便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


1月23日(水曜) 夜

 来月に出る予定のマラソン大会から案内等が届きました。

 ゼッケンには「計測用モノタグ」というのが入っていて、これを両足のシューズに巻き付けるようです。去年は渡されたチップを装着して走り終わったら返却する方式だったんですが、今年は返却しなくていい使い捨て方式になったようです。返却せず記念に持って帰ってしまう人があったのかもしれません。

 ちなみに少し前から、右足股関節の後ろあたりの鈍痛がまだ続いているんですが、走りすぎが良くないのはもちろん、じっとしすぎも良くないようなので、ストレッチを兼ねた我流の「キョンシージャンプ」体操を自宅でぴょぴょんと行っています。そして、この姿だけは誰にも見られたくないです(笑)。

−−−

 夕食。

 ぶりの照り焼き、鶏肉のカレー煮込み、生野菜とブロッコリーのサラダ、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり、赤こんにゃく煮、りんご、ポテトサラダ&サラダ菜、自家製かぶら昆布漬け。デザートにあんぽ柿。

 

1月22日(火曜) 夜

 煮物をするときは、本物の落し蓋を使うのが面倒なので、アルミホイルで代用すること大半です。

 煮魚などはこれで問題なく調理できるうえ(真ん中に直径1センチくらいの穴をあけるのがコツです)、火加減を整えるとアルミホイルがちょうど宙に浮き続けるような按配になって、これを眺めて楽しむのがちょっとした愉しみとなっています(笑)。

−−−

 夕食。

 サバの灰干し、鶏肉のカレー風煮込み、生野菜とブロッコリーのサラダ、ひじきと大豆の煮物、切り干し大根とにんじんの玉子とじ、ほうれん草のごま和え、赤こんにゃく煮、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、菊菜のポン酢おかか和え。デザートにパルテノヨーグルト・ストロベリー味。

 

1月21日(月曜) 夜

 週末のようすです。

職場の新年会があったんですが、お会計のあとトイレに行ったりしていて自分が最後に店を出ようとしたとき、店員から「グループの方のお忘れ物です」とスマホを手渡されてしまいまして。
 あわてて店を出るも参加者はすでに解散していて誰もおらずで、仕方なく家に持ち帰ったの図です。スタート画面から持ち主は同僚M氏だと分かったものの、本人に連絡の取りようがなく(メールしてみたものの眼前のこのスマホに届いてしまい。笑)、難儀しました。
 けっきょくM氏と仲のいい別の同僚に連絡して、スマホを受け渡しし、M氏の自宅に届けてもらいました。
 
夕食はいただきものの美味しい食パンに、クリームチーズやいぶりがっこを載せて、赤ワイン1本。
 
食材の買い出しのため自転車に乗っていたら、空から帽子にポトンとなにか降ってきて、見てみたら鳥のフンでした。一瞬テンション下がりましたが、運が付いたということで非常なハッピーデイだと言い聞かせております。
 帽子はすぐクリーニングに出しました。

−−−

 夕食。

 赤カレイの煮付け、生野菜とブロッコリーのサラダ、切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、納豆とほうれん草の巣ごもり、菊菜のごまポン酢和え、柿、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、赤こんにゃく煮、豚バラとセロリとしいたけのナンプラー炒め。

 

1月18日(金曜) 夜

 本日の株式会社。

 ずいぶんとダイレクトな御社名ですが、この店構えを見るとたしかにコストダウンが感じられます(笑)。

 Google社なんかもこの会社にお願いすれば、オフィスがこんな感じになってコストダウンを図れるんではないかと思います。

−−−

 夕食。

  サバの灰干し、ほうれん草のごま和え、切り干し大根煮、ポテトサラダ&サラダ菜、ニラと納豆の和え物、小松菜とお揚げのお汁、酢キャベツ、鶏トマトスープ、生野菜とブロッコリーのサラダ、デザートにパルテノ・ヨーグルト。

 

1月17日(木曜) 夜

 本日のスーツケース。

  「DAKE JA NAI」……だけじゃない!? テイジン??

