便座さんです プチ日記  Since 1999.3.29  表紙  日記過去ログ一覧   メール


4月19日(金曜) 夜

 本日の大きな荷物。

 自転車の荷台に載せられているのはアルミ缶でしょうか。中国やベトナムではこういった光景もよく見かけましたが、我が国においても今後また増えていくんでしょうかねえ。

 どれだけの重さなのかは分かりませんが、数十キロはありそうなので、うまくバランスをとって漕いでいるオジサン結構すごいと思いました。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、サバの魚卵煮、鶏肝煮、生野菜サラダ、ニラの玉子とじ、ポテトサラダ&サラダ菜、水菜のごまポン酢和え、小松菜とお揚げのお汁、ひじきとシイタケの煮物、鶏手羽元のワイン煮込み、キムチ冷奴、春キャベツと塩昆布の和え物、デザートにパルテノヨーグルト。

 

4月18日(木曜) 夜

 昨日は大学時代の友人G君と、卒業以来23年ぶりに再会して飲みに行きました。いやー、懐かしい!!

京都・伏見「花吹雪」にて、左側が当方、右側がG君。前菜盛り合わせ、お造り盛り合わせ、その他で白ワイン1本、地酒(蒼空)2本、瓶ビール3本ほど。

 金融関係の某会社に勤めるG君、仕事上の都合でフィリピンに在住しているんですが、今回たまたま一時帰国したのを機に再会できたという次第です。すっかり酔っ払って、近くの明治天皇陵まで一緒に全力で駆けっこをしたり、学生時代と変わらぬBAKAができるのも相変わらず(笑)。

 ちなみにフィリピンは一般人でも銃を持てるので、借金の取り立ても手荒な真似をすると銃が出てくるから変なことはできないらしいです。なるほどー。

 おみやげに、ドライマンゴーをもらいました。甘酸っぱくて旨いです。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、水菜のごま和え、生野菜サラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ひじきとシイタケの煮物、サバの魚卵煮、粕汁、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け、鶏肝煮、にらの玉子とじ、豚の角煮、キムチ冷奴。デザートにいちご。

 

4月16日(火曜) 夜

 自宅のシャワートイレ(INAX製)のランプが突然、高速で点滅し始めまして。

 使用年数も10年経つので、もしかして故障!? シャワーが使えなくなったら、うんこの後ちょっとキビシイなァ……。

 と思ってネットで調べてみたところ、どうやら「INAXタイマー」と呼ばれる機能で、約10年が経過すると故障の有無にかかわらず、有償点検を促すためにランプが点滅する仕様になっているらしく。で、INAXに連絡すると、サービスマンが7000円+税でやってきて、点検と点滅解除を行って帰っていくんだとか。

 おまけに点滅解除の方法は公開されておらず、情報通の人たちによると、基盤を開けて特定の電気コードを切除することで点滅が止まるみたいです。

 まァ、本当に故障する「タイマー」ではないだけマシですが、今のところ問題なく使えているので、点検はせず使い続けることにします。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ポテトサラダ&サラダ菜、生野菜サラダ、粕汁、鶏肝煮、鶏手羽元のワイン煮込み、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、ひじきとシイタケの煮物、ニラと納豆とクリームチーズのおかか和え、サバの魚卵煮、ホタルイカとアスパラガスのからし酢味噌。デザートにりんご。

 

4月15日(月曜) 夜

 週末のようすです。

高島屋の「春の大北海道展」にて購入した鮨処竜敏のウニほたて丼その他で家呑み。日本酒300ml+白ワイン1本+赤ワイン半本。いやー、旨かった!!
      
休日は雨天だったので、ほとんど家でゴロゴロ。アマゾンプライムで映画『武士の献立』。
 夕食は近所のロカヴォにて、ハンバーグ&牡蠣フライのプレート(1300円)で赤ワイン1本(2500円)。そろそろ牡蠣も今シーズン食べおさめですねえ…。
    
翌日は「ザ・めしや」にて〆鯖その他。
 
明治天皇陵の大階段を12周で1時間。

−−−

 夕食。

 キンキの塩焼き、粕汁、ニラと納豆の巣ごもり、生野菜サラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、鶏肝煮、ごま豆腐、ひじきとシイタケの煮物、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のごま和え、大根皮のポン酢漬け、ホタルイカ&アスパラガスのからし酢味噌、豚の角煮。デザートにりんご。

 

4月12日(金曜) 夜

 本日の山科川。

 桜と菜の花、桃色と黄色のコントラストが……キレイと言いたいところですが、菜の花の繁殖っぷりがちょっと気持ち悪いです。

 おそらくセイヨウアブラナかセイヨウカラシナでしょう。外来種のたくましさはFUZEIとは対極的な感じもありつつ、それも含めて、あー春だなと思わされます。

−−−

 夕食。

 ほっけの塩焼き、キュウリの梅酢塩昆布和え、生野菜サラダ、キムチ冷奴、鶏手羽元のワイン煮込み、粕汁、大根皮のポン酢漬け、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、ゴボウと人参のキンピラ、ブリ魚卵の煮付け、セリのポン酢桜えび。デザートにパルテノヨーグルト。

 

4月11日(木曜) 夜

 誰しも多かれ少なかれ「こだわり」はあると思いますが。

 自分のこだわりのひとつは家着です。できるだけ身体をしめつけないのが好きなので、家では靴下もできるだけユルユルの使い古ししか履きません。

 おそろしく貧乏くさいですが、これが「イイ」んです(笑)。こうなるまでに1シーズンかかるので、ここまでヨレた靴下は自分の財産として大切にしています。

 もし我が家に泥棒が入ったとき、盗られたら困るモノのひとつと言えそうです。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、小松菜のごまポン酢和え、生野菜サラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、鶏肝煮、粕汁、せりとお揚げの玉子とじ、ゴボウと人参のキンピラ、鶏手羽元のワイン煮込み、パルテノヨーグルト、大根おろし&しらすのポン酢、アボカドのわさび醤油マヨ、ぶり魚卵の煮付け。

 

4月10日(水曜) 夜

 本日の、由緒正しそうな車止め。

 もともと何かの石碑か石柱だったようですが、年月とともに傾いてきた挙げ句、カラフルなテープを巻かれて車除けに。

 まァ、「ちょうどいい」のは分かりますが、ちょうどいいから便利に使われてしまう哀愁を感じさせられます。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ほうれん草のごま和え、生野菜サラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ごぼうと人参のキンピラ、鶏手羽元のワイン煮込み、粕汁、りんご、黒豆煮&クリームチーズ、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、ぶりの魚卵煮、アスパラガスのからし和え&ほたるいか、アボカドのわさび醤油マヨ。

 

4月9日(火曜) 夜

 本日の、買う気喪失。

 キハダまぐろの刺身のようですが、しょうゆに長時間浸されてドリップがすっかり出てしまっていますし、あと「おいちぃ〜よ!」って莫迦にしとるんか!? と。

−−−

 夕食。

  イワシの梅煮、粕汁、生野菜サラダ、牛蒡とニンジンのきんぴら、ポテトサラダ&サラダ菜、豚の角煮、玉子豆腐、りんご、小松菜とお揚げのお汁、ぶりの魚卵、鶏肝煮、アスパラのからし和え&ほたるいか酢味噌、クリームチーズ&黒豆甘煮、ほうれん草のごま和え。

 

4月8日(月曜) 夜

 週末のようすです。

先斗町の蕎麦屋「河道屋・銀華」にて、天ざる&焼酎そば湯割り。
     
翌日は天気も良かったので、先週に引き続きお花見に繰り出しました。菜の花も満開です。
   
菜の花をバックに撮影してる新婦さんがいました(中国人?)。おそらく桜を撮りに来たんだと思いますが、「菜の花もキレイだから、ついでに撮っときましょう」となったんでしょうな。
 
伏見港付近の十石舟。
 
伏見港公園にて、赤ワイン1本&チューハイ3本。
 
本当にちょうど満開のタイミングで。
   
お花見の後は、中書島の「バーMICA」にて瓶ビール4本。差し入れの粟おこしを肴にチビチビ(笑)。  

−−−

 夕食。

 アマゴの塩焼き&たで酢、粕汁、生野菜サラダ、黒豆煮、酢キャベツ&ポテトサラダ、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、新ごぼうと人参のキンピラ、りんご、ぶり魚卵の煮付け、ほうれん草のごま和え、アスパラガスのからし和え&ホタルイカのからし酢みそ。

 

4月5日(金曜) 夜

 下図は京都近辺の地図ですけれど、林立している数字は何を表してるか分かりますでしょうか?

 人口密度かな? いやでも違いそうだなァ、なんだろう?? …という感じではないかと思います。

 答えは、画像の元サイトである下のリンク先を見ていただければ分かると思います。

 Air Pollution in World: Real-time Air Quality Index Visual Map

 はい、世界各地の大気汚染レベルをリアルタイムで表示しているのでした。

 サイクリングの行き先を考えるときなどに重宝しそうです。

−−−

 夕食。

 にら玉汁、紅茶豚、生野菜とブロッコリーとポテトサラダ、ピーマンのごまポン酢和え、カボチャの煮付け、鯖の魚卵煮、ブルーベリーヨーグルト、切り干し大根煮、アボカドのわさび醤油マヨ、ニシンと生カズノコの煮付け。

 

4月4日(木曜) 夜

 本日の、分かるんだけど変。

 「月極バイク」というのも考えてみたら変ですが、よく見たら「極」の字も「樫」になってました。

 字義通りにとると「月樫バイク」というバイク店なのかもしれませんが、まァそんなワケなくて。

 これだけ変でも、直感的に意味が分かるのが、人間のエラいところです。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、紅茶豚、生野菜とブロッコリーのサラダ、酢キャベツ&ポテトサラダ、切り干し大根煮、小松菜とシイタケとエノキの炒め、カボチャの煮付け、ニラと納豆の巣ごもり、キュウリと塩昆布の梅酢和え、鯖の魚卵煮、ピーマンと桜えびのポン酢。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

