座席を2人席にして座ってしまうのです。その結果、もともと2人席だった当方の座席は、後から乗ってきた客によって4人席となってしまい、「こんなはずじゃなかった!!」となるわけです。

 4人席だと向かい側の乗客に気を遣うから、あえて2人席を選んだのに、後から乗ってきた客がこちらに何のことわりもなく一方的にそれを変えてしまう自己中心的な行動に腹が立つと言いましょうか。

 かといって、「勝手に動かさないでくださいよ!」なんて文句言うのも大人げない気がして、納得いかないながらも黙ってやり過ごしていますが……。自分はこういう行動をとらないようにしています。

−−−

 夕食。

  塩ほっけ焼き、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草のおかかポン酢、大根菜の胡麻和え、小松菜とお揚げのお汁、牛肉と玉ねぎの炒め煮、わさび風味冷奴、うまい菜と醤油豆の辛子酢味噌。デザートにヨーグルト。

 

5月10日(火曜) 夜

 シールが劣化して、デスメタルかホラー映画みたいなフォントになっている看板が割と好きです。

 これなどは、恐ろし気な感じがまだ足りませんが、それでもちょっとコワい増毛という雰囲気が出てきつつあるのではないでしょうか。

 ちなみにこういう「結んで増やす」増毛って、「残り少ない自毛の根元に、人工毛を何本か結わえる」ことをひたすら繰り返すやつだと思うのですが、当方クラスになると、その残り少ない自毛そのものが皆無に近いので、内心「結べる自毛があるうちはいいよなー!!」と毒づいてしまいます(笑)。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、にんにく風味の冷奴、大根菜の胡麻和え、小松菜とお揚げのお汁、ホタルイカ&うまい菜のからし酢味噌、ほうれん草のオキアミポン酢和え、新玉ねぎのソテー。デザートにチーズタルト。

 

5月9日(月曜) 夜

 週末のようすです。

久しぶりにお邪魔した「うさぎのだいどころ」にて、山菜の天ぷらその他で、日本酒&トマトチューハイ&焼酎ロック。
 
翌日、飛行機雲と松本酒造。
 
こちらも久しぶりの「玄太」にて、そば前でニシンの煮付け、鯖寿司その他、ざる蕎麦は大盛りで日本酒2合。山形の地酒「三百年の掟やぶり」が芳醇かつスッキリしていて旨かったです。
 
帰宅してテキトーなぶっかけご飯で赤ワイン飲みながら、アマゾンミュージックで一人カラオケ。近所迷惑にならないよう窓は閉め切って。
 
翌日はスーパーの幕の内弁当とカップラーメン。
 
いつもの宇治川ジョギング10km。川べりの雑草も季節の移ろいが感じられて楽しいです。今回はこんなニューフェイスが登場していました。
<追記>その後、読んだ方から教えていただいたのですが、これは「イタチハギ」という植物のようです。
 
これはアザミ。知っている花を見ると少しホッとしますね。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草と納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げの味噌汁、大根菜の胡麻和え、ホタルイカ&うまい菜のからし酢味噌、レバニラ炒め。デザートにレアチーズケーキ。

 

5月6日(金曜) 夜

 トイレの貼り紙をひとつふたつ。

「ありがとうございます」「差し支えなければ」という過度な丁寧さは少々気になりますが、悪い気はしないので、できるだけ滴をこぼさないよう改めて注意しました。
 
トイレでモノを洗う人もいるんですねえ。ええと、この場合の「モノ」は、通常の意味での「物」という理解でいいんですよね? それとも……(笑) 

−−−

 夕食。

 サツマイモと野菜のサラダ、ニラと納豆の巣ごもり、もずく酢、カイワレのしじみ味噌汁、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え、牛肉と玉ねぎの炒め煮。デザートにチーズタルト。

 

5月5日(木曜) 夜

 連休も本日で終了ですね。

皿うどんで白ワイン。
 
香川・金刀比羅みやげに買って帰った「しょうゆ豆」で白ワインの続き。
 
アマプラで適当に選んだ映画を鑑賞。
 
いつものジョギング10km。今回の連休も基本的には「旅行+飲み食い+ランニング+アマプラ」で過ぎ去っていきそうです。
 
近鉄のプレミアム特急「しまかぜ」を見かけました。いつか乗りたい気もしますが、旅行に使うには時間が合わないんですよねえ。ま、人気のない時間帯だからこそ、こういう特急で客を増やそうという狙いなのかもしれませんが。
 
なんとなくFUZEI写真。

−−−

 夕食。メニューもだんだん平常運転になってきました。

 イワシの一夜干し焼き、サツマイモ&野菜サラダ、鶏肉とズッキーニのトマト煮込み、カイワレとワカメのしじみ味噌汁、ほうれん草の胡麻和え、白菜の昆布漬け、ニラと納豆の巣ごもり。デザートにワッフル。

 

5月4日(水曜) 昼

 連休後半は、職場のランニング仲間K氏と醍醐山をトレランしてきました。

まずは大岩山の展望台にて。左が当方、右がK氏です。
 
醍醐寺から上醍醐の参道を登り、標高450メートルの開山堂に到着。
 
途中で体力が続かず後半は結構歩いてしまったものの、晴天に恵まれ楽しいランでした。
 
下山後はいつも通り、王将にて打ち上げ。餃子とレバニラその他で、ビール、白ワイン、赤ワインと重ねてすっかりできあがって終了。
 
打ち上げの後、上機嫌で帰る道すがら撮ったFUZEI写真。酔っぱらうと写真のレベルも一層下がりますねえ。
 
連休進行なので家の食事も手抜き進行です。スーパーのうどん、サラダ、サバ寿司、ほうれん草の胡麻和え、インスタント味噌汁に小松菜を加えました。

 

5月2日(月曜) 夜

 金刀比羅の旅行2日目のようすです。

旅館の朝ごはん。白ご飯に合うおかずばかりで、2杯おかわりしてしまいました。
 
さて2日目は、大雨だった昨日とは打って変わっての晴天です。やったー! 気分もさらに上がります。
 
天候が良くなったため、金刀比羅宮にリベンジでもう一度登りました。昨日は大雨で何も見えず幻想的だった御本宮の幻想的も、ご覧のとおり絶景です。大雨と快晴では全く別の場所に来たみたいで、二度楽しむことができました(笑)。
 
金刀比羅宮を後にして、琴平駅から丸亀駅に移動して、昼食に「麺処・綿谷」にてスペシャルぶっかけうどん+缶ビール。これだけ盛りだくさんでお値段530円、お味もうどんはツルツルで滑らかなのにしっかりコシがあり、具材も惜しげなく贅沢盛りで、スペシャルに旨かったです。
 
お店のすぐ近くには小麦工場と思しき会社が。どうりで新鮮な小麦粉が手に入るわけですな。
 
少し歩くと丸亀港に到着。泊まっている船舶も風情があります。なにより晴れてますからね。
  
白ポストってまだあるんやー。
 
お次は丸亀城を訪れました。石垣の美しさが素晴らしいです。
 
天守からの眺め。このあたりには、ひょっこりひょうたん島みたいなというか、マンガみたいなというか、日本昔話に出てきそうというか、そんな形状の山が多いですな。
    
丸亀でのフィナーレは、MIMOCA(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)にて絵画鑑賞としゃれこみました。
 
猪熊弦一郎センセイのとてもチャーミングで素敵な作品の数々を楽しませていただきました。
 
美術館のオサレ場所にてバンザーイ! Tシャツのお腹が出ました。
 
……というわけで、楽しい旅ほどアッという間に過ぎて、帰りの特急「南風」車内にて軽く夕食&ワイン。
 
車窓から見える夕刻の瀬戸内海が美しゅうございました。

 

5月1日(日曜) 夜

 GW前半を利用して、香川県の琴平(金刀比羅)を旅行してきました。

 初日のようすです。

京都から岡山駅まで新幹線に乗り、そこから特急「南風」に乗り換えて、瀬戸大橋を渡って香川県の琴平駅に到着。
 
琴平駅にて。あいにくの雨天ですが、旅先に到着すると気分が上がります。
 
通りすがりのうどん屋「虎屋」にて、琴平うどん。天ぷらぶっかけで900円と観光地価格感はありましたが、コシがある割に柔らかくて、まァ旨かったです、で、日本酒1合。
 
金刀比羅山の参道を登って金刀比羅宮をお参りしてきました。
 
階段785段を登って御本宮に到着。しかし雨天でガスっているので、視界は悪いです。……いや、悪いんじゃなくて幻想的なんだと自分に言い聞かせます。
 
さらに奥社を目指して階段を登ります。
 
階段1368段を登って奥社に到着。土砂降りですわ(笑)。
 
頂上からの眺望は、幻想的を通り越して、もはや純白! いやー、本当に美しい!! 来てヨカッタ〜♪(悲)
 
途中にはお馬さんもいました。ええと一応薄くモザイクをかけてますが、馬のチ〇コって本当に大きいんですねえ。つい見入ってしまいました。
   
ついでに立ち寄った海洋博物館。ボトルシップやら航海用ロープやらが並べられてましたが、予想をさらに上回るショボさで大満足。
 
旅館での夕食で白ワイン1本。瀬戸内に面しているだけあって魚が旨いですね。
 
夕食後、酔っ払いながら夜の琴平を散策。温泉街だけあって、ちょっと妖しい歓楽街っぽい一角にはソープランドもありました(入ってませんので念のため。笑)。

 

4月28日(木曜) 夜

 明日から一週間ほどGWでお休みです。

 連休となると、ついチートデイになりがちで、本日も夕食のお供に白ワイン1本飲んだので、晩ご飯の写真のみにて失礼します。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜&にぬき、キムチとニラの冷奴、鶏手羽元とズッキーニのトマト煮込み、焼きピーマンのおかかポン酢、モロキュウ。で、白ワイン1本。デザートにヨーグルト。

 明日から、四国を少し旅行してきます。うどん食べまくるぞー!!

 

4月27日(水曜) 夜

 本日の大量発生です。

 これ虫だったらエラい気持ち悪そうなところですが、幸いなことに木から降ってきたもののようでした。……が、大量に発生したものって本能的にちょっと気持ち悪く感じてしまいます。

 アイドルなんかにしても、同じような見た目の人が何万人も一箇所に集まっていたらちょっと気持ち悪い気がするんですが、どうでしょう。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、牛肉と新玉ねぎの炒め、ほうれん草の海苔ポン酢和え、小松菜とお揚げのお汁、うまい菜のからし酢味噌、もやしとニラのカレー胡麻和え。デザートにプリン。

 

4月26日(火曜) 夜

 無印良品にて、靴下とズボンを購入しました。

 心の底からどうということのない靴下とズボンです。お値段も、靴下が250円で、ズボンが2990円とリーズナブルで。

 個人的に、カッターシャツはそれなりのメーカー品をそれなりの値段出して買うほうが、パリッとしていて飽きずに着れるような気がしているんですが、普段履きのズボンに関しては、ブランドものの1万円以上するようなチノパンツを買ったところであんまり変わらないというか、せっかく高い品をかったのだからと何年も履き続けているとヘタってきてむしろ貧乏くさくなるように思います。

 なのでそれよりも、安いメーカーのズボンを小まめに新調するほうがいいんじゃないかなーと。ま、こんなこと人それぞれ好きにすればいいんですが(笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元とズッキーニのトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、うまい菜のからし酢味噌、ほうれん草のオキアミポン酢、もやしとニラのカレー胡麻和え。デザートにカステラケーキ。

 

4月25日(月曜) 夜

 週末のようすです。

久しぶりに「かに道楽」にて夕食。
 
一番安いコースで、白ワイン1本と焼酎1杯。カニのお刺身はとても甘くて、甘エビのように美味しい! ……と思ったんですが、よく考えたら甘エビのほうが安いですね。
  そういえば以前、バラエティ番組で高級ハチミツを試食したリポーターが、「わーシロップみたい!!」と言ってたのを思い出しました。
 
翌日は先斗町の「有喜屋」本店にて、天ざる大盛りで樽酒1合。
 
四条川端のロシア料理「キエフ」、もしや店名が「キーウ」になってたり!? と思いましたが、以前のままでした。
 ここのボルシチで氷点下のウォッカをキュッとやるのも好きです。
 