 と思って二度見したら、ほんとにTEIJINだったので二度驚きました。帝人の社員さんでしょうかねえ。

−−−

 夕食。

 

 イワシの一夜干し&さんまの灰干し、小松菜とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、黒豆納豆とニラの巣ごもり、ほうれん草のごまペースト和え、りんご、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、切り干し大根煮。

 

1月16日(水曜) 夜

 来月初旬に1年ぶり2回目のフルマラソンを走る予定で、日頃からジョギングしているんですが。

 年末年始に34km走と20kmトレランを続けて行ったうえ、その後も地味に5km、10kmと走った疲労がたたってか、股関節の後ろあたりに鈍痛が出てきて少々焦っております。歩いている分にはまァ大丈夫なんですが、走ると痛みが出るという。

 本当は一週間くらいジョギングを休んだほうがいいような気もするんですが、「一週間走らない」というのは結構勇気のいることなんですよねえ(これ、マラソンを目指している人あるあるだと思ってるんですが…。そうでなければ当方がちょっと強迫的なのかもしれません)。

 勇気が無いのでつい5kmくらい走ってしまって、また痛くなるというのをここしばらく繰り返しています。さらに悪化したらマラソン完走すら危ういので、無理だけはしないよう気をつけてはいますが、とりあえず今週末は勇気を振りしぼって、清水の舞台から飛び降りるつもりでゴロゴロ過ごそうかと思います(笑)。

−−−

 夕食。

 

 塩サバ焼き、酢キャベツ、生野菜とブロッコリーのサラダ、ほうれん草のごま和え、ターツァイと豚ウデ肉のナンプラー炒め、ニラと黒豆納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&サラダ菜、切り干し大根。

 

1月15日(火曜) 夜

 ちょっといいお菓子を作っている「粟玄」(あわげん)というお店があるんですが。

 いただきものの「和洋」というお菓子の包装紙(写真下側)を見てみたところ……

 製造者名が「栗玄」(くりげん)になってました。

 印刷業者が間違って作って、お店の人もずっと気づかないままになっているんでしょうねえ。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草のごまペースト和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、ターツァイと豚ウデ肉のナンプラー炒め、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、かぶらの昆布漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、鶏カレー風味、切り干し大根。デザートにキウイヨーグルト。

 

1月14日(月曜) 夜

 週末のようすです。

京都・伏見のフレンチ「アンペイジ」、ちょうど1年ぶりに。
 
コース料理なので次々にいろいろ出てきて嬉しいです。これはアコウと人参に旨いソースをかけたもの。
 
これは牛肉のウチヒラという部位を焼いたもの&トリュフ。赤みの旨みがギュゥ! と濃縮されてます(笑)。あまりに旨くて、白ワイン1本&赤ワイン1本の計2本空けてしまいました。
 
アンペイジで飲んだワインが良質だったからか、意外と二日酔いは軽く、ウォーキングがてら家から歩いて高島屋京都店に。途中で「サブウェイ」に立ち寄って昼食、初めて入りましたがバインミーみたいで美味しいサンドですね。
 
高島屋でとても気に入った手袋をほぼ半額でゲットできました。バーゲン大好き。
  
夜は中書島「うさぎのだいどころ」にて、天ぷらその他で日本酒、ビール、焼酎。二軒目のバーで安ワイン飲んで撃沈しました。
 
安ワイン飲んだせいか翌日は二日酔いがひどく、ほとんど家でゴロゴロ。夕方に近所の河川敷を6kmだけジョギング。

 

1月11日(金曜) 夜

 いかにも日本人的だなァと我ながら思う「自分あるある」をひとつ。

 たとえば職場の同僚2人が、「先方への返信に添えるお礼の言葉を、本文の冒頭に書くか末尾に書くか」といった、傍から見ると些細なことで対立しているとします。こういうとき、ぼくなどは内心「どっちでもいいのに……」と思いながらも、どちらかの肩を持って一方の恨みを買うのもぞっとしないので、次のような物言いをすることが多々あります。

 「じゃあ、お礼の言葉を本文の冒頭と末尾の両方に書きましょうよ! より丁寧な印象になりますし、これでお互い円満解決ってことで、一石二鳥じゃないですか!!」

 自分ではうまくやったつもりなのですが、たいていは最悪な事態へと展開していきます。

 「あのねえ、両方に書くなんて言語道断です!!」
 「名倉さん、いったいどういうつもりなんですか!?」

 お互い円満解決どころか、両者から総スカンを食らって終了と(笑)。

 どうしてこうなるんだろうと考えてみると、もちろん当人たちの「こだわり」もあるでしょうけれど、おそらくぼくの「本当はどっちでもいいと思っているくせに、2人の衝突という眼前のメンドウをとりあえず無くそうとして、円満解決なんていう耳障りのいい言葉を持ち出しすおためごかし加減」が透けて見えて、それが両者を立腹させるんでありましょう。