4月3日(水曜) 夜

 選挙カーがあちこち走り回っています。

 車窓から愛想をふりまくうぐいす嬢、通行人から手を振られたりすると「手を振ってのご声援、誠にありがとうございます!!」と盛大に応えておられるわけですが。

 自転車に乗りながら手を振った小学生にも「手を振ってのご声援、誠にありがとうございます!!」と応えてしまったものだから、すっかり舞い上がった小学生、その後も自転車で選挙カーを追いかけて手を振り続けて、ちょっと困った感じになってしまってました。

 うぐいす嬢も2〜3回は応え続けていたものの、そのうちサクッと無視するようになって、あー、まーそうだよねと。

 あと、某政党の選挙カーが道路で強引な横入りをして周りからヒンシュクを買っていて、あ、この政党への投票は無しだなと改めて思いました。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、黒ごま豆腐、生野菜とブロッコリーのサラダ、カボチャの煮付け、ほうれん草のごま和え、ポテトサラダ、切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、小松菜とシイタケとエノキの炒め、鶏手羽元のトマト煮込み、サバの魚卵の煮付け。デザートにミックスフルーツヨーグルト。

 

4月2日(火曜) 夜

 タバコをやめて3年目になります。

 以降、一度も喫煙していないんですが、「もしもまた吸いたくなったら…」という往生際の悪さと、「捨てるのも勿体ないし…」というケチな気持ちと、「たとえ手元にあっても吸わないのってエラい!」という妙な自負とが相まって、手持ちのタバコはなんとなくそのまま持っていました。

 でも新年度になったことだし、いい加減そろそろ捨てようかと思って、台所に仕舞っていたタバコを久しぶりに出してみたところ。

パッと見、なんということのないセブンスターです。
     
賞味期限が2017年なので、いずれにしても不味くなってるだろうとは思ってたんですが……。
  
中身を見てみたら、「ん!?」。なんか虫が食ったようになっていました。
 
取り出してみたら、見事にすべて虫に食われて、葉っぱがほぼ無くなってました。

 タバコの葉って毒性が強く、人がそのまま一箱食べると致死量になると聞いたことがありますが、虫はほんと何でも食べるんですねえ。フィルターもけっこう食べてましたし、なにが美味しいのかよく分かりません。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、ほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏手羽元のトマト煮込み、アボカドのわさび醤油マヨ、カボチャの煮付け、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&酢キャベツ、切り干し大根煮、小松菜とシイタケとエノキの炒め、サバの魚卵の煮付け、春菊と桜えびのポン酢。デザートにミックスベリーヨーグルト。

 

4月1日(月曜) 夜

 週末のようすです。

桜が開花し、晴れ間も出てきたので、近所の伏見港までお花見に繰り出しました。
    
近くの韓国料理店「紗蘭」で買ってきたチヂミ、キムチ、スジ煮込みなどをアテに、白ワイン1本&赤ワイン1本+チューハイ1本。おしゃれピクニックとは対極の雰囲気ですが(笑)。
  
ここ伏見港はまだ5分咲きくらいでしたが、まァそれなりに桜の雰囲気を楽しめました。
 
お天気は晴れたり曇ったり、ときには降ったりでした。
 
翌日は明治天皇陵にて週末の運動。
 
大階段を12周で1時間ジャストのアップダウン・ジョギング。このくらいが疲れすぎずほうどいい運動量です。
  
大中ラーメンにて、大中ラーメン大盛り・ロース・新味・ねぎモヤシ多め・温泉卵アリ・キムチアリ。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、小松菜とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、粕汁、ポテトサラダ&酢キャベツ、ほうれん草のごま和え、カボチャの煮付け、パルテノヨーグルト、切り干し大根煮、サバの魚卵の煮付け、春菊と桜えびのポン酢、小松菜とシイタケとエノキの炒め。

 

3月29日(金曜) 夜

 最近「欲しいモノ」が無くて、買い物の楽しみから遠ざかっているのが少々さみしい気もします。

 欲しいモノがあると、すぐ買う買わないは別としても、パンフレットやカタログを見比べては吟味したり、店で現物を手にしては「やっぱりエエのう…」と悦に入ったりする愉しみがあって、むしろこういう時間のほうが静かに盛り上がるのが常なんですが、そういうのが無いんですねえ。

 「いらんモン買うたら、かさばって家が狭くなるし」とか考えてしまうと、余計に何を買う気も失せてきて。

 いま欲しいのは、「欲しいモノ」かもしれません。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、アボカドのわさび醤油マヨ、生野菜とポテトサラダ、冷奴、鶏手羽元とジャガイモのトマト煮込み、きゅうりの梅酢塩昆布和え、小松菜とお揚げの玉子とじ、酢キャベツ、ニンジンとレーズンのマリネ、ひじきとシイタケの煮物、鶏肝煮、菜の花のからし和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月28日(木曜) 夜

 平日にお酒をやめて2週間になります。

 なんとなく手持ちぶさたな感じもありますが、ぼくの場合は、少し飲むともう少し飲みたくなり、さらに飲むともっと飲みたくなるのが常なので、適量で切り上げるよりはむしろ、まったく飲まないほうが楽な気もしています(笑)。

 あと夜をシラフで過ごしていると、一日がちょっと長くなった感じがします。夜長に何をしているかといえば、テレビや入ったばかりのアマゾンプライム・ビデオを観たりしてるだけですが…。

 それにしてもアマゾンプライム、無料映画に観直したいものが多すぎてたいへんです。とりあえず今日は『ノー・カントリー』観よう。明日は『グエムル』にしようかな〜。

−−−

 夕食。

 菜の花のからし和え、粕汁、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーと温泉卵のサラダ、イワシの梅煮、ひじきとシイタケの煮物、ポテトサラダ&サラダ菜、小松菜とお揚げのお汁、イチゴヨーグルト、ニンジンとレーズンのマリネ、酢キャベツ、タラコの煮付け。

 

3月27日(水曜) 夜

 久しぶりに、サブカルチャー系の気になる本があったので買って読んでみました。

 とても面白くって、3時間かけて一気読み。「そうそう!」と膝を打つ箇所はいくつもありましたが、根本敬氏ご本人の文章から引用されていた、

 「90年代の悪趣味ブームを支えていた人たちっていうのは教養があって知的な人が多かったし、読んでいる方も『行間を読む』術は自ずと持っていたと思うんですよ。
 それに『影響受けました!』っていう第二世代、第三世代が出てくるにつれどんどん崩れて、次第に単に悪質なことをかいてりゃいいや、みたいな”悪い悪趣味”が台頭してくるようになる。だいたい趣味がいい人じゃないと、悪趣味ってわからないからね。
 村崎(百郎)さんにしろ、オレの漫画にしろ、結局世の中がちゃんとしていてくれないと、立つ瀬がないわけですよ。でも、世の中がどんどん弛緩していっちゃって、もう誰もがいつ犯罪者になるのか、わからないような状況になっちゃったのが鬼畜ブームの終わり以降。(以下略)」

 あたりなどは、なるほどその通りかもなーと何度も思ったり。

 根本敬氏の過去の著書が昨今のヘイト問題と同様のバッシングを受けている背景には、もちろん個人情報保護の浸透といった時代の変化も影響はしているんでしょうけれど。それ以上に、「愛憎入り混じりながら対象物を面白がりつつ物事の本質を生暖かく描き出す」根本作品と、「単なる誹謗中傷、差別・攻撃によるカタルシス、排除」に終始しているヘイトとを、同等のものとして認識するような層が、ネットでの短絡的な情報の氾濫も手伝って増加してきているという背景もあるような気がします。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ひじきとシイタケの煮物、鶏肝煮、鶏手羽元のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、タラコの煮付け、アボカドのわさび醤油マヨ、春キャベツの桜えび和え、春菊の塩昆布ポン酢。デザートにパルテノ・カシスヨーグルト。

 

3月26日(火曜) 夜

 アパートの玄関口に、こんなのが登場していまして。

 なんかタダでもらえるんかな? …と思って近づいて見たところ、

 こういうコトでした。

 こういうのって、ひとつくらいなら一般ゴミに混ぜてこっそり捨てている人も結構いると思うんですが、これだけ一挙にそのまま処分するという横柄さが「それはちょっと…」ということなんだと思いますねえ。例えるなら、プールでこっそり我が子におしっこさせてるお父さんなどは結構いそうですが、かといって周りに聞こえるような大声で「おまえら今のうちにプールで小便しておけよ〜!!」などと言うと大ヒンシュクを買うというような。

 世の中、たいていのことは「程度問題」です。

−−−

 夕食。

 イワシの梅煮、春キャベツのハニーマスタード、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏肝煮、ポテトサラダ&サラダ菜、ひじきとシイタケの煮物、大根皮のポン酢漬け、粕汁、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草のごま和え、人参とレーズンのマリネ、春菊と桜えびのポン酢、たらこの煮付け。デザートにデコポン。

 

3月25日(月曜) 夜

 週末のようすです。

近所の「マグロガレージ」にて、マグロ丼・大盛り(1500円)。ご飯が足りないくらいマグロがたっぷりで、とっても旨い!!
    