よしもと祇園花月を観てきました。前半の漫才はダブルヒガシ、デルマパンゲ、藤崎マーケット、おいでやすこが、COWCOW、西川のりお・上方よしお。後半は新喜劇でした。
 
吉本を見終わった帰りに、京都駅地下のKYKにてとんかつ御膳で赤ワインハーフ1本。たまに食べるトンカツはうまいのう。
 
翌日はチキンラーメンとスーパーの安寿司。
 
大岩山ジョギング10km。
 
春のFUZEI写真。

−−−

 夕食。

 いわしの梅煮、ポテトサラダ&野菜(ブロッコリーが高かったのでモヤシになってます)、ホタルイカ&うまい菜のからし酢味噌、キムチとニラの冷奴、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、焼肉。デザートにカステラケーキ。

 

4月22日(金曜) 夜

 本日のおそらく残念な個人的ニュースです。

 風情があってチョット好きだった旅館「月見館」にとうとう足場のみならず、ネットまで張られてしまいました。

 おそらく外観を見られる機会はもうなさそうです。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、しいたけのマヨネーズ焼き、小松菜とお揚げの味噌汁、冷奴、もやしのカレーごま和え、納豆とネギの巣ごもり、もずく酢。デザートにミックスベリーヨーグルト。

 

4月21日(木曜) 夜

 本日のお寺です。

 「ようこそ〜」と歓迎されると同時に、「駐車料500円」の現実を突きつけられるのがナイスです。

 まァ、お寺も慈善事業ではないでしょうから、当然と言えば当然のことですね。

−−−

 夕食。

 赤魚の塩焼き、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、もやしのカレーごま和え、ネギと納豆の巣ごもり。デザートにヨーグルト&メイプルシロップ。

 

4月20日(水曜) 夜

 道端に酸模(すかんぽ)を見かけるようになってきました。

 小学生の頃は友だちと下校時などに、茎をかじっては「すっぱーっ!!」と言って騒いでいたものです。今となっては、決して美味しいわけではないこんなモノをよく食べていたものだと思いますが(あく抜きすれば料理に使えるみたいです)、それ以外にも、オシロイバナから白い粉を出して顔に塗りたくったり、真っ赤なヤマゴボウの実を潰して血糊みたいに塗りたくったりと、まったくロクなことをしてなかったなーと思います。

 当時の下校時は野草か昆虫くらいしか遊ぶものがなかったからですが、今の子どもたちも同じようなことしてるんでしょうかねえ。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とキノコの煮物、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のおかかポン酢、たたきキュウリの塩昆布和え。デザートにプリン。

 

4月19日(火曜) 夜

 ずいぶん立派な文旦ですなー! 美味しそう!!

 …と思って近づいてみたら、ボールだったの本日です。

 食い意地が張っているんでしょうかねえ。我ながらさもしくて情けないです(笑)。

−−−

 夕食。

 ホッケの塩焼き、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元とズッキーニのトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、京ラフランのからし酢味噌、ほうれん草の胡麻和え、鮭茶漬け冷奴。デザートにアーモンドヨーグルト。

 

4月18日(月曜) 夜

 週末のようすです。

中華料理「バーミヤン」にて、餃子に焼売、サバ竜田揚げ、菜葉炒飯その他で、紹興酒デキャンタ1本と白ワインデキャンタ1本。
 
翌日は伏見桃山城の界隈をジョギング8km。雲ひとつない快晴でした。
 
近鉄電車の新型車両?(銀色のほう) 顔面の人相が戦隊ヒーローっぽいです。
 
蕎麦「京乃四季」にて、冷やおろし蕎麦定食(1300円)。
 
交通事故の現場に遭遇しました。自動車と原付が交差点で衝突し、原付の運転者が自動車のフロントガラスにヘルメットから突っ込んで飛ばされて大腿骨を開放骨折したとのことです。
 交通事故に気を付けようと改めて思いました。
 
京都市下京区のイタリアン「鴨川倶楽部」にて、両親と会食しました。
 
コース料理はどれも上品で美味しゅうございました。3人で赤ワイン1本と白ワイン2本。
 
翌日の食事は一挙にグレードダウンして、安売り78円で買ったスーパーのラーメンに、198円の赤飯おこわ。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とキノコの煮物、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、ホタルイカ&京ラフランのからし酢味噌。デザートにいちご。

 

4月15日(金曜) 夜

昨日は夕食時に、鰆の煮付け他でワイン2本近くを飲んだため、日記を更新できませんでした。
 
本日は有休を取っていたので、醍醐寺までジョギングしてきました。 ちょうど桜が散り切ったところなので客もまばらでガランゴロンです。我ながら良いタイミングで来ました。
 
醍醐山のヤマツツジがきれいです。醍醐山の頂上(峠)は景観がいま一つなので、楽しみはヤマツツジくらいなもので(笑)。
 
桓武天皇稜から伏見桃山城〜大岩山〜醍醐寺〜醍醐山〜六地蔵というルートで合計24km、獲得標高708mなり。
 
久しぶりに長めの距離を走ったご褒美に普通のコカ・コーラ(500ml、78円)。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とキノコの煮物、小松菜とお揚げの味噌汁、キムチ冷奴、春キャベツのごま和え、モロキュウ。デザートにブルガリアヨーグルトのブルーベリー&メイプルシロップ。

 

4月13日(水曜) 夜

 花がいろいろ咲いていて気分がアップします。

八重桜が花盛りです。京都御所にて。
 
近づいて撮ってみるも、たいして「映え」る写真にもならずガッカリするの繰り返しです。
 
このたたずまいは日本タンポポでしょうか。近所の川べりにて。
 
本日の旅館「月見館」です。そろそろ見納め、でしょうか……。
 
散りきったタンポポもちらほらで諸行無常ですな。

−−−

 夕食。

 メバルの塩焼き(串を打ってないのでクルクルリンになってしまいました)、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とキノコとネギの煮物、小松菜とお揚げのお汁、うまい菜のからし酢味噌、チンゲン菜とほうれん草の胡麻和え、ニラと納豆の巣ごもり。デザートにブルガリアヨーグルト&メイプルシロップ。

 

4月12日(火曜) 夜

 40歳代になった頃から、自分でヒューボーン映画と呼んでいますが、なーんにも考えずに観れるアクション映画が一層好きになってきました。

 思い返せば、中高生の頃はそれこそ何も考えずに「アクションかっこいい!」という視点で大好きだったのですが、大学生くらいになると「そういうのってちょっとバカっぽくない?」「ヒーローだけ死なないのっておかしいし!」「軍隊で戦ってるのに最後は決まって一騎打ちになるのって変すぎでしょ!?」と批判的に見るようになって一旦遠ざかったのでした。それがオッサンになるに伴って、「いやいや何にも考えずスカッと観られるエンターテイメントは純粋に楽しいよ」「最後にお決まりの一騎打ちも盛り上がるためにはやっぱり必要だし」と思えてきたという次第です。

 こういうのって、イマい書き方だと次のような感じになるんでしょうか。

 …どうということのない事柄は、いくら書きかたを変えてみたところで、どうということありませんね。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚しゃぶ、小松菜とお揚げのお汁、うまい菜のごま和え、チンゲン菜とニラのからし合え、壬生菜冷奴。デザートにイチゴチョコケーキ。

 

4月11日(月曜) 夜

 散りゆく桜を惜しみながらの週末でした。

伏見・大手筋の「ドン・チッチョ」にて、魚介サラダとピザその他で、白ワイン1本と白ワインデキャンタ1本。手作り窯焼きピザ旨い!!
 
翌日は伏見桃山城(鉄筋コンクリート)のふもとに繰り出して、散りゆく桜吹雪の中、おそらく今シーズン最後のお花見。
 
成城石井の20%引きの蕎麦とお惣菜で、白ワイン1本と赤ワイン1本。昼間からよく飲みました〜。舞い落ちた桜花がワイングラスに入るのも風流です(実はちょっと「汚ないかも!?」と思いましたが。笑)。
 
ソメイヨシノは葉桜となりつつありますが、しだれ桜は今がちょうど満開でした。
 
スーパーの498円寿司と99円蕎麦。
 
いつものビブラム・ファイブフィンガーズで山科川ジョギング。タンポポその他いろいろ咲き揃って気分も上がります。
 
山科川にて。ちょうど花吹雪が自分のTシャツの手前に写ってます(so what?)。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、鶏肉ときのことネギのスープ、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のごま和え、ホタルイカとうまい菜のからし酢味噌。デザートにオレンジチョコムース。

 

4月8日(金曜) 夜

 桜も散る宴に差し掛かってきました。

ちょうど風流な花筏ですなーと、のんびり写真を撮っていましたところ、
   
もっと攻めの姿勢で撮影しまくっている人が対岸におられました。ここまでやる気力はないなァ。それとも、「押すなよ! 絶対に押すなよ!」でしょうか(笑)。
 
どんどん花の流量も増えてきて……。
 
花筏だまりみたいになっているところが出てきました。
 
ギャボーっ! 気持ち悪いよー。
 
気を取り直して、花吹雪のなか気分よくジョギングしました。花吹雪は写りませんなが。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、もずく酢、キムチ冷奴、小松菜とお揚げのお汁、焼きピーマンのおかかポン酢、鶏肉とキノコのバター煮込みチーズがけ、モロキュウ。デザートに焼きプリン。

 

4月7日(木曜) 夜

 スマホを買って以来、寝る前に布団の中でスマホでご近所のニュースを見るのがちょっとした楽しみとなっています。

 寝る前にスマホを見るのはよくない等と言われるのは知っていますが、まァ10分くらいならいいだろうという勝手な解釈です。

 それはさておき、ニュースでこんな記事を見かけて一瞬混乱しました。

 えっ!? 伏見の桜は今年の秋で最後??

 秋に伐採かなにかが計画されているのかと驚いたのですが、よく見たらこれ、単なる誤変換ですね。「今週」が「今秋」になっているという。

 ネットのニュースの誤字脱字の多さは折り紙付きの感すらあります。ま、タダで読ませてもらってるので仕方ないかとも思いますが。

−−−

 

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、からし菜のからし酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、鶏肉とキノコのバター煮込み、もろきゅう、キムチ冷奴。デザートにチョコレート。

 

4月6日(水曜) 夜

残った桜を求めて中書島の三栖閘門に。もうすでに花筏が流れはじめていました。
 
FUZEIあって好きだった観月橋付近の旅館「月見館」、コロナ禍でずっと閉館していたのですが、いよいよ足場が組まれて取り壊されそうな雰囲気……だとしたら残念です。改築だったらいんですけど無理かなァ。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、チンゲン菜の中華からし和え、小松菜とお揚げの味噌汁、シウマイ、うまい菜のごま和え、おぼろ冷奴。デザートにパルテノヨーグルト&メイプルシロップ。

 

4月5日(火曜) 夜

 本日の「真綿に針をつつむ」。

 『糞させないで! ネ』とチャーミングな字体で書かれていますが、よく見ると監視カメラのイラストが(笑)。

 ちなみに「含み針」は、口の中に含んだ針を飛ばして相手にダメージを与える忍術みたいなもののようですね。

−−−

 夕食。

 金目鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、うまい菜のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、からし菜のからし酢味噌、豚肉のねぎ塩レモン焼き。デザートにパルテノヨーグルト&メイプルシロップ。

 

4月4日(月曜) 夜

 桜ざんまいの週末でした。

まずは近所のお寺でライトアップされている夜桜からスタート。
  
スーパーで割引きの寿司と牡蠣弁当など買い込んで、伏見港公園にて夜桜花見、白ワイン1本。
 
翌日は残念ながら雨まじりの天候ながら、めげずに執念のお花見に出向きます。
 
伏見港付近の橋の下にマットを敷いて、ホタテ弁当で白ワイン1本。やはり桜を見ながら飲む酒は格別です。
 
スーパーの398円弁当と99円カップうどん。
 
菜の花と桜のコントラストがきれいです。新高瀬川にて。
 
桜満開の宇治川ジョギング13km。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、豆乳おぼろどうふ、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、青梗菜の海苔和え、ホタルイカとからし菜のからし酢味噌。デザートにイチゴ。