 三谷幸喜監督『みんなの家』の主人公が、新築マイホームの玄関扉をどうするかをめぐっての周囲の意見対立に窮したあげく提案する、「内側にも外側にも開く玄関扉」を都度思い出します。

−−−

 夕食。

 真鯛の塩焼き、キノコとほうれん草のソテー、生野菜とブロッコリー&ポテトサラダ、ひじきと大豆の煮物鶏スープ&かいわれ大根、かぶらの昆布漬け、柿、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、酢キャベツ。

 

1月10日(木曜) 夜

 勿体ながりなもので、野菜くずの類は冷凍庫にポイポイ放り込んでストックしています。

 キャベツの芯やトマトのヘタ、ブロッコリーの茎の皮、玉ねぎの上部、白ネギの葉部分、シイタケの茎などなど……。これらを煮出せば野菜の良いスープがタダ同然で取れるので重宝しているのですが、ここしばらくストックする一方で使っていなかったので溜まりすぎて、冷凍庫が圧迫されてきまして。

 久しぶりに冷凍ストック野菜くずをやっつけることにしました。

気がつけばこんな量に(生ゴミではありません。笑)。
 
鍋に入るだけ放り込んで水を張って数時間トロ火で煮ます。
 
煮込んだら野菜を取り出して、さらに鶏肉を入れて1〜2時間煮込めば鶏スープのできあがり。

−−−

 夕食。

 イワシの一夜干し&塩サバ焼き、鶏スープ&かいわれ大根、生野菜とブロッコリー&ポテトサラダ、かぶらの昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、柿、ひじきと大豆の煮物、キノコとほうれん草のソテー。

 

1月9日(水曜) 夜

 以前からちょっと気になっているのが、新品コートの袖に仮縫いされているブランドタグをそのまま付けて着ている人です。

 …と言っても分かりにくいと思うので、店頭で写真を撮ってきました(笑)↓。こういうやつです。

 個人的にはコレ、ハサミ等で糸を切ってタグを取ってから着るものだと思っているんですが、世の中にはそのまま着ている人も結構多くて、自信が無くなってきます。

 まァ、ブランド名が大きく書かれたタグをあからさまに見せること自体、レティセンスに欠ける気恥ずかしさがあるように思うので、いずれにしても自分は取ってから着ると思いますが……。

 と言いつつ、マフラーに付いてるタグは取るのが勿体なくてそのまま付けてますが(笑)。それでも一応、タグが見えないよう裏側にして巻くようにしています。

 そういえば一昔前、バーバリーとかのマフラーのタグが前面に位置するように巻いてる女子高生をたくさん見かけたのを思い出しますねえ。

−−−

 夕食。

 棒鱈と里芋の煮物、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、ほうれん草のごまペースト和え、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、ラ・フランス(いただき物)、鶏肝煮、ひじきと大豆の煮物、豚スペアリブの角煮,、〆鯖(店屋物)。

 

1月8日(火曜) 夜

 電動の角質削り機を購入しまして。パナソニックES2502P、アマゾンで定価 6,800円が76%引きで1,648円!

 さっそく足裏の角質(魚の目を削った後)に使用しているんですが、いやー、これは素晴らしいです。

 今までネイルクリッパーでチマチマケずていたのがウソみたいに、電動でどんどん削れていきますし、微妙な調整もしやすいので削りすぎにもなりにくい。これさえあれば日々メンテナンスすることで、ずっと魚の目しらずで暮らせそうです。

 自分が困っていることって、たいていは世の中で他にも困っている人がいて、そこには需要と供給が存在しているのだということを改めて感じました。

−−−

 夕食。

 鮭ハラスとキノコのバターホイル焼き、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、もずく酢、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、ラ・フランス(いただき物)、鶏肝煮、納豆とほうれん草の巣籠もり、豚スペアリブの角煮。

 

1月7日(月曜) 夜

 新たに契約した「さくらインターネット」のサーバにアップしたファイル情報が、このドメイン(otearai.net)にも反映するようになりました。

 あとは、このドメイン(otearai.net)の管理先を、管理費の高いYahoo!から(今まではYahoo!ジオシティーズの有料プランを使っていたので付随してドメインを無料で利用できたのですが、それがなくなってしまうと年間3000円少々がかかってしまうのです)、比較的安いさくらインターネット (年間1800円少々)に移管する作業が承認・終了されたら全てOKです。