翌日は「京都トライアスロンクラブ」の皆さんと一緒に、木津川サイクリング&ランニング。体験入部的に参加させていただきました。
 
70kmのサイクリングと7kmのランニング。皆さんトライアスロンの現役だけに、着いていくのもやっとでしたが、とても良い運動になりました。
 ただ、ぼくの場合、自転車とランはそこそこ好きなんですが、水泳がほとんどできないので……。トライアスロンにも誘ってくださったものの、水泳が無理ですわ。「自転車70km、ラン7km、水泳15m」とかなら参加できるかもしれませんが。
 
「チョッカーナ」にて、あまごのコンフィその他で白ワイン1本。帰宅してからさらにミックスナッツ&チョコレートで赤ワイン1本。
 
翌日、無性に蕎麦が食べたくなって、近所の高級料亭「ザ・めしや」にて、ざる蕎麦その他。昼食に1300円も使ってしまいました。
 
外来種の菜の花が咲きまくる近所の河川敷にてジョギング6km。

−−−

 夕食。

 鯛の塩焼き、ほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ひじきとシイタケの煮物、鶏肝煮、春キャベツの桜えび和え、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け、にんじんとレーズンのマリネ、たらこの煮付け。デザートにデコポンと、キウイヨーグルト。

 

3月22日(金曜) 夜

 今まで、年間365日のうち360日くらいは多かれ少なかれお酒を飲んでいましたが。

 とくに身体を壊したとか、どこか悪くしたとかいうワケではないんですが、40歳も半ばになったこともあり、平日は休肝日にしてみることにしました。

 週末は一晩でワイン1〜2本、多いときは日本酒1升くらい飲むので、これで適正飲酒量を維持しようとなると、一週間のうち5日間は一滴も飲めない計算になってしまうんですねえ。かといって週末に自制する のは真っ平なので、今まで平日に飲んでいた缶チューハイ2〜3本の晩酌を止めてみようと思ったという次第で。

 開始してまだ1週間くらいしか経ってませんが、夜中に小用で目覚めることが少なくなって睡眠の質が向上したおかげか、朝の調子がよくなった気がします。

 病気のためとか、誰かに注意されたからとかの「マイナスの理由」から禁酒するのは、させられてる感があってツラいだけになりそうですが、朝の調子をよくするためといった「プラスの理由」からだと、同じことをするのが苦痛でなくなるのが良いところです。

 そういえば最近、神戸大学と同志社大学の共同研究で「日本人の幸福度を決定する最大の要因は『自己決定』である」という結果が出たそうで、あー、確かにねえと。

−−−

 夕食。

 塩サンマ焼き、鶏手羽元とジャガイモとブロッコリーのトマト煮込み、生野菜&ポテトサラダ、ニラとエノキダケの玉子とじ、粕汁、冷奴、きんかん、大根皮のポン酢漬け、菜の花のからし和え。デザートにキウイヨーグルト。

 

3月21日(木曜) 夜

 昨夜は、職場のサイクリング&ラン仲間3人で飲み会。伏見「まる福」にて。

あらかじめ予約していたんですが、自分の名前が「ナベラ」になっていたようで。店に先着した同僚が「ナグラで予約している者ですが」と言ったら、店員から「ご予約がありませんが」と返されて焦ったそうです。
    
刺身や天ぷらその他で、飲み放題。瓶ビール1本&白ワイン5〜6杯&赤ワイン2杯。
 
アパート管理会社からの定期メンテナンスで、排水口の高圧洗浄が行われました。滅多にない「来客」で、自宅を掃除する貴重な機会となっています(笑)。

−−−

 夕食。

 灰サバ焼き、小松菜のごま和え、生野菜とブロッコリーとクルミのサラダ、大根皮のポン酢漬け、冷奴、粕汁、納豆とニラとクリームチーズのおかか和え、きんかん、ポテトサラダ&サラダ菜、ほうれん草とエノキダケのお汁、春菊としらすのポン酢、菜の花のからし和え。

 

3月19日(火曜) 夜

 先日、近所のツタヤが店じまいで、レンタル落ちのCDとDVDを100円均一で処分セールしてまして。

 このオンデマンド時代にどうかと思いつつも、やはり現物を見ると心が躍って、ついつい買い込んでしまいました。

 それも多くがヒューボ〜ン映画(なんにも考えずに観れる、銃弾と爆弾だけの映画を自分の中でこう呼んでいます)、そしてヒューボ〜ン音楽(笑)。

 私が本当に何度も観たいシネマ、それは「コマンドー」と「ランボー」です。

−−−

 夕食。

 大根皮のポン酢漬け、小松菜とエノキダケのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ、ほうれん草のごま和え、紅茶豚&青梗菜、キンカン、パルテノヨーグルト、ポテトサラダ&サラダ菜、春菊と桜えびのポン酢、菜の花のからし和え、灰塩サバ焼き。

 

3月18日(月曜) 夜

 週末のようすです。

高島屋の大東北展で売られていた「うにイクラ弁当」その他で家飲み。日本酒300cc+缶チューハイ3本。
  
翌日、本当は職場のサイクリング部でライドに出かける予定だったんですが、雨天の予報のため中止に。代わりに1人で近所をジョギングしてました。
 
中書島の三栖閘門&澱川橋梁(日本最大のトラス橋)。
 
ネコが2匹いました。
 
自宅から10kmあたりで折り返しました。途中から予報通り雨が降ってきましたが、気にせず走るしかありません。
 
風呂尻橋、ちょっとヘンな名称なのでパチリ。
 
夕食は伏見「鳥せい」にて、鶏肝しぐれ煮、串焼きその他で、原酒&たれ口。

−−−

 夕食。

 めばるの煮付け、小松菜とエノキダケのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、酢キャベツ、アボカドのわさび醤油マヨ、紅茶豚&青梗菜、キンカン、ポテトサラダ&サラダ菜、ほうれん草のごま和え、春菊と桜えびのポン酢。デザートにパルテノヨーグルト。

 

3月15日(金曜) 夜

 今までDVDをレンタルしていた近所のツタヤが潰れてしまったので、アマゾンプライムに入りました。

 いやー、確かにこれは便利ですねえ。観たいと思ったときに、たいていの映画作品が観れてしまうわけなので、今までよくわざわざツタヤまで足を運んでいたなァと思います。おまけに返しに行く必要もないし、中には観たい作品が無料で見れたりもしますし。

 …と、時代遅れを露呈しておりますが(笑)。

 本屋に行かなくなったのと同じ理屈で、ツタヤで「なんか面白そうな作品ないかなー」とDVDのパッケージを物色する中での作品との出会いという偶然性がなくなってしまったのは少々さみしい気がします。アマゾンンがオススメしてくるのは確かに自分の好みのポイントを突いてはいるんですが、こういう外的操作にすべてコントロールされてしまうのも善し悪しだなァと。

 あと、家から出なくなるのも良くないですね。運動不足になりますし。

−−− 

 夕食。

 〆鯖(既製品)、小松菜とシイタケとお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ、豚スペアリブの角煮、切り干し大根の梅煮、りんごコンポートのヨーグルト、酢キャベツ、鶏肝煮、菜の花のからし和え。

 

3月14日(木曜) 夜

 近所の長らく放置されている空き地。

 当初はキレイに更地となっていたのですが、次第に着実に荒れてきています。小さなゴミや犬のフンが増えてくるのはまァ仕方ない気もしますが、大きな石がゴロゴロしてきたのは理由がよく分かりません。また、いつの間にか簡易のイス&テーブルが登場して、どうやら宴会まで催されているようすです。

 秩序あるものは時間とともに無秩序な方向へと移ろっていく、エントロピーの法則を実感させされます。とは言え、我が家のほうがエントロピーの法則がずっと強力に作用していると考えざるを得ませんが……(笑)。

−−−

 夕食。

 金目鯛の刺身&しょうゆ、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、ポテトサラダ、イワシの生姜煮、鶏手羽元の赤ワイン煮、大根皮のポン酢漬け、ほうれん草と納豆のクリームチーズ和え、小松菜としいたけとお揚げのお汁、菜の花のからし和え、切り干し大根の梅煮、春キャベツと桜えびの和え物。デザートにオレンジヨーグルト。

 

3月13日(水曜) 夜

 本日のガッカリ。

 ぬおっ、298円でお造りバイキング? お刺身が盛り放題!? …と鼻息荒く駆けつけてみたら、なんのことはない単なる298円均一でした。

 ま、考えようによっては「取り放題」ですが(ただし取った量に応じて料金も高くなります)。

 ちなみに「バイキング」は和製英語らしいですね。じゃあ取り放題の英語は「ブッフェ」かと思って調べてみたところ、ブッフェはセルフサービスの意味でした。

 食べ放題って、外国ではあまりないんですかねえ。

−−−

 夕食。ブッフェスタイルです。

 いわしの煮付け、ほうれん草と桜えびの和え物、生野菜とブロッコリーのサラダ、春キャベツのハニーマスタード、ポテトサラダ、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、きんかん、切り干し大根の梅煮、大根皮のポン酢漬け、菜の花のからし和え。

 

3月12日(火曜) 夜

 市バスの行先き表示を実寸大で再現した「京都市バス方向幕タオル」が我が家にやってきました。1500円なり。

 これぞ正にバス・タオル!! というわけで、5番は高校時代によくお世話になったので、家にあるとなんとなく心が華やぎます。

−−−

 夕食。

 いわしの煮付け、春キャベツのハニーマスタード、生野菜とブロッコリーのサラダ、大根皮のポン酢漬け、ほうれん草のごま和え、冷奴、切り干し大根の梅煮、豚スペアリブの角煮、筍と小松菜のお汁、ポテトサラダ、鶏肝山椒煮、春菊と桜えびのポン酢がけ、菜の花のからし和え。デザートにイチゴヨーグルト。

 

3月11日(月曜) 夜

 週末のようすです。

クリント・イーストウッド監督の作品は観ることに決めているので、新作『運び屋』をMOVIX京都にて観てきました。イーストウッド監督、88歳にして今なお素晴らしい作品を撮り続けているなァと感服します。
 ちなみにこの前日は、知り合いの大学の先生たちと飲みに行って、数年ぶりの痛飲で(日本酒換算で一升半くらいは飲んだような…)後半は完全にブラックアウト、翌日は夕方まで二日酔いという体たらくで映画館に向かったのですが、『運び屋』に背筋を正されました(笑)。
  
映画を観た後は「田毎」にて天ざる&日本酒2合。おいしい蕎麦屋です。
 
「田毎」は、みうらじゅんさんが子どもの頃から行っておられたお店でもあります。傍らには山田五郎先生、安西肇さんのサインも。
 
翌日は悪いニュースもあった「くら寿司」にて昼食。
その後、明治天皇陵の大階段を10周ジョギング。

−−−

 風食。

 エテカレイの煮付け、筍と小松菜のお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、春キャベツと桜えびのえごま油和え、ほうれん草のごま和え、冷奴、切り干し大根の梅煮、大根皮のポン酢漬け、鶏肝の山椒煮、ポテトサラダ、春菊のおかかポン酢。デザートにきんかん。

 