 

4月1日(金曜) 夜

 新しい年度が始まった職場に出勤しました。

 新入社員の皆さんが各部署にあいさつ回りしている姿を見たりで、久しぶりに新鮮な気分になりますねえ。

 ただ、出勤して最初に見かけたのはコレです。

 共用で使っているティファールの電気ケトルが故障したようで、「使用不可」になっていました。新年度のスタートは、お湯が使えない不便からのスタートです。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚肉とネギのオイスターソース炒め、小松菜とお揚げの味噌汁、ブリの子の煮付け、ニラと納豆の巣ごもり、わさびおぼろ豆腐。デザートにフィナンシェ。

 

3月31日(木曜) 夜

 WITTAMER(ヴィタメール)という有名なベルギー製チョコレートがあります。

 恥ずかしい話ですが、少し前までこのメーカーを「ウィッターマン」だと思っていました。

 で、今年度で退職する同僚がいるので、その餞別にいいかなと思ってググッてみたところ……

 え!? となって、さらに画面をスクロールしていくと、

 てなことになって、ようやく自分の思い違いを自覚したのでした。 それにしても我ながら、ウィッターマンって何や(笑)。

 そして、こんな勘違いをちゃんと判別して正答に導くグーグルもさすがです。同じような勘違いをしている人が意外とたくさんいらっしゃるのかもしれません。

−−−

 夕食。

  赤魚の塩焼き、ポテトサラダ&野菜&チーチク、ニラと納豆の巣ごもり、ほうれん草のおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、ブリの子の煮付け、豚肉とネギのオイスターソース炒め。デザートにイチゴプリン。

 

3月30日(水曜) 夜

 ひなまつりの時期になると毎年、うちの社員食堂でも「三色ゼリー」が出ます。

 なんでも京都市内の小学校では、この三色ゼリーが定番だったようで、京都市出身の面々はみな「懐かしいねー!」と言います。

 自分は京都出身ではありますが京都市の出身ではないので、この三色ゼリーが給食に出た経験がないのですが、近年はいろいろメンドウなので、周囲と一緒になって「うん、懐かしいね!」と同調しています。言っているうちに、本当に懐かしい気分にほんのりなってくるので不思議なものです(笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、キムチ冷奴、小松菜とお揚げのお汁、鶏肉とキノコのバタースープ、ほうれん草のおかかポン酢、ブリの子の煮付け、青梗菜と菜の花のからし和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月29日(火曜) 夜

 こちら京都も桜が満開を迎えつつあります。お花見したい!!

濠川沿いに植わっているソメイヨシノ。水面にも映っているのでお得感があります。スーパーの商品陳列の工夫と同じですね。
   
濠川の十石舟は後部にエンジンが付いていて風情を若干減じていますが、それがまたいいんだよ! と言えるようになりたいものです。
 
中書島の三栖閘門に入っていく十石舟は、なんとなく「そそくさ感」があってちょっと可笑しいです。

−−−

 夕食。

 真あじの刺身、ポテトサラダ&野菜、焼き厚揚げおかかポン酢、壬生菜漬け冷奴、小松菜とお揚げのお汁、ブリ子の煮付け、紅茶豚&青梗菜。デザートにチョコケーキ。

 

3月28日(月曜) 夜

  週末のようすです。

まん防が解除されてようやくお酒が出るようになった「ロカヴォ」に久しぶりに伺い、ハンバーグとエビフライのプレートセットでハートランドビール1本。
  
翌日は1年と3ヶ月ぶりにロードバイクにまたがってサイクリングしました。
 
サイクリングウェアのブランド「カペルミュール」主催のライド企画に参加する形で合流。御幸橋から木津川〜宇治をめぐるライドです。
 
昼食は宇治の「Chou-Cho」にて、イエローカレーセット(1300円)。可もなく不可もなくですが、混み合う週末に予約していただきスムーズに入店できたので感謝です。
 
つい撮ってしまう愛車写真。天ケ瀬ダムの手前のつり橋にて。
 
宇治川のほとり、平等院鳳凰堂の付近にて集合写真。平等院に入場するには600円かかるので皆さん断念。60万円の自転車はポンと買うのに600円の入場料は高いとケチるのは「ロードバイクあるある」ですね。
 
帰宅後の夕食は、少し前にツイッターで話題になっていたサイゼリヤにて。ミラノ風ドリア、エスカルゴのオーブン焼き、青豆とペコリーノチーズの温サラダ、バッファローモッツアレラのピザ、ムール貝のガーリック焼きその他で、赤ワイン1本と白ワイン1本。確かにそれなりに美味しくて安いですが、一皿のポーションが少ないので、結局そこそこお値段かかりますね。
 
いつもの宇治川ジョギング10km。菜の花が爆発的に咲いてきています。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、スナップエンドウの胡麻マヨ和え、ほうれん草のおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、牛ホソとニラのスープ、壬生菜漬け冷奴、ホタルイカと菜の花の酢味噌。デザートにいちご。

 

3月25日(金曜) 夜

 「つまらないダジャレを言われると、なんかイラッとする!」という人は多くいらっしゃるかと思います。

 ダジャレ自体にはそれほど悪意や害はないはずなのに、どうしてこうもイラッとするんだろうと自分なりに考えてみたところ……

 あくまで個人的見解ですので諸説あるかとは思いますが、似たような構図としては「知人がいきなり電話をかけてきて、くだらない愚痴話を延々と聞かされた」ような感覚と言いましょうか。

 したがって、自分の意思で「たまにはダジャレでも見てみたいなー」と思って検索して、「ダジャレ一覧」みたいなホームページにアクセスして読んでいる分には、おそらくイラッとしなさそうな気がします。そんなことを果たしてするのか? という疑問はさておきですが。

−−−

 夕食。

 甘塩鮭、ポテトサラダ&野菜、黒豆納豆とニラの巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、たたきキュウリの塩昆布和え、鶏肉とキノコのバタースープ。デザートにキウイフルーツ。

 

3月24日(木曜) 夜

 エントロピーの法則といえば、太陽光発電のパネルなんかも、周囲にすぐ草木が生えていますね。

 このまま放っておくと枝葉が生い茂って、発電効率がどんどん落ちてしまうことでしょう。茂った植物が光合成するほうが総合的には効率的なエコな気もしますが、それはさておきくとして。また、これらの草木を刈り取るためにエンジン式の草刈り機を使いまくっていたら、それってどうなんだろうという気がしますが、それもさておくとして。

 世の中の多くの人が、「クリーンな電気を安く使いたいけれど、太陽光パネルは俺んちの近隣には設置してくれるな!」とか思っているとしたら、けっきょく本質は同じなのかもしれません。

−−−

 夕食。

  イワシの一夜干し焼き、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草のジャコポン酢、小松菜とお揚げの味噌汁、ニラと納豆の巣ごもり、豚肉とレタスの炒めあんかけ。デザートにチョコロールケーキ。

 

3月23日(水曜) 夜

 私たちもこうして生きているだけで、熱力学の第二法則(エントロピーの法則)にしたがっています。

 自らの生命という「秩序」を維持するために、摂食と排泄を繰り返すなかで細胞を作ったり廃棄したりして身体組成を入れ替えることによって、「無秩序」に向かおうとするエントロピー増大の法則に抗っているわけです。それでもいつかは、血管や臓器が老朽化して機能不全を起こしたり、致死的なガンが発生したりしてエントロピーを捨てきれなくなって、個体の死を迎えるのでしょう。

 生命現象そのものが、秩序から無秩序に向かう摂理の中で、それを加速させる方向に生じた徒花のようなものとも言われます。

 とりわけ私たち人類は、化石燃料や原子力といった大きなエネルギーを使えるようになったおかげで、他の生き物とは比べものにならないくらいの速度で地球におけるエントロピー増大を推し進めている存在だと思うのですが、戦争はその最たるものかもしれませんね。

 巨大なエネルギーを使ってまだまだ使える建物やインフラを都市ごと壊して無秩序に変えていくばかりか、それよりなにより、いま存在している生命を片っ端から消滅させていくのですから。

 そして、どんなハイテク兵器であっても同じものを量産できますが、生命は各々ひとつ限りのものであるという非対称性は、当たり前のことながら常に念頭に置くべきだと改めて思う昨今です。

−−−

 夕食。

 

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、玉子豆腐、豚バラと小松菜のオイスターソース炒め、菜の花とお揚げの味噌汁、モロッコインゲンのごま和え、焼きピーマンのおかかポン酢。デザートにチーズケーキ。

 

3月22日(火曜) 夜

 連休のようすです。

最近すっかり気に入って足を運んでいる伏見のイタリアン「ネッコ」にて、鶏レバーのクロスティーニ、ぐじのウロコ焼きその他で、ロゼワイン1本。
     
翌日は伊勢丹と高島屋にて買い物。こんなしわくちゃの服が流行してるんですかー。自分などが着たら瞬時にして浮浪者みたいになる自信があります。
 
京都駅地下のレストラン街「スタンドヒモ子」にて、トロ鯖焼きの定食で日本酒2杯。 ここの魚の干物は仕入れがいいんでしょうか、かなり美味しいです。あと而今の吟醸酒、香り高くて旨いですねえー。
 
自宅にて気抜けごはん+赤ワイン。レンチンご飯にチリメン山椒を混ぜれば、これだけでメインの1品です。
 
赤ワインでカヌレをいただきました。
    
いつもの大岩山ジョギング9km。
 
成城石井のお惣菜(30%引き)で赤ワイン続き飲みながら、アマプラやら録画していた番組やら見ていたら過ぎ去った連休でした。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、鶏肉とキノコのスープ、もずく酢、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、ほうれん草のジャコポン酢、ホタルイカと菜の花の辛子酢味噌。デザートにチーズケーキ。

 

3月18日(金曜) 夜

 その時その時に流行する言い回しというのがあるかと思います。

 料理の味についてであれば、「これ絶対美味しいやつじゃん!」的な言い回しが急に広まったかと思います。

 それと同じような感じで最近気になるのが、「感動しかありません!」みたいな言い回しです。

 まァ、その気持ちや感情を強調したいんだろうなとは分かります。ただ、「〇〇しかない」と断言してしまうのは、自分の気持ちなり感情なりを「正確かつ細やかに自己覚知してそれを言語化する」解像度を 自ら思いっきり荒く低下させている気がするんですねえ。

  たとえば「感謝しかないです!!」と言われても、場合によっては「それってホンマにホンマですか!?」と穿って見てしまうことってないでしょうか。本当のところは、次のような心中だったりで。

 「親切にしてもらって感謝してますし、もちろん助かった部分は実際あるんですけど、正直に言うとちょっとおせっかいというか、ありがた迷惑に感じるところもあって。それに今回、一方的に世話になったことへの罪悪感というか、こちらも何らかのお返しをしないといけない義務感も感じてしまってしんどいというか。どちらかというともちろん嬉しいんですけど、ちょっと複雑なところはありますねえ……」

 もちろん、そうだとしてもそれをそのまま口にするのがいいわけではありませんが、かといって「感謝しかないです!!」という一言に単純化してしまう ことには、自分の胸に手を当てるのを放棄するような粗雑さも感じてしまうと言いましょうか。

 流行りの言葉にケチをつけるつもりはありませんが、便利な言葉にはちょっと用心とも思います。

 かといって、「もう、喜怒哀楽でしかありません!」とか言われても困りますけれど(笑)。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、モヤシのカレーごま和え、小松菜とマイタケとお揚げの味噌汁、牛肉と玉ねぎの炒め煮、白菜の昆布漬け、おぼろ豆腐。デザートにキウイフルーツと、ブルーベリーヨーグルト。

 