−−−

 週末は職場の自転車仲間と、比叡山までトレランしてきました。

標高が上昇するにしたがって、次第に雪がチラついてきます。昨年秋の台風の影響で倒れた木にも雪化粧が。
左から当方、N氏、I氏、F氏。
 
頂上に近づくと、とうとう雪道になりました。足元が凍っているので、おっかなびっくりで走ります。
 
頂上の大比叡(標高848メートル)。一面、雪景色です。
 
平成の時代が終わっても、こういう落書きは残るんでしょう(笑)。ま、雪に書いた字はそのうち消えるので、まだいいと思いますが。
    
とくにどうということのない小洒落た沖縄料理カフェにて打ち上げ。昼間から飲める店となると選択肢が狭まりますねえ。
    
夕食は近所の「ロカヴォ」にてハンバーグ&牡蠣フライのプレートで赤ワイン1本。  

−−−

 本日の夕食。

 納豆とほうれん草の巣籠もり、豚スペアリブの角煮、酢キャベツ、オレンジヨーグルト、ひじきと大豆の煮物、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、棒鱈と小芋の煮物。

 

1月5日(土曜) 夜

 昨日から仕事始めでした。

 年明けのようすをいくつか。

初売りバーゲンに行くため、自宅から歩いて四条河原町に。 途中で朝食、久しぶりに吉野家に入ったら、牛丼以外のメニューが豊富にあって軽くビックリしました。 
 
今年のバーゲンで買った品々。シャツ1枚と、メーカー品(笑)のあったか靴下を5足。
 
「ひさご寿司」にて昼食&日本酒1合。ここに入るの初めてでしたが、上品でとても美味しいお寿司で満足。
 
夕食に大手筋商店街の「餃子/酒場 いっちゃん」。餃子、ひな鶏の素揚げ、〆鯖その他で、瓶ビール、ハイボール、麦焼酎。可もなく不可もなしの店ながら、ひな鳥の素揚げが旨かったです。   

 ちなみに当方、ビールを飲むときは断然「瓶ビール派」なのですが、世間は「生ビール派」のほうが多いようで、なんで瓶ビールなの? としばしば訝られます。

 最大の理由は、「生ビールはジョッキが重くて腕が疲れる」からなのですが(とにかく腕力がないもので。笑)、これだけだと冗談だと思われて信じてもらえないことがあります。

 そういうときは、

 ・生ビールも瓶ビールも味は同じ
 ・価格と内容量を計算すると瓶ビールのほうがお得
 ・生ビールのサーバは店によって管理態勢がまちまちだが、瓶ビールはどの店でも開けたてで衛生的

 …という理由をまくしたてるように付け加えると、信じてはもらえますが、ちょっと引かれます。

−−−

 さて、以前にお伝えしていたように、今年度末でジオシティーズのサービス提供が終了するので、そろそろ新しいサーバへの移行作業に入ろうと思います。

 先ほど「さくらインターネット」に新規契約してファイルは移しました(こちらにいちおうミラーリング済みです)。これからドメイン移行に入りますが、しばらく動作が不安定になったり、閲覧できなくなったりする可能性もありますのでご了承ください。

 …なんてことをこのページに書いても意味ないんですが(笑)。 遠足などで先生が「みんな揃ってるか〜? 来てないヤツは手を挙げろー!」って訊くみたいな。

 

1月3日(木曜) 夜

 明けましておめでとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末年始のようすです。

大晦日は2月のフルマラソンに備えて34km走りました。いやー、30km過ぎてからがとくにキツかったです。 
 
30km以上走って疲れたので、本日はチートデイ(解禁日)として宅配ピザ。たまにこういうジャンクなものを食べるとめちゃくちゃ美味しいですね。
 
元日は明治天皇陵にお参り。
 
ついでに乃木神社にも立ち寄ってきました。旧軍部のにおいがそこかしこに。
   
元日からやっていた中華料理「くれたけ」にて、酒粕担々麺その他。
 
例年通り元日の夕刻から実家に帰って、両親とおせち料理&日本酒。今年は「月の桂」の「物集女」という銘柄の生酒、芳醇ながらスッキリしていてとても旨いお酒です。
 
実家のトイレットペーパー。業者並みのストック量(笑)。

−−−

 本日の夕食。手抜き&気抜けご飯です。

 ほうれん草と黒豆納豆の巣ごもり、バナナとオレンジのヨーグルト、棒鱈(実家からの持ち帰り)、豚汁、サバ缶&ブロッコリー&トマト、豚スペアリブの角煮。

 


Counter

2018年4月〜2018年12月のプチ日記

Otearai Webの表紙へ