3月8日(金曜) 夜

 冷蔵庫の氷がちっとも作られないなーと思っていたら、自動製氷機がこわれてました。

 製氷トレイが斜めのまま動かなくなっていたので、当初は単に凍りついているだけだろうと考えて、余計な氷を取り除いて一日ようすを見たのですがやっぱりダメで。一体どうなっているのかと奥のほうを調べてみたら、 駆動軸の動作部分が変な斜め位置で固まっていたのでした。おそらくモーターかギヤがいかれてしまわれたのでしょう。

 まだ10年しか使ってないんですが、こういう便利機能ほど壊れるのが早いですねえ。

 修理に来てもらうと何万円もかかりそうなので、やむなく普通の製氷皿に切り替えていますが。

氷なんて本来、こうやって手作りしていて何の不便も感じていなかったことを久しぶりに思い出しました。

−−−

 夕食。

 ブリの刺身、小松菜とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏手羽の赤ワイン煮&粒マスタード、ニラと納豆のおかかクリームチーズ和え、きんかん、粕汁、ポテトサラダ&サラダ菜、大根皮のポン酢漬け、魚卵こんにゃく。

 

3月7日(木曜) 夜

 びろうな話でたいへん恐縮なのですが。

 本日、今までの人生で一番大きい! というウンコが出まして、自分のウンコに押し返されるという経験を初めてしました。

 洋式トイレだったんですが、ウンコがしっかりしながらも非常に長かったため、水面から穴の奥へと入り込んで底に当たり、そこで止まった状態のままさらに出続けようとして、自分のお尻に押し返されてきたという次第です。

 こんなこともあるのかと、我ながらビックリしました。自慢だと思われるとチョット恥ずかしいんですが(そもそも内容自体のほうが恥ずかしいのはさておき。笑)。

 ちなみに、詰まったらどうしようと相当ビビりながら流したんですが、まるで新幹線が駅を去るときのようなスムーズさで流れて心底ホッとしました。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、ニラと納豆のクリームチーズおかか和え、粕汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、菜の花のからし和え、ほうれん草とヒラタケのお汁、鯖の魚卵煮、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、スペアリブの角煮、赤こんにゃく煮。デザートにパルテノ・ブルーベリーヨーグルト。

 

3月6日(水曜) 夜

 映画『マッドマックス・怒りのデスロード』には、イモータン・ジョーという悪役が登場します。

 インパクトのあるキャラクターで、今もなお印象に残っているのはいいんですが……。

 本日のイモータン。

 当然ながら、これを見て頭に浮かぶのはイモータン・ジョーのご尊顔です。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、ほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、粕汁、鶏手羽元の赤ワイン煮、小松菜とヒラタケのお汁、春菊のあみえびポン酢、大根皮のポン酢漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、赤こんにゃく煮、菜の花のからし和え。デザートに、きんかん、イチゴヨーグルト。

 

3月5日(火曜) 夜

 本日の控えめなお店。

 モーニングたこたま。コーヒーを前面に出すのはスタンダードですが、その下の小さな「蛍石」と、さらに小さな「一口串カツ」が涙を誘います(笑)。

 激しくこじんまりした感じにシンパシーを抱きますが、入店してみるちょっとした勇気がないまま経過しているのも事実です。

 竹田街道の勧進橋付近にて。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、冷奴、スペアリブの角煮、しらす大根おろし、小松菜とヒラタケのお汁、菊菜とあみえびのポン酢和え、粕汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、きんかん、ほうれん草のごま和え、ポテトサラダ&サラダ菜、赤こんにゃく煮、菜の花のからし和え。

 

3月4日(月曜) 夜

 週末のようすです。

久しぶりに「チョッカーナ」に。写真の鯖スモーク&マッシュポテトはよく注文する一品です。あと白菜とゴルゴンゾーラのグラタンで白ワイン1本。
 ちなみにチョッカーナのマスターから突然、「名倉さんってブログなさってるんですか?」と訊かれ、いったい何かと思えば、「先日、三重から来られたお客様が、名倉さんのブログを見て来店したんですって言ってくださったんです」「それで、名倉さんがいつも注文されるのはどの品ですか等、聞いてくださってました」とのこと。
 いやー、こういうお話を聞くと嬉しいものです。
  
チョッカーナでビーフシチューもいただきました。追加で赤ワインのグラス2杯。このお店は「野菜ダイニング」を標榜されているだけあって、イタリアンを中心に野菜をたくさん食べられるのもありがたいです。
 
翌日は父親の喜寿(77歳)祝いで、両親とともに京都の「たん熊・北店」に行ってきました。
 
趣向の凝らされたステキな八寸&濁り酒。
 
写真の油目真丈その他で、白ワイン半分&冷酒1合くらい。
さすが老舗だけあって、どれも上品でしみじみ旨いです。
       
たん熊はお酒も高く、たくさん飲むのも憚れたため、帰宅途中に「珈琲酒場・ののまる商店」にてハイボール4杯。
     
雨の中、明治天皇陵の大階段10周ジョギング。その後、大中ラーメンで昼食。    

−−−

 本日の夕食。

 〆鯖(既製品)、冷奴、生野菜とブロッコリーのサラダ、ほうれん草のごま和え、鯖の魚卵煮、小松菜とヒラタケのお汁、釜揚げシラス&大根おろし、粕汁、ポテトサラダ&サラダ菜、きんかん、酢キャベツ、鶏手羽元のトマトの赤ワイン煮、春菊のあみえびポン酢。デザートにクッキー1枚(いただきもの)。

 

3月1日(金曜) 夜

 ベンチの落書き、といえばなんとなく青春の香りを連想いたしますが。

 本日のベンチです。

 唐突に、タイワンゴキブリって。

 ちなみに後からネットで調べてみましたが、タイワンゴキブリでは何もヒットしませんでした。ますます謎ですわ。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、魚卵こんにゃく、生野菜とブロッコリーのサラダ、粕汁、ひじきと大豆の煮物、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、鶏肝煮、春菊のおかかポン酢。

 

2月28日(木曜) 夜

 新しい靴をゲットしました。

 ARUKURUN(アルクラン)という国内メーカー(親会社はスポルディング)の、いささかオッサンくさい本当にどうということのない革靴です。定価1万5千円なり。

 防水加工がされているうえ、エアクッション入りでスニーカーのような履き心地。おまけに4Eの幅広で、 見た目はともかく快適さはバチグンです。

 学生時代は背伸びして革底の革靴を履いたりしていましたが、歳を重ねるにつれて、見た目よりも快適さの比重がどんどん大きくなっていきますねえ。

 ちょっとした仕事にも十分履けるので、いつもこれで過ごしてしまいそう。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ひじきと大豆の煮物、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げとしいたけの玉子とじ、粕汁、酢キャベツ、春菊と桜えびのポン酢、デザートにパルテノヨーグルト。

 

2月27日(水曜) 夜

 「一言多いために台無し」ということがあります。

 たとえばですが、知人と電車に乗っているとき座席が一つだけ空いて、譲り合いになったとして。

 Aさん:「どうぞ座ってください」
 Bさん:「いえいえ、どうぞ」
 Aさん:「いや、私は大丈夫ですから」
 Bさん:「そうおっしゃらず、どうぞお掛けください」
 Aさん:「私、足腰を鍛えるため電車では立つことにしてるんです。座っていただけませんか?」
 Bさん:「本当ですか……。そうおっしゃるならお言葉に甘えて失礼します」

 ここまでであればAさんも上手に席を譲った感じですが、さらに一言加わるとどうでしょうか?

 Aさん:「どうぞお気遣いなく。それに、座る時間が長くなると寿命が短くなるとも言われますから」

 これはまったく架空の話ですが、実際これに近いことがあったりしたなァと、我が身を振り返りつつ思います。おそろしい話です。

−−−

 夕食。

 〆鯖(既製品)、春菊と桜えびのポン酢がけ、生野菜とブロッコリーのサラダ、菜の花のからし和え、酢キャベツ、ひじき煮、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草と黒豆納豆の和え物、鶏とブロッコリーのトマトグラタン風、デザートにイチゴヨーグルト。

 

2月26日(火曜) 夜

 近所のスーパーSにて。

 陽光に照らされ黄金色に輝くごま油は、なんとなくキレイではありますが……。

  食用油は光に弱いので(酸化によって劣化する)、直射日光なんかに当たっているのを見ると心が痛んでしまいます。

 自宅の食用油は、できるだけ蛍光灯にも当たらないよう、台所の片隅の最も薄暗い場所に置いています(チョット神経質かもしれませんが)。酸化した油って、不味いわ身体には悪いわで、いいとこ無しですからねえ。

−−−

 夕食。

 ぶりの刺身、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、酢キャベツ、アボカドのわさび醤油マヨ、菜の花のからし和え、ひじき煮、ほうれん草と黒豆納豆の巣ごもり、ポテトサラダ&サラダ菜、小松菜とお揚げのお汁、鶏手羽元のトマト煮込み、春菊と桜えびのポン酢がけ。デザートにイチゴヨーグルト。

 

2月25日(月曜) 夜

 週末のようすです。

猪肉を食べるため、京都は鞍馬口の「畑かく」に行ってきました。
  
美しいぼたん鍋。猟が解禁されている11月〜3月の期間限定メニューです。
 
トレランでは猪がこわくて撃退スプレーを買ったりしてるくせに、こうやってぼたん鍋を楽しんでいる身勝手さですが。白ワイン1本&日本酒2合。
 
仲居さんが火加減を見つつ出してくださる鍋は、猪肉はもちろんどれも非常に美味でした。とくに猪肉の脂が深い甘味と旨味があって最高です。
 
ぼたん鍋の後は、飲み直しで近所の「ののまる商店」にてハイボール3杯。
 
翌日は散歩がてら、京都・上鳥羽の蕎麦屋「ミュラー」に。こちらに店が移転してから初めて伺いました。
    
ミニ八寸&ざるそば大盛り。 日本酒3合(坤滴、まつもと、月の桂・柳)。真っ昼間からうまい蕎麦と日本酒、これ以上望むことはありません(笑)。
     
梅花が満開。    

−−−

 本日の夕食。

 イワシの山椒煮、アボカドのわさび醤油マヨ、生野菜とブロッコリーのサラダ、春菊と桜えびのポン酢がけ、鶏手羽元のトマト煮込み、ポテトサラダ&サラダ菜、餅入り粕汁、小松菜とお揚げのお汁、ひじき煮、白菜の昆布漬け、鶏肝煮、菜の花のからし和え。デザートにパルテノヨーグルト。