3月17日(木曜) 夜

 少し前に工事現場で何だろうと思って、画像検索でググったら「土塁」と出てきて、ずっこけそうになったことを書きましたが。

 その後の工事を見ていると、ほんとに土塁っぽくなってきて、おおーっと思っています。

 シロウトの推理とか直観なんて、AIに比べたら屁みたいなものになっていることを実感させられますねえ。

 ちなみに上の写真のは、向こうに野球グラウンドがあるので、その飛球を防ぐための壁になるようです。ただ、こんなのが戦国時代にあったら、みんながビビるすごい土塁になったでしょうね。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、牡蠣のオイル漬け、玉子豆腐、小松菜とマイタケとお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け(日が経ってきて乳酸発酵中)、鶏肉のトマト煮込み、モヤシとほうれん草の胡麻和え。デザートにみかんと、ブルーベリーヨーグルト。

 

3月16日(水曜) 夜

 ケータイ(スマホ)の月額料金が、今月から倍額にアップです。

 千円が二千円になるだけなので、そこまで財布に痛いわけではないんですが、2倍というと大きく感じてしまいますねえ。

 まァ、今までがガラケーからスマホへの乗り換えに伴う割引キャンペーン期間だったのが、1年経過して解除されただけの話です。ちなみに最低料金のプランなので、1ヶ月の容量は1GBなのですが、これまで全く困っておりません。

 ……という話を同僚にしたところ、「私なんて月に10GBでも足りないことがあるのに1GB!? まるで仙人ですね」と呆れられてしまいました。

 関係ないですが、ネット通信と電話代が込みで月額2千円とか、自分が学生だった頃からすると隔世の感があります。当時はプロバイダとの契約料だけで月額1万円近くかかったうえ、通信料も電話回線とモデムを用いたダイヤルアップ接続だったので、調子に乗って毎日何時間もネットにつないでいると、一ヶ月の電話代が2万円とか3万円とかタイヘンなことになったものです。

 そういえば固定電話の契約料? みたいなのも最初に5万円くらいかかった気がします(昨今では個人で固定電話を持ってる人のほうが少なそうですが)。

 いま当たり前に感じていることでも、昔を振り返ると便利になったような気になれるので、ときどきこうやって回想することにしています(笑)。

−−−

 夕食。

 赤めばるの煮付け、ポテトサラダ&野菜、キャベツのハニーマスタード、小松菜とマイタケとお揚げのお汁、畑菜のからし酢味噌、ほうれん草の胡麻和え、牛肉と玉ねぎの炒め煮。デザートにみかんとコーヒーゼリー。  

 

3月15日(火曜) 夜

 昨今のウクライナ情勢、恐すぎてあまり考えたくない気持ちもあるんですが。

 今までなんだかんだで、良くも悪くも「平和ボケ」していたことを思い知らされます。両国をめぐる交渉が決裂していけばこの先、核戦争が勃発する可能性だって現実に十分あるわけですからねえ。

 思えば新型コロナのときも、武漢でなにやら新型ウイルスが発生したというニュースが出始めたころは、まさか世界がこんなことになるなんて想像すらしていませんでした。それがこんなことになっているという事実も、ウクライナの惨状と比べればまだまだ幸いなのかもしれませんが、今後、「あのときの紛争がまさか核戦争で世界がめちゃくちゃになる序章だったとは……」なんてことにならないことを祈るばかりです。

 といって自分に何ができるわけでもないんですが、「平和」が危うい均衡のうえに成り立っている状態像にすぎないことは直視せざるを得ないですね……。

 生命と平和は本質的に相容れにくい現象なのかもしれませんが、人類の場合は平和と破滅が極端過ぎて空恐ろしいです。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、牡蠣のオイル漬け、キャベツのハニーマスタード、小松菜とマイタケとお揚げのお汁、畑菜のジャコポン酢和え、納豆とほうれん草の巣ごもり、梅肉とカイワレの温豆腐。デザートにみかんとエクレア。

 

3月14日(月曜) 夜

 週末のようすです。

伏見・大手筋の寿司「杉玉」にて、握り寿司その他で、白ワイン、チューハイ、日本酒2合。ドリンク1杯タダ券があったので行きましたが、まァ スシローの系列店ですので、可もなく不可もなくといったところでしょうか。
    
トイレの手洗いの蛇口が握り寿司になっていて、どうすれば水が出るのか説明もなく、押したり引いたりとしばらく試行錯誤するハメに。
 
翌日は成城石井のお惣菜と餃子で、昼間から赤ワインとビール。
 
昼間から酒を飲みながら、アマプラで韓国ドラマ『甘くない女たち』を観てました。いやー、痛快でユーモラスな復讐劇で面白く、ついつい何話も続けて見てしまいました。
 
翌日はいつもの宇治川ジョギング10km。松本酒造前の菜の花もいい感じに咲き揃ってきました。
   
カレーうどん2人前に、昨日の総菜の残りをぶっこんで。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草のごま和え、畑菜のからし酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、もずく酢、キャベツのジャコポン酢和え、鶏ささみのわさび焼き。デザートにみかんとエクレア。

 

3月11日(金曜) 夜

 本日の注意書き。

 まァ、分かっててわざと書いてるんだとは思いますが、ご苦労が見え隠れしますねえ。

 おそらく当初は「缶やペットボトルを捨てるのは犯罪です」と書いて貼り出して、ある程度の効果はあったものの、ライフガードの缶と午後の紅茶のペットボトルだけが延々と捨てられ続けた結果、このようにいびつな表現の貼り紙が登場したものと推察されます。

 そう考えても、なんか間抜けさと可笑しみのある注意書きで、個人的には割と好きです。

−−−

 夕食。

 アジのとろろ〆、ポテトサラダ&野菜、冷奴、鶏肉のトマト煮込み、小松菜とお揚げの味噌汁、納豆の巣ごもり、しいたけのマヨネーズ焼き、白菜の昆布漬け。デザートにみかんとフルーツゼリー。

 

3月10日(木曜) 夜

 本日の工事現場。

 何に用いるのかよくわからない大きな物体があったりして、見ていて飽きないですねえ。

 で、今のネット社会が便利なのは、こうやって撮影した写真をグーグルで画像検索すると、用途まですぐに分かってしまうことです。で、結果がこちら↓

 えっ……。土塁ですかコレ!? まァそう言われればそんな気もしてきますが、こんなとこに土塁作りますか?? お城でも作る予定なのでしょうか。

 なんとなく地下の排水などに使われるような気がするんですが、やっぱり土塁なんですかねえ(笑)。

−−−

 夕食。

 

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、キャベツのハニーマスタード、牡蠣のオイル漬け、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、大根菜のごま和え、牛肉と玉ねぎの炒め。デザートにみかん。

 

3月9日(水曜) 夜

 梅が満開を迎えています。京都御所にて。

 せっかくなので梅の花をバックに写真を撮りました。

 本日は出張があったのでスーツっぽい姿ですが、ふだんの仕事ではスーツを着ることがほとんどありませんで。

 持っているスーツも3〜4着しかなく、たまに着るとそれだけで「よそいき感」があってワクワクしています(笑)。おまけに上の写真で着ているジャケットは、大学の卒業式用に買ったものなので、もう25年以上になりますが、めったに着ないからこれまた傷まないんですねえ。我ながら物持ちがよろしいです。

 ちなみに自分はクルマを持っていないので、たまに車に乗せてもらうと、これまたワクワクしてしまいます。スーツを着てはワクワク、クルマに乗ればワクワク。こんな中年になるとは自分でも思っていませんでした。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜&ちくわ、ほうれん草のジャコポン酢和え、大根菜のごま和え、小松菜とマイタケとお揚げのお汁、キャベツのハニーマスタード、厚揚げのカイワレおかか醤油、鶏砂ぎものガーリック炒め。デザートにみかんとチーズタルト。

 

3月8日(火曜) 夜

 近所の伏見・濠川の十石船が、こんなことになっていました。

 こんな水位0センチメートルでは、商売も干上がったりです。大丈夫なんだろうか……。

 と調べてみたところ、十石舟の営業は4月〜12月とのことでした。なるほど、シロウトの自分などが心配する必要など皆無でした(笑)。

 この十石船は乗ったことありますが、スリルは全く無いながら酒蔵とか観られてそれなりに楽しかったです。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜&ちくわ、キャベツのハニーマスタード、小松菜とマイタケとお揚げの味噌汁、厚揚げのカイワレおかかポン酢、鶏肉のトマト煮込み、牡蠣のオイル漬け、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え。デザートにみかんとシュークリーム。

 

3月7日(月曜) 夜

 週末のようすです。

近所のイタリアン「ネッコ」にて、マナカツオ&カキのフライその他で、白ワイン1本とグラス赤ワイン2杯。いま気に入りのお店のひとつです。
  
翌日は、スーパーで買ったシーザーサラダとお寿司、牡蠣のオイル漬けで、横浜のKさんからいただいたワイン(モエのロゼシャンパン!)。
 シャンパンもたまに飲むと食卓が華やぎ、本当に美味しゅうございました。
 
その後もダラダラ家で飲みながら、ジョギング用にアマゾンミュージックの自分用プレイリストを作っていたら、半日スッてしまいました。
 100曲くらい突っ込んで8時間くらいのリストを作ったんですが、我ながらモッサイです(笑)。一曲目からして「デンジャーゾーン」ですからねえ(映画トップガンの音楽)。アップテンポの曲を中心に、緩急をつけるため懐メロを入れるという構成です。四万十川篤彦さんにすすめていただいたトーキングヘッズも気に入って加えてます。
 
夕食は珍しく白ご飯+おかずで、月の桂のにごり酒。
 
昨日作ったプレイリストを聴きながら、いつものジョギング10km。ノリノリの曲が流れてると気分上がりますねえ。
  
敷かれたてのアスファルトの断面。なんでこういうことになるのか分かりませんが、ケーキの断面みたいでちょっとグッときます。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜&チーチク、牡蠣のオイル漬け、たたきキュウリの塩昆布ごま油和え、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草とじゃこのポン酢和え、大根菜の胡麻和え、鶏手羽中の塩山椒焼き。デザートにみかんとモンブランケーキ。

 

3月4日(金曜) 夜

 近所のスーパーで牡蠣が安売りされていたので、たまらずまとめ買いしてしまいました。

チューブパック入りの広島産牡蠣が1袋158円。けっきょく6袋買い込んで、まとめてオイル漬けにすることにしました.。
 
6袋すべてザルにあけて、ざっと水洗いします。けっこう大粒の牡蠣!!
 
ニンニク、タカノツメを炒めたところに、牡蠣を投入し、ローリエ、みりん、しょうゆ、日本酒を加えて煮詰めていきます。
 
煮詰めるとこんなに少なくなってしまいましたが、それだけ旨味が濃縮されていることを意味します。
 
チューブ6袋分の大粒の牡蠣が、こんな瓶に半分少々の量になりました。ここにオイルを注いだら完成です。2週間ほど日持ちするので、ちょっとずつ食べるのが楽しみです。

−−−

 夕食。

 鯖の煮付け、ポテトサラダ&野菜、納豆の巣ごもり、牡蠣のオイル漬け(さっき作ったものの味見。笑)、畑菜とお揚げの味噌汁、鶏肉のトマト煮込み、じゃこおろしポン酢、白菜の昆布漬け。デザートにみかん。

 

3月3日(木曜) 夜

 我が家には、気がつけばいろんな山が誕生します。昭和新山みたいなものでしょうか。

 比較的小さいものだと、こんな感じです。寝室のクローゼット前の「Mt.ソックス」。

 朝の出勤前、クローゼットの前で寝間着から外出着に着替えるとき、ちょうどここに靴下があると便利なんですね。

 これを京都の比叡山とすると、リビングには日本アルプス級の山脈がいくつもあって、毎日が本当に壮観です。雪化粧しないよう気をつけないといけません。

 ウチにルンバを導入する気にならないのは、平地しか掃除してくれないからです。今後の課題ですね(ルンバの。笑)。

−−−

 夕食。

 

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、牛肉と玉ねぎの炒め煮、畑菜とお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け、たたきキュウリの塩昆布和え、おろしポン酢。デザートにみかんとチョコレート。

 

3月2日(水曜) 夜

 住んでいるアパートの掲示板です。

 ピンポンダッシュって、子どもかよ!? ……と思って読んでみたら、ほんとに子どものイタズラでした。ま、よく考えたら当たり前の話で、大人が用事もないのに他所ん家を呼び出したら、それこそちょっとアレですね。