 

2月22日(金曜) 夜

 昨年秋に参加した、あべのハルカスの階段駆け上がり大会の参加記念品(オリジナルハンカチ)。

 デザインが素敵すぎて、いまだに一度も使う機会がないままなんですが。

 最近は、手持ちぶさたでヒマなとき「変顔」にして遊ぶという、非常に地味な余暇に用いております。

 昔、千円札を折ると夏目漱石が泣き顔になるっていうのが流行ったことを思い出しました。

−−−

 夕食。

 いわしの山椒煮、ブロッコリーと生野菜とポテトサラダ、白菜の昆布漬け、粕汁、くりかぼちゃ煮、豚の角煮&小松菜、トマトのオリーブオイル&パルメザンチーズ、ほうれん草と納豆の巣ごもり、デザートにみかんヨーグルト。

 

2月21日(木曜) 夜

 ママチャリのフレームに書かれているロゴネームが、よく見るとやっぱり若干ヘンテコです。

リーダーズ英和辞典によると「Eleanor:女子名 Helen の変形」とのことで、エレナーさんという意味のようです。
   
こちらは「lib :女性などの 解放(運動)(の), リブ(の)」とのことで、可愛い女性解放運動家みたいなとこでしょうか…(謎)。
 
こちらは「agenda: 1 予定表, 計画表, 会議用の 議事日程, 会議事項; 備忘録. 2 教会 儀式, 祭典, その定式書, アジェンダ, アゲンデ; 実践すべき義務」とのことで、なにやら難しそうな自転車です。

−−−

 夕食。

 いわしの山椒煮、鶏手羽元のトマト煮込み、ブロッコリーと生野菜とポテトサラダ、オレンジヨーグルト、アボカドのわさび醤油マヨ、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、白菜の昆布漬け、菜の花のからし和え。デザートに、マルセイバターサンド(頂きもの)。

 

2月20日(水曜) 夜

 山歩きや山菜集めをしていたらイノシシに襲われた、みたいなニュースを何度か見聞きして。

 ときどき登山やトレランをしている身としては、なんとなく不安になって、万一のときのためカプサイシン・スプレーを購入しました。

 要はトウガラシを勢いよく噴射して撃退するというもので、コンパクトな手の平サイズながら、クロクマ・野犬・イノシシ・鹿・サル・悪人にまで使えるみたいです。

 まァ、使うようなことはまず無いと思いますし、使うような場面に遭遇しないことを祈るばかりですが、それはさておき我ながらイヤな感じの小心者です。

 家に暴漢が侵入してきたときにも使えるかも……と一瞬思ったんですが、よく考えたら、狭いアパートの中でこんなもん噴射したら部屋一面が地獄絵になって、自爆かよくて共倒れですね。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、くりかぼちゃ煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、豚の角煮、菊菜のおかかポン酢、ポテトサラダ&酢キャベツ&サラダ菜、オレンジヨーグルト、アボカドのわさび醤油マヨ、菜の花のからし和え。

 

2月19日(火曜) 夜

 週末のようすです。

MOVIX京都にて『女王陛下のお気に入り』を観てきました。人間性悪説がバツグンに感じられる名作です。いやー、人間ってグロテスクでいいですね。おもしろかった!
  
映画を観たあとは爽快な気分で、「ひさご寿司」にてお寿司&日本酒(桃の滴300ml、玉乃光300ml)。
 
翌朝、超手抜きの朝昼兼用ご飯。レンジ飯、納豆、レンジ温泉卵、酢キャベツ、さんま缶。洗い物もゼロ。
 
MoMAショップを冷やかしました。綿毛タンポポがガラスの中に封じ込められていて、いったいどうやって作られたのか謎です。
 
「ロカヴォ」にてハンバーグプレート。赤ワイン1本。
     
木屋の新しい庖丁を買いました。ハイス鋼挟み込みで、切れ味も刃持ちも相当いいです。
    
雨の中、明治天皇陵を散歩。    

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、鶏手羽元とズッキーニのトマト煮込み、生野菜とブロッコリーのサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ、小松菜とお揚げのお汁、菊菜のおかかポン酢、くりかぼちゃ煮、ポテトサラダ、酢キャベツ、菜の花のからし和え、ほうれん草のごま和え。デザートにみかんヨーグルト。

 

2月15日(金曜) 夜

 本日のお寺(の広告)。

 お寺によってアピールポイントはそれぞれだと思いますが、ここはチーク材がウリのようです。

−−−

 夕食。

 刺身盛り合わせ、粕汁、ポテトサラダ&サラダ菜、しろ菜とカイワレの玉子とじ、ほうれん草のおかかポン酢、アボカドのわさび醤油マヨ海苔、ブロッコリーとトマトのサラダ、パルテノヨーグルト、きんかんたまたま、酢キャベツ、切り干し大根の梅煮、豚の角煮。

 

2月14日(木曜) 夜

 少し前にテレビ番組で紹介されていたんですが。

 中国で現在、監視カメラの顔認証を援用して、個々人の社会的な信用度をスコア化するシステム(「芝麻信用」など)が運用され始めているとのこと。

 で、たとえば街中で自転車を路上駐車している姿を監視カメラに拾わたりすると、自分の信用スコアが下落してさまざまな不利益を被るので、多くの人々が「社会的に望ましい行動」を取るようになっているんだとかで。まるでアニメ『サイコパス』 のシビュラ・システムみたいな世界です。

 で、国民の最大幸福のためにはこういうシステムの導入にもメリットがあるように思う反面、あまり行き過ぎると危険な感じだなあという話を知人としていたところ、いわく「とくに中国とかって、そのくらいしないとマナーが守られないんとちがう?」。

 言われてみると確かに、もう20年くらい前のことですが、中国に旅行したとき電車の中で、乗客の皆が食べ散らかしたゴミを床に平気で捨てたり、車内でツバを吐いたりしていたのを思い出します。

 さらに知人いわく、(これもずいぶん前のことらしいですが)中国の夜道に無数のキラキラが輝いていて、キレイだなァと思って近づいてみたら無数の「痰」だったという、笑うに笑えない話もあったんだそうで。

 日本には信用スコアのシステムが導入されないで済むことを願うばかりです。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、豚の角煮、ブロッコリーとトマトのサラダ、ポテトサラダ&サラダ菜、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、酢キャベツ、きんかんたまたま、大根皮のポン酢漬け、しろ菜の辛子酢味噌、切り干し大根の梅煮、鶏肉と大豆のトマト煮込&ブロッコリー。

 

2月13日(水曜) 夜

 まんまと敵の術中にはまってるようにも思いますが、気になって買ってしまいました。

 きんかんたまたま。

 ただのきんかんですが、かつての北朝鮮キム・オクさんを連想してしまうのは小生だけでしょうか……。

−−−

 夕食。

 イワシの一夜干し、粕汁、ブロッコリーと生野菜のサラダ、小松菜とお揚げのお汁、大根皮のポン酢漬け&いぶりがっこ、ほうれん草のごま和え、春キャベツのハニーマスタード、きんかんたまたま、ポテトサラダ、切り干し大根の梅煮、しろ菜の辛子酢味噌、鶏肉と大豆のトマト煮込&ブロッコリー。

 

2月12日(火曜) 夜

 本日のガムです。

 たしかにガムをほかすのはよくないですが、DNAでわかりますか……。

 ガム対策のため、ご自身のクルマの出し入れも全面的に犠牲にしてらっしゃるようで、いろいろ大変そうです。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、菊菜のおかかポン酢和え、ブロッコリーとトマトのサラダ、大根皮のポン酢漬け&いぶりがっこ、ほうれん草のごま和え、鶏肉と大豆のトマト煮込み、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ、切り干し大根の梅煮、春キャベツのハニーマスタード、豚の角煮。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

2月11日(月曜) 夜

 週末のようすです。

今年も美人妻Iさんのつてで、伊勢志摩の的矢カキを産地直送で送ってもらいました。獲れた翌日のホヤッホヤ(冷えっ冷え)です!!
 
殻付き牡蠣は強火フライパンで焼き牡蠣に。部屋の中に牡蠣のにおいが充満しますが気にしません(笑)。
 
ぷりっぷりの焼き牡蠣を20個くらいで、日本酒&白ワイン1本。いやー、たまらしまへんですわ。
 
翌日は二日酔いの頭をかかえつつ、近所の韓国料理「紗蘭」にて迎え酒。
 
日本では珍しい緑豆チヂミ、350円。外はカリカリ、中はふわふわの触感が非常に旨いです。ビール1本。
    
参鶏湯(ハーフ)、1280円も滋味たっぷりで最高! クコ、松の実、ナツメ、栗などフルセットで入っていて、スープもしみじみ旨いです。ビール1本。
 
店内のティッシュカバーも韓国っぽいです(笑)。
 
伏見は「神聖」の蔵開きに行ってきました。試飲と称して、昼間っからハシゴ酒で上機嫌です。
   
帰宅して昨日送ってもらった牡蠣でカキフライ。缶チューハイ4〜5本。
  
さらに翌日はさすがにお酒はやめてココイチにて牛すじカレー(関西限定?)。ここのカレーは「1辛」が最もちょうどいいという、激辛好きからは馬鹿にされそうな軟弱派ですが。

−−−

 本日の夕食。

 ブロッコリとトマトのサラダ、塩サバ焼き、粕汁、鶏肉と大豆のトマト煮込み、ポテトサラダ、菊菜のおかかポン酢、ほうれん草のごま和え、小松菜とお揚げのお汁、切り干し大根の梅煮、大根皮のポン酢漬け&いぶりがっこ、春キャベツのハニーマスタード。デザートにブルーベリーヨーグルト。

 