 ちなみにピンポンダッシュ、小学生の頃は友達と何度かやったことがありましたが、大人になると本当に申し訳ないことをしたと思うばかりです。そして、それが今でも、それも集合アパートでも行われていることに複雑な心境です。

−−−

 夕食。

 金目鯛の開き、ポテトサラダ&野菜、鶏肉のトマト煮込み、畑菜とお揚げのお汁、大根菜の胡麻和え、ほうれん草のジャコポン酢和え。デザートにみかんとチョコレート。

 

3月1日(火曜) 夜

 危うく庖丁で小指の先を切り落としそうになって、いやー冷や汗かきました。

 結果的にはギリギリでセーフだったのですが、下の写真、爪の一部と皮膚の先端がスパっと切り落とされてるのが分かりますでしょうか(ピントがうまく合ってなくてすみません)。

 あと2〜3ミリ刃がずれていたら、もうイヤーになるくらい流血していたと思います。何度か経験があるのですが、指先に刃が入った瞬間って、ヒヤッ! と冷たい痛みが神経に入るような、独特の感覚がありますねえ。神経が集中しているからか痛みもきついし、血もなかなか止まらないので、気を付けてはいるんですが。

 庖丁の持ち方(というか添える左手の置き方)を我流から「猫の手」に矯正して以降、手を切る頻度は劇的に少なくはなったのですが、それでもレタスとかどうでもいいものを切っているときに限って、すっかり気が緩んで小指がピヨーンと伸びていたりするので本当に要注意です。

 ちなみに出刃庖丁で魚の骨を断つときは、ぜったいにまな板の上に手を置かないことにしています(笑)。

−−−

 夕食。

 はまちの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚汁、畑菜とお揚げのお汁、納豆の巣ごもり、大根菜の胡麻和え、ほうれん草とちりめんじゃこのポン酢和え。デザートにパウンドケーキ。

 

2月28日(月曜) 夜

 週末のようすです。

土曜日の夜は、横浜からお越しのハンサムガイKさんと花吹雪にてサシ飲み。建築関係のお仕事をしておられるKさん、「マンションの24時間換気は冷暖房効率を下げるから切っても全然問題ない」等、ためになる話をいろいろお聞きできました。楽しくて写真を撮るのを失念(笑)。
 Kさんからお土産に高級ワインをいただいてしまい恐縮至極です。調べてみたら、このワイン2本で1万円くらいするようで、高級レストランで注文すると3倍の3万円くらい取られるやつですね。今まで飲んだワインで一番高価です。
 
というわけで、いただいた赤ワインは成城石井のお惣菜(サラダ、麻婆豆腐、ボルシチ、生チョコケーキ。オール3割引。笑)で大切に飲ませていただきました。澄んだ中にも深い風味と香りがあって、とても美味しいワインでした。
 
久しぶりに大岩山ジョギング10km。土砂崩れの危険が指摘され続けている、不法投棄による産業廃棄物の山がようやく整備され始めたようです。
 
大岩山の展望台。
 
なぜゴミ箱がミラーに付けられているのかよく分かりませんが、マルセル・デュシャンの「大ガラス」をなんとなく連想する物件です。
 
ウクライナ国内の政府軍と親ロシア派の確執がかなりリアルに描かれているという映画『バンデラス』をアマプラで観ました。今の戦争の一端を垣間見た気がします。ウクライナ政府側のプロパガンダ色が強いようですが、面白かった。
 
スーパーの簡単安うどんに、カキを1パック投入して、カキとほうれん草と玉子の豪華うどんにして食べました。
 
近所の松本酒造の前で日向ぼっこする高齢者。平和な社会情勢のありがたみを感じます。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草のおかかポン酢(根っこも食べてみました。ちょっと土のにおいがするけど甘くて旨い!)、畑菜とお揚げのお汁、大根菜のごま和え、牛肉と玉ねぎのにんにく炒め。デザートにみかんとカステラケーキ。

 

2月25日(金曜) 夜

 お茶の自販機かと思えば、まさかの出汁の自販機でした。

 今回は違いましたけど、喉カラカラで「お茶飲みたい!!」と思って駆け寄ってコレだったときの落胆を思うとおそろしくなります(笑)。

−−−

 夕食。

 シシャモ(カペリン)焼き、ポテトサラダ&野菜、牛肉と玉ねぎの炒め煮、大根皮のポン酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、もずく酢、玉子豆腐、うまい菜の胡麻和え。デザートにみかんとカフェラテプリン。

 

2月24日(木曜) 夜

 スーパーの特売コーナーや訳アリの品コーナーがあると、貧乏性でつい見てしまうのですが。

 これは嫌だなーと思った本日のカリフラワー。

 すっかり丸刈りにされています(笑)。古くなって表面が茶色くなってきたのかもしれませんが、さすがにコレは……。

 サラダにコレを付け合わせただけで、途端に食卓が華やぎの対極になりますね! 破壊力スゴすぎ!!

−−−

 夕食。

 ぶりひらの煮付け、ポテトサラダ&野菜、うまい菜(不断草)のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、豚汁、かぶら漬け、焼き厚揚げのおかかポン酢。デザートにみかんと不二家のケーキ。

 

2月23日(水曜) 夜

 天皇誕生日でお休みでした。

第一食は朝昼兼用で、オムレツとマグロ巻き、明太子スパゲティ。マグロは身がすぐに真っ黒になるから「マグロ」だとする説もあるようですが、スーパーで買ったものはいつまでも赤くて、なんらか処理がされてるんでしょうかねえ。
 
いつもの宇治川ジョギング12km。ひまつぶしのようなものです。
 
澱川橋梁のたもとに佇むカップルFUZEIを発見。
 
帰宅してからアマプラで「JUNK HEAD」観ました。モーションキャプチャを7年間かけて一人で作った作品とのことで、100分もの尺をよく撮ったものだと驚くばかりです。

−−−

 夕食。

 サバの味噌煮、ポテトサラダ&野菜、かぶら漬け、小松菜とお揚げのお汁、キャベツのハニーマスタード、ほうれん草の胡麻和え、粕汁。デザートにみかんとパルテノヨーグルト。

 

2月22日(火曜) 夜

 明日が祝日でお休みなので、今夜は自宅にて冷凍で仕込んでいたカキフライで白ワイン1本。

 産地直送で送ってもらった牡蠣も今回で最後です。

  ニシンの煮付け(昨日の残りです)、ポテトサラダ&野菜、焼きネギのおかか醤油、ほうれん草の胡麻和え、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け、キャベツのハニーマスタード、カキフライ。デザートにイチゴプリン(笑)。

 

2月21日(月曜) 夜 

 週末のようすです。

京都は東山、八坂の塔の傍らにある笹島シェフのイタリアン「イル・ギオットーネ」に行ってきました。
 
さすが有名店、ワインも1本8千円〜と今まで来たお店の中で一番お高いですが(笑)、つとめて平静を装いつつ白ワインを1本注文しました。
 
料理はさすがに唸るほど美味しいです。これは「牡蠣の炭」、ぷりっぷりの大きな牡蠣を炭入りの衣で揚げたフリッターみたいなの。
   
これは「トロ鰆」、低温調理された鰆の身がめちゃくちゃ柔らかくてビックリ! 雲丹のソースがまたたまりません。
 毎日こんなの食べてたら1ヶ月で10kgくらい太りそうです。
  
翌日の昼は近所のうどん屋「やまびこ」にて、Wカレーうどん牛すじ入り(850円)。イル・ギオットーネのワイン1本で、これが10杯食べられます。それがどうしたという話です。
 
いつもの宇治川ジョギング10km。松本酒造の前の菜の花が咲きそろってきています。
 
夕食は成城石井のお惣菜(タイムセール2割引)で、月の桂にごり酒。
  
近所のスーパーの海鮮丼と、カップヌードル玉子のせ。

−−−

 夕食。

  にしんの煮付け、ポテトサラダ&野菜、かぶら漬け、豚汁、小松菜とお揚げのお汁、キャベツのハニーマスタード、ほうれん草の胡麻和え、焼きネギのおかか醤油。デザートにパルテノヨーグルト&ブルーベリー。

 

2月18日(金曜) 夜

 本日の雑なのかそうでないのか分からない。

 マイカーのバンパーを擦ってしまったのでしょうけれど、コレって普通の太い黒マジックペンで塗ってますよね(笑)。

 塗らないほうがまだ目立たないんじゃないかという気もしますが、まァ何かしたくなる気持ちは分かります。ただ、粗雑な人だったらそもそも放置するだろうし、繊細な人だったらもっと色を合わせた専用の塗料を使うだろうし、どっちやねーん!! という一件です。

−−−

 夕食。

  塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、シイタケのバター炒め、牛肉と玉ねぎの炒め、小松菜とお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え、おろしポン酢。デザートにみかんとチョコロールケーキ。

 

2月17日(木曜) 夜

 近所の川べりに生えている広葉樹には、ヤドリギがたくさん寄生しています。

 とくに冬場になると、宿主の樹木が落葉して、常緑のヤドリギだけが残るため、見た目にもよく分かるようになります。

 こういうのを目にすると、反射的に「宿主の木がかわいそう……」と思ってしまうのですが、その直後、「宿主の立場にたって感情移入してる自分も厚かましいよなァ。どちらかというと寄生してる立場かもしれないのに」とセルフつっこみを入れたりしています。

 さらに続いて、「でも生命に貴賎なしで、ヤドリギだって土に根を張れないながらも生き残るためにがんばってるんだろうし。それにヤドリギ自身も光合成をする半寄生植物だし」などと、自己弁護みたいな気持ちでとりとめなく考えたりもして(笑)。

 こんなしょうもないことばかり思索して過ぎていく日々です。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜&チーチク、もずく酢、豚汁、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、焼き厚揚げのおかかポン酢、大根おろし。デザートにみかんとワッフル。

 

2月16日(水曜) 夜

 3回目の新型コロナワクチンを受けた翌日でした。

 念のため仕事のお休みを取っていたのですが、結論から言うと今回は、接種した部分の痛みは多少あるものの、発熱等の副反応はほとんど何もありませんでした。

 寝床の傍らに体温計と解熱剤、ポカリスエットを用意して臨んでいたのが拍子抜けです。

 せっかくなので、何の参考にもならないと思いますが、自分の3回のワクチン接種についてまとめてみます。

1回目】(2021年4月27日/ファイザー)
 数時間後から接種部分の痛みが出現する。。当日夜から若干の倦怠感が出現するが翌日にはほぼ消失。最高体温は36度7分で平常体温内の微熱程度。

【2回目】(2021年5月21日/ファイザー)
 数時間後から接種部分の痛みが出現する。翌日は早朝から強い倦怠感と節々の痛みを伴って、最高体温は39度1分まで上昇し、夕刻まで高熱が続く。

【3回目】(2022年2月15日/ファイザー)
 数時間後から接種部分の痛みが出現する。しかし倦怠感は当日も翌日もほとんど無く、最高体温は36度4分で完全に平熱。

  副反応があるから効くとか効かないとかいう話ではないとは耳にするものの、ほんとに大丈夫かいな? 免疫がバカになって1回目と2回目の接種記憶を体がすっかり忘れてるんちゃう? などと心配してしまうのがシロウトの悲しいところです。

−−−

 夕食。

 ブリカマ焼き、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草の胡麻和え、焼きピーマンのおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、春キャベツのハニーマスタード、ミニ豚汁、鯖寿司。デザートに洋酒ケーキ。

 

2月15日(火曜) 夜

 本日の午後2時、3回目の新型コロナワクチンを受けました。今回もファイザーです。

 1回目は微熱程度でほとんど大丈夫だったものの、2回目は39度超えの高熱が出ました。3回目が一番つらいという声も周りで聞くので、まだ何の症状も出ていませんがちょっと戦々恐々としています。

 ……と言いつつ、6kmジョギングした後、夕食にワインをボトル半分飲んでしまいました(笑)。

−−−

 夕食。

 ホッケの開き、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草の白和え、鶏手羽元のトマト煮込み、ひろうすと小松菜のあんかけ、白菜の昆布漬け、春キャベツのハニーマスタード、大根おろし。デザートにチョコレートロールケーキ。