2月8日(金曜) 夜

 本日のスーパー。

  「鶏がらスープの素」のセールコーナーにて、「私はこれを入れると何でも美味しいと思ってます」と。

 なるほど、確かに何でも美味しくなるでしょうねえ。チョコレートパフェとか、レモンティーとか、ホットケーキとか、りんごとか。

 …などと、いまだに小学生みたいな幼稚なツッコミを入れてしまう昨今です。あ、でもホットケーキは、おかずクレープみたいにしたら意外と合うかも。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、鶏大根煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、小松菜のごま和え、ひじきとキノコの煮物、けんちん汁、鶏肝煮、ポテトサラダ&サラダ菜、大根皮のポン酢漬け、白菜の昆布漬け、ニラと納豆のパルメザンチーズがけ。デザートにポンカンひとつ。

 

2月7日(木曜) 夜

 フルマラソン参加から4日経って、ようやく足の痛みがおさまって、普段通りすごせるようになりました。

 とはいえ、若干の痛みをおして走ったせいか、あるいはもともとのフォームが悪いのか、足の爪下の内出血がまだ多少痛みます。

 フルマラソンのタイムは市民ランナーの場合、一般的にサブフォー(4時間切り)を果たすと中級者の仲間入りとされ、「ふーん、そこそこ走るんやね」という反応を得られます。そして、サブスリー(3時間切り)を果たすとが上級者の仲間入りとされ、「おー、やるね!」という反応を得られます。

 今回の結果は、サブ3.5(3時間半切り)といういささか歯切れの悪い中途半端なタイムでして、得られる反応も「ふーん」と「おー」の間の微妙な感じで、こういうのが自分にピッタリだなあと非常にしっくりきています。そして今のところ、タイム向上を狙うのはこの辺までにしようかとも思ってます。

 ここまでは趣味半分でこれましたが、今の自分の実力ではサブ3は全く無理ですし、これ以上のタイム向上を狙うとなると、生活全般をランニング中心にしなくてはならない印象で。本来はそれ自体が「目的」であるはずの生活が、サブ3達成のための「手段」になってしまうのは、自分としてはなんか違うななァと。やっぱり、走り自体を楽しむファンランが一番です。

 …とかなんとか理由をつけて、たいていのことに中途半端で自己満足するポンコツさ(笑)。こんな奴はなにをやっても大成しません。

−−−

 夕食。

 

 サバの灰干し、鶏大根煮、ちぢみほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏肝煮、小松菜とお揚げのお汁、ひじきとキノコの煮物、ポテトサラダ&サラダ菜、白菜の昆布漬け、大根皮のポン酢漬け、ニラと納豆の巣ごもり。。デザートにパルテノヨーグルト。

 

2月6日(水曜) 夜

 本日のキティちゃん?

 ヒョウ柄に赤ら顔、こういうのもご当地キティちゃんなんでしょうか。よく知らないんですが、一瞬ゾワッとしました。

−−−

 夕食。

 

 サバの灰干し、ちぢみほうれん草のごま和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏肉と大豆のトマト煮込み、大根皮のポン酢漬け、ひじきとキノコの煮物、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&サラダ菜、白菜の昆布漬け、鶏肝煮、春菊のポン酢刻み海苔。デザートにオレンジヨーグルト。

 

2月5日(火曜) 夜

 週末は京都木津川マラソンに参加してきました。

マラソン当日の朝食。42.195kmを走るので、糖質を中心にしっかり食べます。
 
会場の受付に向かいます。山城大橋のたもとにある運動公園がスタート&フィニッシュ地点。
 
今回は職場のトレラン仲間のF氏と一緒に参加しました。左側が当方、右側がF氏。
 
今回は測定用のチップが、従来の回収型ICチップではなく、このような非回収型タグになってました。
 
スタート時から若干の足の痛みはありながらも、なんとか無事にゴールできました。
   
結果は、グロスタイム(号砲が鳴ってからゴールまでの時間)が3時間28分17秒、ネットタイム(実際の測定チップによるスタートからゴールまでの時間)が3時間27分51秒でした。大した結果ではありませんが、今回の目標であったサブ3.5(3時間半切り)を達成できたので自分なりには満足です。
 
今回のマラソン大会の景品(参加賞)。保温タイプのバッグなので、お花見などに使うことにします。
 
走り終わって帰宅した後は外出する気力体力ともになく、買ってきたチヂミとパッタイで、セルフ打ち上げで白ワイン1本&赤ワイン1本。
  
翌日の夕食はロカヴォにてハンバーグ&牡蠣フライのプレートで赤ワイン1本。

−−−

 本日の夕食。

 小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ、ひじきとキノコの煮物、ちぢみほうれん草のごま和え、鶏大根煮、ポテトサラダ&酢キャベツ&サラダ菜、バナナヨーグルト、白菜の昆布漬け、菊菜のおかかポン酢、塩サバ焼き。

 

2月1日(金曜) 夜

 本日はキリン「本搾り」のレモン味、グレープフルーツ味ともに、近所のスーパーSにて98円で売っていました。

 賭けに勝利した美酒となりそうです。我ながら山あり谷ありの波乱万丈人生だなァと思うばかり。

 意気込んで6本まとめ買いしましたが、これ以上は重くて手が痛いので6本が限界です。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、白菜の昆布漬け、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏大根煮、焼肉、バナナとはちみつのヨーグルト、酢キャベツ、ポテトサラダ&サラダ菜、ほうれん草とお揚げの玉子とじ。

 

1月31日(木曜) 夜

 キリン「本搾り」のレモン味とグレープフルーツ味が好きで、毎日どちらも飲んでいます。香料や糖類など余分なものが入っていなくて、甘すぎずスッキリした風味が飲み飽きません。

 で、いままでは1本108円で売っている近所のスーパーMで購入していたのですが、最近1本98円で販売し始めたスーパーS(これも近所)で購入しています。

 ただ、安いだけあってみんな同じことを考えるようで、スーパーSでは「本搾り」がよく売り切れになるのです。それも、レモン味とグレープフルーツ味が売り切れて、オレンジ味が売れ残るという。

 10円安いスーパーSに在庫がある可能性に賭けて、スーパーMをスルーするとき、ちょっと自分がギャンブラーになったような、一回りビッグな人間になったような感覚になる昨今です(10円のために店を選ぶ奴のどこがビッグだという話ではありますが)。

 ただ、賭けに負けたときのガックシ感もまた大きいです。今日は好きでもないオレンジ味か……。

 

1月30日(水曜) 夜

 そういえば高校生の頃、食べたケンタッキー・フライド・チキンがあまりに美味しくて、どうやったらこんなの作れるんだろう? 家で作れるものなら作ってみたい! という興味から、ケンタッキーの厨房でバイトしたことがあります。

 ちなみにケンタッキーフライドチキンは、秘密の粉もそうですが、そもそも高圧の大きな密封型フライヤーで揚げるので家ではとてもつくれないことが即刻分かって、早々からちょっとションボリしたことを思い出します。

 …ただいま、フルマラソン4日前ですがまだ右股関節の後ろが痛くて少々ションボリしているので、ションボリしたことをよく思い出します(笑)。 筋力を維持するため少しでも走ったほうがいいのか、それとも悪化するので走らないほうがいいのかよく分からず、結局この10日間ほとんど走ってません。

−−−

 夕食。

 ハマチの刺身、ほうれん草とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、アボカドのわさび醤油マヨ、小松菜と納豆の巣ごもり、ポテトサラダ&サラダ菜、オレンジヨーグルト、鶏のトマト煮込み、酢キャベツ、豚しゃぶ&畑菜の辛子酢味噌、かぶら昆布漬け&ゆず皮。

 

1月29日(火曜) 夜

 周りにインフルエンザの人が増えていること、今週末にマラソンを控えていることから、気休めながらマスクを買いました。

 もちろんサイズは「大きめ」です。実はマスク買ったことがないのでよく分からないんですが、帽子はLサイズでないとキツいので、おそらくこれで丁度いいでしょう。

 でも、買ってはみたもののメンドウで、まだ一度も付けてません。もし自分がインフルに罹ったら、まわりにまき散らさないため付けることにしたいと思います(…と、さりげなく善い人アピール。笑)。

 フルマラソンを走ると大幅に免疫力が下がってインフルにも罹りやすくなると聞くので、マラソンの前後にはマスク着用することにします。

−−−

 夕食。

 サバの灰干し&いわしの一夜干し、小松菜とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、畑菜&炙り豚しゃぶのからし酢味噌、ほうれん草と納豆の巣ごもり、いちご、かぶら昆布漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、鶏トマト煮込み、アボカドのわさびマヨきざみ海苔。

 

1月28日(月曜) 夜

 週末は職場で当方が主宰している料理サークルの調理実習、京都料理学校にて。

今回のテーマは「中級へのステップアップ」。そのひとつとして庖丁の使いかたを学び、桂剥きの初歩を体験しました。
 
今回得られた知識は、
◆魚の皮を引くとき、庖丁を関東では手前側に、関西では向こう側に動かす。なので関東の板前は自分の身体に庖丁があたっても大丈夫なよう剣道の胴着みたいなのを付ける。
◆出汁巻き卵を作るときも、関東では奥から手前に巻き、関西では手前から奥に巻く。
◆天ぷら粉に卵黄を加えるとリッチな風味になるが、天ぷら油がすごく汚れて再利用しにくくなる。
◆鶏大根煮を作るときは鶏に小麦粉を叩き付けてから入れると美味しくなる。
◆大根やかぶらは買ってきたらすぐに葉を切り落とすべし。
 
…というわけで、みんなで作って試食タイム。ワインもいただいてます。
 
白御飯、大根サラダ(縦切り)、大根サラダ(横切り)&サーモンマリネ、鶏大根煮、かぶら蒸し、アジの天ぷら。

−−−

 夕食。

 サバの灰干し&いわしの一夜干し、生野菜とブロッコリーのサラダ、鶏のトマト煮込み、ひじきと大豆の玉子とじ、ほうれん草のごま和え、いちご、かぶら昆布漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、小松菜とお揚げのお汁、畑菜&豚しゃぶのからし酢味噌、アボカドのわさびマヨきざみ海苔。

 