 

2月14日(月曜) 夜

  週末のようすです。

伏見・大手筋のイタリアン「マンジャ・マンジャ」にて、ムール貝の酒蒸しその他で白ワイン1本。
 本当は、今話題のサイゼリヤに行こうかと思ってたんですが、まん延防止期間は8時までの時短&アルコール提供無しとのことだったのでパスしました。
 
「マンジャ・マンジャ」の和風明太子スパゲティ。カツオ出汁風味が利いていて、割と美味しいです。
 
翌日は味噌煮込みうどん(愛知・山本屋製)、白菜漬け、ブリの煮付けで、昼間っから紹興酒飲みながらTVでオリンピック鑑賞。
  
近所のスーパーの助六寿司とカレーうどん。
 
いつもの宇治川ジョギング12km。菜の花がちらほら咲いてきました。

−−−

 夕食。

 ブリ大根、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元のトマト煮込み、ひろうすと小松菜のお汁、ほうれん草の胡麻和え、春キャベツのハニーマスタード、ネギ焼きおかか醤油。デザートにイチゴケーキとみたらし団子(いただきもの)。

 

2月11日(金曜) 夜

 建国記念の日で休みでした。

伏見・竹田の中華「味苑」まで歩いて行って、昼食にジャージャー麺&炒飯のセット(880円)。ここの中華は比較的安いけれど本格的な四川料理で好きなのですが、気がつけば数年ぶりの来店でした。
 
電車で京都駅まで出てヨドバシカメラに行ってきました。雲ひとつない快晴の京都タワーです。
 
ヨドバシで買った電気シェーバー。いままで使っていたやつ(左側)のバッテリーがへったってきたので買い替えた次第です。

−−−

 夕食。

塩イワシ焼き、ポテトサラダ&野菜&チーチク、ミニ豚汁、焼き厚揚げのカイワレおかかポン酢、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草の胡麻和え、白菜の昆布漬け、大根おろしポン酢。デザートにミカンとフォンダンショコラ。

 

2月10日(木曜) 夜

 冷凍して仕込んでいた牡蠣フライを夕食にしました。しみじみ旨いなァ。

 これで白ワイン1本飲んで、あと自宅なので追加で赤ワインを半分くらい空けて、ちょっと文章を書くのがおっくうになってきましたので、冬季オリンピックのフィギュアスケートの番組などを続けて飲みつつ出失礼します。

 

2月9日(水曜) 夜

 死んでいる自販機かと思ったら、生きてました。

 ちゃんと赤いランプが付いていて、なかには売り切れの商品もあります。

 小さな配達所に置かれてたんですが、どれも缶コーヒー。それも5つがボスコーヒーで、1つだけワンダというのがいい感じです。ワンダが好きな社員が一人だけいらっしゃるんでしょうか。

 個人的には、缶コーヒーって割高感があってあまり買わないんですが、好きな人はほんと好きですね。とくに中年男性に多い気がしますが。

−−−

 夕食。

 黒めばるの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚汁、白菜の昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、納豆の巣ごもり、からし菜のからし酢味噌、白ネギ焼きのおかか醤油。デザートにみかんと、いちごタルト。

 

2月8日(火曜) 夜

 冬季オリンピックが盛り上がっているようですね。

 学生時代は毎年スキーに行っていたこともあり、テレビでやっていると何となく観たりしています。ただ、思い出すことと言えば自分のショボいエピソードばかりで。

 以前に書いた気もしますが、「Volkl」というスキー板メーカーがあり、外国製(ドイツ製?)で当時からカッコイイ雰囲気でした。

 当時の自分はこれを「ヴォイキ」と読んで発音していて、スキー仲間に「ヴォイキの板ってデザインいいよねー」などと話したりしていたのですが、本当は「フォルクル」と読むことを知ったのはその数年後のことだった次第でして。

 それがどうしたという話でしかないのですが(笑)、スキーを観ると思い出すことのひとつです。ああ、どうせオレはヴォイキって言ってた輩ですよ! って。

−−−

 夕食。

 

 イワシの一夜干し焼き、ポテトサラダ&野菜、キムチとネギの温豆腐、小松菜とお揚げの味噌汁、鶏手羽元のトマト煮込み、焼きピーマンのおかかポン酢、からし菜のからし酢味噌、大根おろしポン酢。デザートにみかんと、ザッハトルテ(っぽいもの。近所のスーパーの安売り品)。

 

2月7日(月曜) 夜

 週末のようすです。

伏見の「鳥せい本店」にて、鶏の土手煮込み、焼き鳥その他で、神聖の清酒・たれ口4合。こってりした和食には、濃厚な日本酒が合いますねえ。
 
追加で頼んだモロキュウ。職人さんの庖丁の腕が光りますが、昆虫っぽくてちょっと気持ち悪いかも(笑)。
 
翌日はいつもの宇治川ジョギング。二日酔い抜きに軽く運動します。
 
東山三条のイタリアン「レザン」にて、魚料理のランチコース(2000円)。まん延防止等重点措置が発出中のため、お酒が提供されずワインを飲めなかったのが少々残念でしたが、美味しいお店です。
 

チヌのトマトソースがけ。旨い! 白ワインがあればもっと美味しいのに!!
 

その手で京都国立近代美術館にて「岸田劉生展」を観てきました。麗子像かわいいですね。
  

夕食は成城石井のセールで買ったペンネアラビアータとサラダ、その他で赤ワイン1本。
 

翌日は成城石井のセールで買いこんでいたグリーンカレーと肉煮込み、安売りのフルーツプリンで緑茶。

−−−

 夕食。

 サバの味噌煮、ポテトサラダ&野菜、豚汁、玉子豆腐、小松菜とお揚げのお汁、からし菜のからし酢味噌、焼きネギのおかか醤油。デザートにミカンとチーズケーキ。

 

2月4日(金曜) 夜

 住んでいるアパートのお隣さん(小学生のお子さんのいるご家庭)の前に、大豆がたくさん落ちてました。

 昨日が節分だったので、家族で豆まきをされたのでしょう。実はこの時期、毎年のことでして。

 行事を楽しむのは大いに結構なことですが、まいた豆は自分たちでちゃんと片付けるところまで子どもと共有されるほうが、教育のうえでもいいんじゃないかと他人事ながら思ってしまいますねえ。いくら管理人さんがお掃除してくださるとはいえ、「散らかしっぱなしで後は他人任せ」がこうやって受け継がれていくのか……とも思ったり。

 まかれていたのは、味付け海苔の豆でした。

 ま、これは個人の自由なんですが。

−−−

 夕食。

 サバの西京焼き、ポテトサラダ&野菜、キムチ冷奴、畑菜とお揚げの味噌汁、鶏手羽元のトマト煮込み、たらこの煮付け、大根と大根葉とツナのサラダ。デザートにミカンと、レーズンサンド。

 

2月3日(木曜) 夜

 コロナ禍の前から、どちらかというと神経質で、電車のつり革は基本的に使わないとか若干不潔恐怖的なところがありました。

 なので気にしすぎなのかなとも思うんですが、以前から気になっているのが「ズボンの裾が長くて地べたに接している人」です。

 この写真みたいな人、ときどき見かけますでしょう。流行りの波もあるのでしょうけれど、ジーンズなどでもわざと地面と刷れてボロボロにしているような人とか。

 これって考えたら、公衆便所でもどこでもずーっと床を拭き続けているようなもので、それをそのまま自宅に持って上がるわけ!? と思ってしまうんでうねえ。

 ま、新型コロナのリスクにはあまり関係でしょうし、これくらいのほうがむしろ免疫が鍛えられるのかもしませんが……自分は相当したくないことのひとつです。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、豚汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げの味噌汁、畑菜のからし酢味噌、もずく酢、大根おろしポン酢。デザートにミカン。

 

2月2日(水曜) 夜

 工事現場があると、年甲斐もなくついつい野次馬で物見してしまいます。

 どこの異国!? という印象もありますが、職場の近くで。こんな血管のようなパイプやらケーブルやらを、よくショベルカーで傷つけず掘り出したものだと感心します。

 しかし工場で見かける配管は「工場萌え」でカッコイイですが、こういう自然の中にめぐらされているさまは、なにやら生命体の血管とか臓器っぽくてちょっとグロテスクですねえ。『エイリアン』シリーズの影響もあるのかもしれませんが。

−−−

 夕食。

 かんぱちのカマ焼き、ポテトサラダ&野菜、お煮かけ豚汁、小松菜とお揚げの味噌汁、ほうれん草の胡麻ポン酢和え、たらこの煮付け、キムチ冷奴。デザートにミカン。

 

2月1日(火曜) 夜

 仕事上の諸事情あって本日、新型コロナの抗原検査を受けました。

 結果は陰性でヨカッタのですが、鼻の穴に長い綿棒みたいなのを突っ込んでゴシゴシされるのはそれなりに痛かったです。それが刺激になったのか、鼻腔のヒリヒリと鼻水がしばらく続いていて、あまり何度もしたいものではないですねえ。

 ただ、鼻の穴に突っ込まれてゴホゴホ咳き込んでしまう人もいるらしく、検査をする人もリスクを背負っておられ大変だなあと思います。鼻がヒリヒリするとか愚痴ってるんじゃなくて、もっと感謝しなくてはいけません。

−−−

 夕食。

 鰆の煮付け、ポテトサラダ&野菜、大根と大根葉とツナのサラダ、たらこの煮付け、鶏手羽元のトマト煮込み、ほうれん草と納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げの味噌汁、畑菜のからし酢味噌、白ネギ焼きおかか醤油。デザートにミカンと生チョコロール。

 

1月31日(月曜) 夜

 週末のようすです。

毎年、三重県鳥羽から送ってもらっている小浜牡蠣が届いたので、自宅にて牡蠣祭り!! セル牡蠣は焼き牡蠣に限りますねえ。
 
冷酒と白ワインを両方用意して、レモンとケチャップも準備して、万端の態勢で臨みました。牡蠣を焼く時間は8分間と決めていて、これ位がちょうどバッチリな気がします。 いやー、旨すぎてもうお酒がどんどん喉に流れ込んでいきます。
 
いやいやもう、見た目といい風味といい、さしずめ「見て食べるバイアグラ」でしょうか(笑)。
 
翌日は大学時代の友人、T女史とS女史と当方とでリモート飲み会。
 ZOOMの無料版は通常、3人以上だと40分の時間制限があるらしいのですが、今回は特別ギフト的なサービスが当たって時間制限が無くなってとてもラッキーでした。
 おかげで4時間以上つないで飲み続けて、最後はプシューとなってしまいましたが、自宅なのでそのまま寝てしまえるのはいいですね。 
 

翌日は近所のスーパーの幕の内弁当と、かんたんラーメン。トッピングはいろいろ載せるのが好きです。
 

いつもの宇治川ジョギング10km。澱川橋梁を背後にすると気持ちも少しだけ引き締まります。

−−−

 夕食。

 めばるの煮付け、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草と納豆の巣ごもり、たらこの煮付け、スナップエンドウの胡麻マヨ和え、焼き白ネギのおかか醤油、小松菜とお揚げの味噌汁、大根のポン酢漬け、畑菜のからし酢味噌、肉まん。デザートにミカンとワッフル。

 

1月28日(金曜) 夜

 自転車で幹線道路を走っていると、路肩にしばしば見かけるのが、「おそらく中身が尿のペットボトル」です。

 ポカリスエットの500mlペットボトルとかに、泡立ち気味の濃い黄色の液体が入ってたりするわけです。

 渋滞中に車内で尿意を催して、やむなくペットボトルに放出するまでは分かるんですが、それをなぜ道路に捨てるのか?? クルマなんだから重くもないわけですし、そのまま積んで帰宅してトイレに流せば済む話なのにと思ってしまいます。

 こういうのって、犬などがよくやるマーキングの習性が、無意識の遺伝子レベルに刷り込まれてるんでしょうかねえ。

 そういえば、一昔前の空き巣狙いには、「物を盗み終えた家にウンコをして去る」という迷惑千万なゲン担ぎがあったそうですが、近頃ではDNA鑑定の格好の材料にされてしまうので廃れていると聞いたのを思い出しました。これもマーキングっぽい習性なんでしょうかねえ。

 よく、こんな緊張状態でウンコが出るものだとも感心しますが。

−−−

 夕食。

  塩サバ焼き、ポテトサラダ&野菜、餃子、小松菜とお揚げの味噌汁、キムチ温豆腐、ほうれん草の胡麻和え、大根おろしポン酢。デザートにグラマシーニューヨークのお菓子。

 

1月27日(木曜) 夜

 本日の飛び出し坊や。

 なんか着ぐるみを被せられていますが、保護色みたいになって視認しにくくなっているように思うのは気のせいでしょうか(笑)。スナイパーの人が着るギリースーツみたいな。

−−−

 夕食。

 〆サバ、ポテトサラダ&野菜、豚汁、畑菜のからし酢味噌、小松菜とお揚げのお汁、大根とツナのサラダ、ほうれん草のみぞれ和え。デザートにみかんとシュトーレン。

 

1月26日(水曜) 夜

 マスクを着用せず電車に乗っている人がいると、つい遠く離れるか、できれば別の車両に乗ってしまいます。

 ノーマスクの人からの感染が心配というのももちろんありますし、加えて、この状況下で臆面なくノーマスクで電車に乗り込む感覚の持ち主だという点で、いろんな意味で距離を取るべきだと思ってしまうのもあります。

 ただ、それと同等か、あるいはそれ以上に目を疑う光景に出会いました。電車の中でその人はマスクを着用していたのですが、あろうことか「クシャミをするときだけマスクをずらしてハックション!!」されたのです。

 一体何のためのマスクなのか……。マスクをしたままクシャミをすると内側に痰などが付着してイヤだとでも思われたんでしょうか。

 本当にいろんな方がいらっしゃって驚きます。そしてこういうとき、静かに早歩きでその人から遠ざかる勇気をこれからも大事にしたいと思います。

−−−

 夕食。

 スズキの煮付け、ポテトサラダ&野菜、牛肉と玉ねぎの玉子とじ&カイワレ、小松菜とお揚げのお汁、大根とツナのサラダ、畑菜のからし酢味噌、キムチ冷奴。デザートにみかんとマリトッツォ。

 

1月25日(火曜) 夜

 自宅アパートの換気扇が壊れて、ウンともスンともいわなくなってしまいまして。

 パネルには「68」というエラー数値が表示されていて、調べてみたら修理か交換が必要そうであったため、大阪ガスに電話して業者さんに来てもらいました。

 で、見てもらったところ、換気ファンと制御基板とが経年劣化してファンの出力と回転数が極度に落ちてしまっているとのことで、交換対応ということに。

劣化していた換気ファン。ホコリもえらいことになっています。これが24時間換気で回り続けていたのだから、そりゃあ負荷かかるなァと納得しました。
 
制御基板も劣化しているので交換する必要があるとのことで、よく分からないながら業者さんを信頼することにしました。
 
合計5万6千円の出費で、けっこうお財布に響きました(笑)。まァ、メーカーの想定寿命が10年程度とのことで、もうそれ以上経過しているので仕方ないですね。  

 いままで換気ファンが弱っていたので、部屋が暖かかったのですが、換気扇を交換してから急に部屋が冷えてます。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚汁、畑菜の胡麻和え、小松菜とお揚げのお汁、玉子豆腐、大根とツナのサラダ、白菜の昆布漬け&冷奴。デザートにみかんとマロンチーズケーキ。

 

1月24日(月曜) 夜

 週末のようすです。

伏見のイタリアン「Necco」にて、カキのアヒージョその他で白ワイン1本。この店は美味しいうえにポーションも大きくて満足です。
 
翌日は大山崎山荘美術館に「みうらじゅんマイ遺品展」を観に行きました。飛び出し坊やもMJ(みうらじゅん)仕様になっています。
 
山荘の中の喫茶にて、赤ワインとみらうじゅん三笠。楽しい展覧会の合間のよいひとときです。
  
大山崎駅前の中華「味彩」にて昼食、酢豚セットで紹興酒1合。
 

成城石井のセール惣菜を買って帰って、自宅にて白ワイン1本。成城石井のは高いけど美味しいですねー。セールでしか買ったことないですが。
 

夜食に名古屋「ヨコイ」のスパゲティ。和洋中が折衷したような、ぼんやり曖昧な味わいが逆に個性的です(笑)。
    

翌日はスーパーの寿司と、成城石井のタンメン(昨日の買い置き残り)。
 

切れやんでいた庖丁を久しぶりに研ぎました。……といっても庖丁のマイブームが低下中のため、#1000の中砥を当てただけで、仕上げ砥石は割愛。
 

そしていつもの宇治川ジョギング10km。澱川橋梁をバックに。

−−−

 夕食。

 大根とツナのわさびサラダ、ポテトサラダ&野菜、牛肉と玉ねぎの炒め煮、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、畑菜のからし酢味噌、サバの味噌煮。デザートにみかんとマロンチーズケーキ。

 

1月21日(金曜) 夜

 今日は京都にしては久しぶりに雪らしい雪が降りました。

 ただ、そこはやっぱり非豪雪地帯の典型といいましょうか、朝は積もっていた雪が、夕方には跡形もなく姿を消していました。

雪に慣れていないので、これくらい積もっただけでも自転車おそるおそる徐行になります。向かいからくる原付のおばちゃんは押しておられました。
 
で、夕方に同じところを通ったらこの光景です(笑)。何事もなかった感がすごい!!
 
欄干からの眺めも北国のようですが……。
   
夕方には京都に逆戻り!

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚汁、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、ニラと納豆の巣ごもり。デザートにみかんとアロエヨーグルトゼリー(賞味期限切れ)。

 

1月20日(木曜) 夜

 こちら京都でも雪が降って、それに伴って道路に凍結防止剤(塩化カルシウム)が撒かれるようになってきました。

 塩化カルシウムといえば、塩の代わりに舐めて元気になった鹿が繁殖しすぎる問題や、塩害と同じく金属を錆びつかせる問題があるようです。

 踏切でも遠慮なく撒かれていますが、線路が錆びついたりは大丈夫なんでしょうかねえ。

  ちなみに、クルマが好きで高級スポーツカーに乗っている知人は、「塩化カルシウムが撒かれた道路を走るとクルマが傷むので冬場は乗らない」そうです。クルマ好きも高じると、乗らなくなるんですね(笑)。

−−−

 夕食。

 サゴシの塩焼き、ポテトサラダ&野菜、納豆とニラの巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、豚汁、白菜の昆布漬け、大根おろしポン酢。デザートにみかんとワッフル。

 

1月19日(水曜) 夜

 女性・男性の違いについて話題にすると、なにかと口は禍の元になりがちな昨今ですが。

 自分なりに能力差を感じるのは、女性同士の会話についていけないときです。女性のほうが主語を割愛して話をしがちな印象を持っているのですが、女性同士だと主語が無い会話でもとくに問題なく話が進んでいくんですよねえ。でも、こちらは、途中から誰がなにを言っているのかよく分からなくなってくる。

 たとえば話題の中に、Aさん、Bさん、Cさんの3人が登場するとして、「そこでAさんから〇〇って言われて怒っちゃって××って。そしたら△△って言われて」みたいな話になったとします。

 ここで自分などは、「Aさんから〇〇と言われたのは、BさんもしくはCさんの2通り考えられる。さらに△△と言ったのは、ええっと可能性としては……」とか考えてこんがらがってしまうわけですが、女性同士ではしっかり会話が成立しているわけです。コミュニケーション能力のベースライン的な違いを感じされられるといいましょうか。

 おそらく当の女性たちは、「〇〇と言われて怒るのは、性格的におそらくCさんに違いなく、そこで△△なんていうのはBさんしかない」みたいな文脈的推理を瞬時のうちに行っているのでしょう。しかしそんな芸当などできない当方は、彼女らがまるでテレパシーで会話しているような感じで取り残されてしまう次第でして。

 もちろん男女差だけの要因ではなく、当方のコミュニケーション能力が低いだけかもしれませんが。

−−−

 夕食。

 たたきキュウリの塩昆布和え、ポテトサラダ&野菜、牛肉と玉ねぎの炒め煮、小松菜とお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け、金目鯛の煮付け。デザートにみかんとロールケーキ。

 

1月18日(火曜) 夜

 最近のスーパはセミセルフレジというのでしょうか、店員さんがお会計した後に、客がお金を機械に入れる形式のが増えています。

 非接触型の支払いを用いることも増えてきましたが、個人的に好きなのは、思いっきりたまった小銭を財布からわしづかみにして投入する瞬間です。十円玉20枚に一円玉&五円玉も混在、みたいな中身を全てキレイに使って、お釣りはちゃんと50円玉とかで戻ってくるこの快感!(笑)

 あまり調子に乗ると上限の枚数を超えてしまうので注意が必要ですが、人間相手には出すのがためらわれるような量の小銭を一挙に入れるために、「未必の故意」で財布の小銭をためている気がしています。

 ……あ、最近なんか財布の傷みが大きい気がしていたのはそのせいだったか!

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜、豚汁、小松菜とお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け、チンゲン菜の辛子胡麻和え。デザートにみかんとチョコロールケーキ。

 

1月17日(月曜) 夜

この時期に毎年伺っているフレンチ「アンペイジ」に今年も行きました。昨年は夜の営業時間が時短制限だったためランチタイムに伺いましたが、今年はディナータイムに行くことができました。
 
「パテ・アン・クルート」、よく分かりませんが平たく言えば、とてもおいしいパテです。
 
とても美味しい牛肉も。コース料理で、白ワイン1本と赤ワイン1本の2本空けてしまいました。いやー本当においしゅうございました。末永くお邪魔できますよう。
  
翌日の朝昼兼用は三条河原町の「ムッシュいとう」にてランチブッフェ1200円+ワイン1杯400円。
 

MOVIX京都にて『クライ・マッチョ』を観てきました。クリント・イーストウッド監督作品は基本的に観ることにしています。御年91歳にして現役の監督&主演というだけでもスゴいですが、もう興行収入とかあまり考えず撮りたいものを好きに撮ってらっしゃるんかなァと感じます。ストーリーはおじいちゃんがモテる話でした(笑)。
 

映画の帰りに買って帰った「ひさご寿司」にて、録画していた女子駅伝を見ながら宅飲み。
   

翌日はいつも通り、スーパーの寿司と簡単うどん。
 

そしていつもの宇治川ジョギング10km。澱川橋梁をバックに。

−−−

 夕食。

 サバの味噌煮、ポテトサラダ&野菜、大根おろしポン酢、小松菜とお揚げの味噌汁、青梗菜の辛し和え、鶏手羽中の塩山椒焼き。デザートにみかんと、イチゴケーキ。

 

1月14日(金曜) 夜

 フェイスブックの広告を見て、あやうく詐欺サイトで買い物をするところでしたの本日。

 まァ、こんなものは騙されるほうが悪いんですが、定価15万円程するコンパクトデジタルカメラが7000円くらいで「タイムセール」されているのを見て、思わずクリックしてしまったのでした。

 で、まず頭に浮かんだ考えは「コンデジが売れなくなっているとは聞くけれど、こんなにも値崩れしているのか!」。我ながらAHOかと思いますが、こういうのを確証バイアスというんでしょうか。自分に都合のいい理由によって、通常あり得ない超低価格を合理化してしまったわけです。

 おまけに、そこそこ有名な某電化製品ショップの名称とロゴも張り付けられていたものだから、一瞬コロッと騙されてしまったのでした(あとから調べたら、某電化製品ショップの正規サイトには、「当社の名を語る詐欺サイトにご注意を!」的なアナウンスがありました)。

 こういうのって、クレジットで買うとカード情報を抜かれてしまうし、代引きで買うと商品の代わりに石ころとかが入った箱が届けられて、クレームを付けようにもその頃には会社ごと消えている、というパターンのようですね。