1月25日(金曜) 夜

 まわりがインフルエンザA型で次々と倒れています。

 今週から来週にかけて休めない仕事やイベント、その後にはマラソン出場も控えていて、いまインフルにかかると立て続けにいろんなことがダメになるので感染しないよう気をつけてはいるんですが、気をつけるといっても限度があって、自分もそろそろダメなんじゃないかと戦々恐々の毎日です。

 こんな風に身構えていると身体感覚にも過敏になって、「ん、もしかして……寒気!?」「あ、もしかして関節痛??」という具合に、一日に10回くらいは「想像インフル」症候群になっているんですが、まァ、もしなったらなったで仕方ないと思うことにします。死ぬわけでも世の中終わるわけでもないですし。

 今までインフルと診断された経験が一度もないので、どういう感覚がインフルっぽいのか実は知らないながら(笑)。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、鶏肉のトマト煮込み、生野菜とブロッコリーとほうれん草のサラダ、小松菜とお揚げの玉子汁、柿、自家製かぶら昆布漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、赤こんにゃく煮、ひじきと大豆の煮物、豚バラとセロリとしいたけの炒めもの。

 

1月24日(木曜) 夜

 本日の焼酎。

 誠に頼もしい名称なのはいいとして(昼間にコレ持って公園で座っていたら99%アル中だと思われそうですが。笑)、「糖質・プリン体ゼロ」って焼酎なら当たり前でしょう。近年の糖質制限ブームのあおりで、こういう表記がえらく増えてきている気がします。

 ノンアルコール・酎ハイというのも見かけたことがありますが、どうにも美味しくなさそうなのと、こんなの飲んだらますます本物の酎ハイが飲みたくなりそうなのとで、どうも買う気になれません。

−−−

 夕食。

 豚バラとセロリとしいたけの炒めもの、塩サバ焼き、生野菜とブロッコリーのサラダ、ひじきと大豆の煮物、りんご、ポテトサラダ&サラダ菜、小松菜とお揚げのお汁、自家製かぶら昆布漬け、鶏肉のトマト煮込み、赤こんにゃく煮、ほうれん草のごま和え。

 

1月23日(水曜) 夜

 来月に出る予定のマラソン大会から案内等が届きました。

 ゼッケンには「計測用モノタグ」というのが入っていて、これを両足のシューズに巻き付けるようです。去年は渡されたチップを装着して走り終わったら返却する方式だったんですが、今年は返却しなくていい使い捨て方式になったようです。返却せず記念に持って帰ってしまう人があったのかもしれません。

 ちなみに少し前から、右足股関節の後ろあたりの鈍痛がまだ続いているんですが、走りすぎが良くないのはもちろん、じっとしすぎも良くないようなので、ストレッチを兼ねた我流の「キョンシージャンプ」体操を自宅でぴょぴょんと行っています。そして、この姿だけは誰にも見られたくないです(笑)。

−−−

 夕食。

 ぶりの照り焼き、鶏肉のカレー煮込み、生野菜とブロッコリーのサラダ、小松菜とお揚げのお汁、ほうれん草と納豆の巣ごもり、赤こんにゃく煮、りんご、ポテトサラダ&サラダ菜、自家製かぶら昆布漬け。デザートにあんぽ柿。

 

1月22日(火曜) 夜

 煮物をするときは、本物の落し蓋を使うのが面倒なので、アルミホイルで代用すること大半です。

 煮魚などはこれで問題なく調理できるうえ(真ん中に直径1センチくらいの穴をあけるのがコツです)、火加減を整えるとアルミホイルがちょうど宙に浮き続けるような按配になって、これを眺めて楽しむのがちょっとした愉しみとなっています(笑)。

−−−

 夕食。

 サバの灰干し、鶏肉のカレー風煮込み、生野菜とブロッコリーのサラダ、ひじきと大豆の煮物、切り干し大根とにんじんの玉子とじ、ほうれん草のごま和え、赤こんにゃく煮、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、菊菜のポン酢おかか和え。デザートにパルテノヨーグルト・ストロベリー味。

 

1月21日(月曜) 夜

 週末のようすです。

職場の新年会があったんですが、お会計のあとトイレに行ったりしていて自分が最後に店を出ようとしたとき、店員から「グループの方のお忘れ物です」とスマホを手渡されてしまいまして。
 あわてて店を出るも参加者はすでに解散していて誰もおらずで、仕方なく家に持ち帰ったの図です。スタート画面から持ち主は同僚M氏だと分かったものの、本人に連絡の取りようがなく(メールしてみたものの眼前のこのスマホに届いてしまい。笑)、難儀しました。
 けっきょくM氏と仲のいい別の同僚に連絡して、スマホを受け渡しし、M氏の自宅に届けてもらいました。
 
夕食はいただきものの美味しい食パンに、クリームチーズやいぶりがっこを載せて、赤ワイン1本。
 
食材の買い出しのため自転車に乗っていたら、空から帽子にポトンとなにか降ってきて、見てみたら鳥のフンでした。一瞬テンション下がりましたが、運が付いたということで非常なハッピーデイだと言い聞かせております。
 帽子はすぐクリーニングに出しました。

−−−

 夕食。

 赤カレイの煮付け、生野菜とブロッコリーのサラダ、切り干し大根煮、小松菜とお揚げのお汁、納豆とほうれん草の巣ごもり、菊菜のごまポン酢和え、柿、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、赤こんにゃく煮、豚バラとセロリとしいたけのナンプラー炒め。

 

1月18日(金曜) 夜

 本日の株式会社。

 ずいぶんとダイレクトな御社名ですが、この店構えを見るとたしかにコストダウンが感じられます(笑)。

 Google社なんかもこの会社にお願いすれば、オフィスがこんな感じになってコストダウンを図れるんではないかと思います。

−−−

 夕食。

  サバの灰干し、ほうれん草のごま和え、切り干し大根煮、ポテトサラダ&サラダ菜、ニラと納豆の和え物、小松菜とお揚げのお汁、酢キャベツ、鶏トマトスープ、生野菜とブロッコリーのサラダ、デザートにパルテノ・ヨーグルト。

 

1月17日(木曜) 夜

 本日のスーツケース。

  「DAKE JA NAI」……だけじゃない!? テイジン??

 と思って二度見したら、ほんとにTEIJINだったので二度驚きました。帝人の社員さんでしょうかねえ。

−−−

 夕食。

 

 イワシの一夜干し&さんまの灰干し、小松菜とお揚げのお汁、生野菜とブロッコリーのサラダ、黒豆納豆とニラの巣ごもり、ほうれん草のごまペースト和え、りんご、ポテトサラダ&サラダ菜、酢キャベツ、切り干し大根煮。

 

1月16日(水曜) 夜

 来月初旬に1年ぶり2回目のフルマラソンを走る予定で、日頃からジョギングしているんですが。

 年末年始に34km走と20kmトレランを続けて行ったうえ、その後も地味に5km、10kmと走った疲労がたたってか、股関節の後ろあたりに鈍痛が出てきて少々焦っております。歩いている分にはまァ大丈夫なんですが、走ると痛みが出るという。

 本当は一週間くらいジョギングを休んだほうがいいような気もするんですが、「一週間走らない」というのは結構勇気のいることなんですよねえ(これ、マラソンを目指している人あるあるだと思ってるんですが…。そうでなければ当方がちょっと強迫的なのかもしれません)。

 勇気が無いのでつい5kmくらい走ってしまって、また痛くなるというのをここしばらく繰り返しています。さらに悪化したらマラソン完走すら危ういので、無理だけはしないよう気をつけてはいますが、とりあえず今週末は勇気を振りしぼって、清水の舞台から飛び降りるつもりでゴロゴロ過ごそうかと思います(笑)。

−−−

 夕食。

 

 塩サバ焼き、酢キャベツ、生野菜とブロッコリーのサラダ、ほうれん草のごま和え、ターツァイと豚ウデ肉のナンプラー炒め、ニラと黒豆納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、ポテトサラダ&サラダ菜、切り干し大根。

 

1月15日(火曜) 夜

 ちょっといいお菓子を作っている「粟玄」(あわげん)というお店があるんですが。

 いただきものの「和洋」というお菓子の包装紙(写真下側)を見てみたところ……

 製造者名が「栗玄」(くりげん)になってました。

 印刷業者が間違って作って、お店の人もずっと気づかないままになっているんでしょうねえ。

−−−

 夕食。

 塩サバ焼き、ほうれん草のごまペースト和え、生野菜とブロッコリーのサラダ、ターツァイと豚ウデ肉のナンプラー炒め、ニラと納豆の巣ごもり、小松菜とお揚げのお汁、かぶらの昆布漬け、ポテトサラダ&サラダ菜、鶏カレー風味、切り干し大根。デザートにキウイヨーグルト。

 

1月14日(月曜) 夜

 週末のようすです。

京都・伏見のフレンチ「アンペイジ」、ちょうど1年ぶりに。
 
コース料理なので次々にいろいろ出てきて嬉しいです。これはアコウと人参に旨いソースをかけたもの。
 
これは牛肉のウチヒラという部位を焼いたもの&トリュフ。赤みの旨みがギュゥ! と濃縮されてます(笑)。あまりに旨くて、白ワイン1本&赤ワイン1本の計2本空けてしまいました。
 
アンペイジで飲んだワインが良質だったからか、意外と二日酔いは軽く、ウォーキングがてら家から歩いて高島屋京都店に。途中で「サブウェイ」に立ち寄って昼食、初めて入りましたがバインミーみたいで美味しいサンドですね。
 
高島屋でとても気に入った手袋をほぼ半額でゲットできました。バーゲン大好き。
  
夜は中書島「うさぎのだいどころ」にて、天ぷらその他で日本酒、ビール、焼酎。二軒目のバーで安ワイン飲んで撃沈しました。
 
安ワイン飲んだせいか翌日は二日酔いがひどく、ほとんど家でゴロゴロ。夕方に近所の河川敷を6kmだけジョギング。

 

1月11日(金曜) 夜

 いかにも日本人的だなァと我ながら思う「自分あるある」をひとつ。

 たとえば職場の同僚2人が、「先方への返信に添えるお礼の言葉を、本文の冒頭に書くか末尾に書くか」といった、傍から見ると些細なことで対立しているとします。こういうとき、ぼくなどは内心「どっちでもいいのに……」と思いながらも、どちらかの肩を持って一方の恨みを買うのもぞっとしないので、次のような物言いをすることが多々あります。

 「じゃあ、お礼の言葉を本文の冒頭と末尾の両方に書きましょうよ! より丁寧な印象になりますし、これでお互い円満解決ってことで、一石二鳥じゃないですか!!」

 自分ではうまくやったつもりなのですが、たいていは最悪な事態へと展開していきます。

 「あのねえ、両方に書くなんて言語道断です!!」
 「名倉さん、いったいどういうつもりなんですか!?」

 お互い円満解決どころか、両者から総スカンを食らって終了と(笑)。

 どうしてこうなるんだろうと考えてみると、もちろん当人たちの「こだわり」もあるでしょうけれど、おそらくぼくの「本当はどっちでもいいと思っているくせに、2人の衝突という眼前のメンドウをとりあえず無くそうとして、円満解決なんていう耳障りのいい言葉を持ち出しすおためごかし加減」が透けて見えて、それが両者を立腹させるんでありましょう。

 三谷幸喜監督『みんなの家』の主人公が、新築マイホームの玄関扉をどうするかをめぐっての周囲の意見対立に窮したあげく提案する、「内側にも外側にも開く玄関扉」を都度思い出します。

−−−

 夕食。

 真鯛の塩焼き、キノコとほうれん草のソテー、生野菜とブロッコリー&ポテトサラダ、ひじきと大豆の煮物鶏スープ&かいわれ大根、かぶらの昆布漬け、柿、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、酢キャベツ。

 

1月10日(木曜) 夜

 勿体ながりなもので、野菜くずの類は冷凍庫にポイポイ放り込んでストックしています。

 キャベツの芯やトマトのヘタ、ブロッコリーの茎の皮、玉ねぎの上部、白ネギの葉部分、シイタケの茎などなど……。これらを煮出せば野菜の良いスープがタダ同然で取れるので重宝しているのですが、ここしばらくストックする一方で使っていなかったので溜まりすぎて、冷凍庫が圧迫されてきまして。

 久しぶりに冷凍ストック野菜くずをやっつけることにしました。

気がつけばこんな量に(生ゴミではありません。笑)。
 
鍋に入るだけ放り込んで水を張って数時間トロ火で煮ます。
 
煮込んだら野菜を取り出して、さらに鶏肉を入れて1〜2時間煮込めば鶏スープのできあがり。

−−−

 夕食。

 イワシの一夜干し&塩サバ焼き、鶏スープ&かいわれ大根、生野菜とブロッコリー&ポテトサラダ、かぶらの昆布漬け、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、柿、ひじきと大豆の煮物、キノコとほうれん草のソテー。

 

1月9日(水曜) 夜

 以前からちょっと気になっているのが、新品コートの袖に仮縫いされているブランドタグをそのまま付けて着ている人です。

 …と言っても分かりにくいと思うので、店頭で写真を撮ってきました(笑)↓。こういうやつです。

 個人的にはコレ、ハサミ等で糸を切ってタグを取ってから着るものだと思っているんですが、世の中にはそのまま着ている人も結構多くて、自信が無くなってきます。

 まァ、ブランド名が大きく書かれたタグをあからさまに見せること自体、レティセンスに欠ける気恥ずかしさがあるように思うので、いずれにしても自分は取ってから着ると思いますが……。

 と言いつつ、マフラーに付いてるタグは取るのが勿体なくてそのまま付けてますが(笑)。それでも一応、タグが見えないよう裏側にして巻くようにしています。

 そういえば一昔前、バーバリーとかのマフラーのタグが前面に位置するように巻いてる女子高生をたくさん見かけたのを思い出しますねえ。

−−−

 夕食。

 棒鱈と里芋の煮物、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、ほうれん草のごまペースト和え、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、ラ・フランス(いただき物)、鶏肝煮、ひじきと大豆の煮物、豚スペアリブの角煮,、〆鯖(店屋物)。

 

1月8日(火曜) 夜

 電動の角質削り機を購入しまして。パナソニックES2502P、アマゾンで定価 6,800円が76%引きで1,648円!

 さっそく足裏の角質(魚の目を削った後)に使用しているんですが、いやー、これは素晴らしいです。

 今までネイルクリッパーでチマチマケずていたのがウソみたいに、電動でどんどん削れていきますし、微妙な調整もしやすいので削りすぎにもなりにくい。これさえあれば日々メンテナンスすることで、ずっと魚の目しらずで暮らせそうです。

 自分が困っていることって、たいていは世の中で他にも困っている人がいて、そこには需要と供給が存在しているのだということを改めて感じました。

−−−

 夕食。

 鮭ハラスとキノコのバターホイル焼き、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、もずく酢、酢キャベツ、小松菜とお揚げのお汁、ラ・フランス(いただき物)、鶏肝煮、納豆とほうれん草の巣籠もり、豚スペアリブの角煮。

 

1月7日(月曜) 夜

 新たに契約した「さくらインターネット」のサーバにアップしたファイル情報が、このドメイン(otearai.net)にも反映するようになりました。

 あとは、このドメイン(otearai.net)の管理先を、管理費の高いYahoo!から(今まではYahoo!ジオシティーズの有料プランを使っていたので付随してドメインを無料で利用できたのですが、それがなくなってしまうと年間3000円少々がかかってしまうのです)、比較的安いさくらインターネット (年間1800円少々)に移管する作業が承認・終了されたら全てOKです。

−−−

 週末は職場の自転車仲間と、比叡山までトレランしてきました。

標高が上昇するにしたがって、次第に雪がチラついてきます。昨年秋の台風の影響で倒れた木にも雪化粧が。
左から当方、N氏、I氏、F氏。
 
頂上に近づくと、とうとう雪道になりました。足元が凍っているので、おっかなびっくりで走ります。
 
頂上の大比叡(標高848メートル)。一面、雪景色です。
 
平成の時代が終わっても、こういう落書きは残るんでしょう(笑)。ま、雪に書いた字はそのうち消えるので、まだいいと思いますが。
    
とくにどうということのない小洒落た沖縄料理カフェにて打ち上げ。昼間から飲める店となると選択肢が狭まりますねえ。
    
夕食は近所の「ロカヴォ」にてハンバーグ&牡蠣フライのプレートで赤ワイン1本。  

−−−

 本日の夕食。

 納豆とほうれん草の巣籠もり、豚スペアリブの角煮、酢キャベツ、オレンジヨーグルト、ひじきと大豆の煮物、小松菜とお揚げのお汁、鶏肝煮、生野菜とブロッコリーのサラダ&ポテトサラダ、棒鱈と小芋の煮物。

 

1月5日(土曜) 夜

 昨日から仕事始めでした。

 年明けのようすをいくつか。

初売りバーゲンに行くため、自宅から歩いて四条河原町に。 途中で朝食、久しぶりに吉野家に入ったら、牛丼以外のメニューが豊富にあって軽くビックリしました。 
 
今年のバーゲンで買った品々。シャツ1枚と、メーカー品(笑)のあったか靴下を5足。
 
「ひさご寿司」にて昼食&日本酒1合。ここに入るの初めてでしたが、上品でとても美味しいお寿司で満足。
 
夕食に大手筋商店街の「餃子/酒場 いっちゃん」。餃子、ひな鶏の素揚げ、〆鯖その他で、瓶ビール、ハイボール、麦焼酎。可もなく不可もなしの店ながら、ひな鳥の素揚げが旨かったです。   

 ちなみに当方、ビールを飲むときは断然「瓶ビール派」なのですが、世間は「生ビール派」のほうが多いようで、なんで瓶ビールなの? としばしば訝られます。

 最大の理由は、「生ビールはジョッキが重くて腕が疲れる」からなのですが(とにかく腕力がないもので。笑)、これだけだと冗談だと思われて信じてもらえないことがあります。

 そういうときは、

 ・生ビールも瓶ビールも味は同じ
 ・価格と内容量を計算すると瓶ビールのほうがお得
 ・生ビールのサーバは店によって管理態勢がまちまちだが、瓶ビールはどの店でも開けたてで衛生的

 …という理由をまくしたてるように付け加えると、信じてはもらえますが、ちょっと引かれます。

−−−

 さて、以前にお伝えしていたように、今年度末でジオシティーズのサービス提供が終了するので、そろそろ新しいサーバへの移行作業に入ろうと思います。

 先ほど「さくらインターネット」に新規契約してファイルは移しました(こちらにいちおうミラーリング済みです)。これからドメイン移行に入りますが、しばらく動作が不安定になったり、閲覧できなくなったりする可能性もありますのでご了承ください。

 …なんてことをこのページに書いても意味ないんですが(笑)。 遠足などで先生が「みんな揃ってるか〜? 来てないヤツは手を挙げろー!」って訊くみたいな。

 

1月3日(木曜) 夜

 明けましておめでとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末年始のようすです。

大晦日は2月のフルマラソンに備えて34km走りました。いやー、30km過ぎてからがとくにキツかったです。 
 
30km以上走って疲れたので、本日はチートデイ(解禁日)として宅配ピザ。たまにこういうジャンクなものを食べるとめちゃくちゃ美味しいですね。
 
元日は明治天皇陵にお参り。
 
ついでに乃木神社にも立ち寄ってきました。旧軍部のにおいがそこかしこに。
   
元日からやっていた中華料理「くれたけ」にて、酒粕担々麺その他。
 
例年通り元日の夕刻から実家に帰って、両親とおせち料理&日本酒。今年は「月の桂」の「物集女」という銘柄の生酒、芳醇ながらスッキリしていてとても旨いお酒です。
 
実家のトイレットペーパー。業者並みのストック量(笑)。

−−−

 本日の夕食。手抜き&気抜けご飯です。

 ほうれん草と黒豆納豆の巣ごもり、バナナとオレンジのヨーグルト、棒鱈(実家からの持ち帰り)、豚汁、サバ缶&ブロッコリー&トマト、豚スペアリブの角煮。

 


Counter

2018年4月〜2018年12月のプチ日記

Otearai Webの表紙へ