 幸い、某電化製品ショップの正規URLと広告サイトのURLとが全然違うことに違和感を抱いて、ネットで検索してみたら詐欺サイトであることが分かったのですが、いやー危ないところでした。

 フェイスブックのような巨大サイトの広告だから大丈夫、なんてことは微塵もありませんので、皆さまにおかれましてもどうかご注意ください。って、こんなAHOは当方だけかもしれませんが。

−−−

 夕食。

 カレイの煮付け、ポテトサラダ&野菜&チーチク、鶏手羽元のトマト煮込み、小松菜とお揚げの味噌汁、玉子豆腐、白菜の昆布漬け&大根皮のポン酢漬け、焼きピーマンのおかかポン酢。デザートにみかんと、グラマシーニューヨークのお菓子(頂きもの)。

 

1月13日(木曜) 夜

 本日の広告募集です。

 よほど人気が無いのか、すっかり褪色して、連絡先の電話番号さえも読めなくなっていました。そりゃ誰も連絡しませんわ(笑)。

−−−

 夕食。

 鯛の煮付け、ポテトサラダ&野菜、玉子豆腐、豚汁、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、大根皮のポン酢漬け、焼きすぎピーマンのおかかポン酢。デザートにみかんとロールケーキ。

 

1月12日(水曜) 夜

 ここのところ、ガンに関する本をよく読んでいます。

 と言ってもそんなに多く読んでいるわけではないんですが、清濁併せ呑むといいましょうか、近藤某先生のような極論も含めていろんな意見を見るようにはしているつもりです。

 幸いなことに今までガンの診断を受けたことは無いのですが、なりたくないなァという思いと、でもいつかなるかもしれないなァという思いとの間で、今のうちから少しずつ予備知識を付けておきたいというのと、あとは純粋に科学読み物としての興味深さでしょうか。

 ガンって基本的には、細胞分裂を繰り返す中でのDNAのコピーミスによる突然変異によって出現した、際限なく増殖するバグ細胞が健常な細胞組織を蝕んでいく病気のようですね。で、そのコピーミスの頻度は加齢や発がん物質、不摂生、ウイルス疾患やストレス等による炎症反応によって上昇するんだそうで。

 ちなみに近藤某先生といえば、がんもどき理論が有名ですが、それに対する反論としての「自然界は複雑でファジーなのだから、本物のガン or ガンもどき のいずれかに二分されるものではなく、その間のどこかに位置する前ガン状態のものも多い」「それらが時間とともにさらに変異を繰り返す中で本物のガン化する可能性が高まっていく」という指摘に、なるほどなーと感じました。

 ただ、際限なく増えすぎて結局自滅するって、生命をはじめとしていろんな現象の「あるある」の根源みたいな気もしてきますねえ。ガンだって、増えすぎて宿主を殺してしまったら自らも死滅するしかないのだけれど、どうにも止まらないという。

−−−

 夕食。

 

鰆の西京焼き、ポテトサラダ&野菜&チーチク、牛肉と玉ねぎの炒め、小松菜とお揚げの味噌汁、大根皮のポン酢漬け、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え。デザートにみかんとチョコロールケーキ。

 

1月11日(火曜) 夜

 ツイッターとかで公開されている知人のプレイリストをクリックするだけで、その人の選んだ「〇〇ベスト曲100!」みたいなのをその場で全て聴くことができるんですね(互いにアマゾンプライムに入っていればの話ではあります)。

 今さらこんなことに驚いている時点で時代遅れ感満点ですが、それにしても便利になったというか、いろんなことがインスタントになってきてるなァと実感します。

 自分が学生の頃は、ラジオやレンタルCDからテープに録音した曲を音源にして、自分の好きな曲をさらに別テープにダビングして「マイ〇〇ベスト」みたいテープ(今で言うプレイリスト)を作ったものでした。で、それを友人や場合によってはひそかに片想いしている女性に貸したり、あるいは相手から借りたりしていて、そういうやりとり自体がアナログなコミュニケーションになっていた記憶があります。

 それが今や、ワンクリック! おまけに曲数もほぼ無尽蔵ですし、46分とか60分とかのテープにちまちまダビングしていた頃と比べると隔世の感があります。

 テープを貸し借りしていた頃のほうがワクワク感があったような気がするのは、ただ単に当時は自分が若かったからでしょうか。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、ほうれん草の胡麻和え、小松菜とお揚げの味噌汁、白菜の昆布漬け、大根皮と大根葉のポン酢漬け、ビン長マグロの漬けと納豆の巣ごもり。デザートにみかんとプチシュークリーム。

 

1月10日(月曜) 夜

 週末のようすです。

職場の仲間とトレイルランニングに行くので、朝食は思いっきりハイカーボ食。幕の内に、おにぎりにサンドウィッチ。 すべて前夜にスーパーの半額セールでの買い置きですが(笑)。
 
まずはJR山崎駅から天王山の頂上に登ります。標高270m。左から今回案内してくれたK氏、I氏、当方。
 
途中で犬に出会いました。首輪にGPSらしきアンテナが付けられていて、人にもよく懐いています。しばらくついてきましたが、一体なんだろう。
 
さらに釈迦岳を経由してポンポン山を目指します。稜線から眼下に見下ろす京都市内に、高圧送電線。
 

ポンポン山を目指して、静謐な林道を走っていきます。いやー、気持ちいいですねえ。
 

途中の休息ポイントで息を整えた後、ポンポン山の山頂(標高678m)に登って、無事に下山しました。
 

最後はいつも通り、安定の王将にて打ち上げ。走った後のビールは本当に最高! です。
  

今回のルート。途中でなんども立ち止まって写真を撮ったりしながらの、のんびりランでした。全力でタイムを競うレースも達成感があって良いですが、こういうファンランもいいものです。レースに比べて疲れ方が断然軽くて、身体にも優しいことを実感します。
 

翌日はいつもの宇治川ジョギング10km。昨日の疲れも軽く、快晴で心地よい疲労抜きジョグでした。買ったばかりのジャージもモチベーションアップをちょっとUPしてくれます。
 

空飛ぶFUZEIカラス。念を送っておきました(
笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、野菜とキノコの味噌スープ、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え。デザートにみかん。

 

1月7日(金曜) 夜

 本屋に行かなくなって久しい気がします。

 学生時代は本屋に立ち寄って、書棚を冷かしたり立ち読みしたりしてから帰宅するのが日課でしたが、書店がどんどん消えていき、残っている数少ない本屋もいわゆる「ノウハウ本」とコミック、雑誌くらいしか品揃えしていなかったりで。

 最近買う本といえば、(実際にお会いしたことも何度かあるくらいの)知人の3人ほどがネットで紹介している本か、もしくはアマゾンがすすめてくる本くらいで、どんどんジャンルが狭くなってきている気がしますねえ。近年は自宅の書棚もほとんど整理しなくなったのですが、比較的新しめの本のゾーンはこんな感じです。

 若いころは多少あったなけなしの知識欲も、すっかり歳を取ってきました(笑)。

−−−

 夕食。

 ブリの煮付け、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元の野菜スープ、小松菜とお揚げの味噌汁、納豆の巣ごもり、白菜の昆布漬け、ほうれん草の白和え。デザートにみかんと、博多の女(いただきもの。…ええと、お菓子ですので念のため↓)。

 

1月6日(木曜) 夜

 昨日書いた奨学金の完済について、米国在住の方からコメントをいただきました。

 その方が米国で受けておられた奨学金は「もらいっぱなし」で返済の義務がなかったようですが、返済しなければいけない奨学金は「貸付金」ではないかと。

 確かにその通りです……。ただ、念のために申し添えますと、(今は知らないのですが)自分が学生時代、我が国の奨学金は大きく分けて次の3種類ありました。

 で、自分が受けていたのは「無利子で借りる奨学金」でした。たしか「もらいっぱなしの奨学金」にもダメもとで応募してみた記憶があるのですが(笑)、案の定というべきか落ちて、その下の「無利子で借りる奨学金」に引っかかったという次第です。

 ちなみに自分が受けていた奨学金は、「研究職・教職に就いたら返済しなくていい」という条件があったのですが、研究職・教職に就くだけの能力(研究能力やコミュニケーション能力)も無く、長年をかけて返済することになりました。

−−−

 夕食。

 棒鱈の炊き合わせ(実家からの持ち帰り)、ポテトサラダ&野菜、納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、豚汁、白菜の昆布漬け、ほうれん草の胡麻和え。デザートにみかんとグラマシーニューヨークのお菓子(頂きもの)。 

 

1月5日(水曜) 夜

 そういえば昨年末に、大学院時代に借りていた奨学金をようやく返済し終えました。

 実家に届いていた完済証です。

 400万円以上も借りていたのかと改めて思いますねえ。当時は奨学金が入るのをいいことに、あまり気兼ねなく書籍を買ったり、学会参加にかこつけて飲みに行ったりしていましたが、社会人になって安月給の中から返済するのに20年かかりました。まァ、当時の無駄とも思える出費の1%くらいは今の自分の形成に役立っているかなァ、そうだといいなァという感じです。

−−−

 夕食。

 棒鱈の炊き合わせ(実家からの持ち帰り)、ポテトサラダ&野菜、鶏手羽元の野菜スープ、小松菜とお揚げの味噌汁、青梗菜の辛し和え、焼きピーマンのおかかポン酢。デザートにみかん。

 

1月4日(火曜) 夜

 お正月の間は連日の飲みすぎに塩からい料理、不規則な睡眠など不摂生が続いたせいか、昨日は心身ともに調子が低下していましたが、本日から通常運行です。

 それにしても休みはどれだけ長くても、いつもアッという間に終わりますねえ。

いつもの宇治川ジョギング12km。凧あげをしている親子が正月気分になりますが、電線に引っかからないか他人事ながら心配です。
 
2日のバーゲンで買ったジャージをさっそく着用してます。ちょっとだけモチベーションアップ。
 
昨日はダウン気味にて、体に優しそうな温そばなど少々にて、それでもビールをちびちび。

−−−

 本日の夕食。いつもながら地味ですが、毎日食べるのはこのくらいがいいですわ。

 ちりめん山椒ごはん、ポテトサラダ&野菜、小松菜とお揚げのお汁、豚汁、おせちの残り少々、チンゲン菜の辛し和え、白菜の昆布漬け、ブリカマの塩焼き。デザートに食べるヤクルト。

 

1月2日(日曜) 夜

 年に一度の実家参りの後、本日は高島屋京都店の初売りセールに足を運んできました。

ほぼいつも通りの実家おせち。今年はハムに気を取られて、エビを買い忘れたらしいです。
 
母の謎なコレクション「納豆のフタ」(笑)。
 
実家のお雑煮は、セレベスと餅と大根の白みそ風味です。
 
高島屋でのセール戦利品。カッターシャツ、ジャージ、靴下。ブランド品の靴下はセールの時しか買わないもののひとつです。
  

京都市・東山の「キッチン・オッコベー」にて、ボロネーゼの生パスタ(サラダとコーヒー付きで1800円)でビール1杯。

 

 

1月1日(土曜) 昼

 明けましておめでとうございました。

 身辺雑記ばかりの、時代遅れ感満点なウェブ日記に昨年はお付き合いいただきありがとうございました。心底代わり映えはありませんが、本年も「面白さへのアンチテーゼ」を標榜としてぼちぼち続けていければと思っていますので、よろしければどうぞよろしくお願いいたします。

 昨日の大みそかは、1年ぶりの大掃除。キッチンのレンジフード(換気扇)のフィルターは案の定、エラいことになってました(笑)。

 羊の毛ってこんな感じだったような……と一瞬思いましたが、これはいくらなんでも羊に失礼ですね。

 その後は雪がチラつく中、いつもの宇治川ジョギング10km。ゴアテックスのジャケットのありがたさを痛感します。

 その後は、近所のスーパーで半額セールになっていたおせち料理を買ってフライングで、年越しそばとともに酒のアテにしながらテレビの大みそか特番など見てました。

 本日は元日早々、冷蔵庫の残り物整理ワンプレートで朝昼兼用。

 今から年に1度の実家参りです。


2021年のプチ日記

Otearai Webの表紙へ